氷雨 (佳山明生の曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

氷雨」(ひさめ)は、演歌歌手佳山明生1977年のデビュー曲。1982年日野美歌らとの競作で発売され、翌1983年には佳山・日野の2人共に大ヒット曲となった。

概要[編集]

作詞・作曲はとまりれんによる。

1977年12月にデビュー・シングルが発売された後、1981年12月に再発売、1982年7月に再々発売された。再々発売盤は翌1983年に80万枚近いセールスを記録し、佳山にとっては唯一のヒット曲である。

また、1982年10月には箱崎晋一郎、12月には日野美歌によるカバー・シングルも発売され、競作となった。佳山盤(再々発売盤)・箱崎盤・日野盤を累計した売上は約150万枚に達した[1]

1983年2月3日放送のTBSテレビザ・ベストテン』の「今週のスポットライト」のコーナーには、佳山と日野の2人が出演し、1番を佳山、2番を日野が歌唱した。また、28日放送のフジテレビ夜のヒットスタジオ』でも、佳山・日野の2人がデュエットで披露している。

2012年10月7日放送のテレビ東京日曜ビッグバラエティ カラオケ★バトル10』で、日野が本家の佳山に挑戦する形での勝負があり、カラオケマシンの採点は、先攻の日野が89.334点、後攻の佳山が93.148点で、佳山が勝利した。

佳山明生のシングル[編集]

氷雨
佳山明生シングル
リリース
ジャンル 演歌ムード歌謡
時間
レーベル 日本コロムビア
作詞・作曲 とまりれん
ゴールドディスク
チャート最高順位
佳山明生 シングル 年表
氷雨
(1982年)
男の水割り
1983年
テンプレートを表示

デビュー盤と再発盤は全くヒットはしなかったが、再々発盤は競作となった日野美歌のシングルとともにヒットし、「第25回日本レコード大賞」ロングセラー賞を受賞した。

再々発盤は、発売から7ヶ月後にオリコンのトップ10に初登場。

収録曲[編集]

  • いずれも作詞・作曲:とまりれん、編曲:竜崎孝路

デビュー盤(1977年12月)

  1. 氷雨
  2. よりを戻して

再発盤(1981年12月)

  1. 氷雨
  2. 氷雨(カラオケ)

再々発盤(1982年7月)

  1. 氷雨 (3:40)
  2. わたしは愛人

日野美歌のシングル[編集]

氷雨
日野美歌シングル
B面 北の女
リリース
ジャンル 演歌・ムード歌謡
レーベル ユニオンレコード
作詞・作曲 とまりれん
チャート最高順位
  • 週間5位(オリコン
  • 1983年度年間15位(オリコン)
  • 6位(ザ・ベストテン
  • 1983年上半期9位(ザ・ベストテン)
  • 1983年年間21位(ザ・ベストテン)
日野美歌 シングル 年表
私のあなた
(1982年)
氷雨
(1982年)
待ちわびて
1983年
テンプレートを表示

日野美歌の2枚目のシングルとして、1982年12月5日ユニオンレコードのレーベルでリリースされた[2]

日野はこの曲で1983年の『第34回NHK紅白歌合戦』に初出場を果たした。

オリジナルの歌詞と異なった個所が存在する。一時期徳間ジャパンコミュニケーションズのジャパンレコーズレーベルに在籍し、葵司朗とのデュエット曲「男と女のラブゲーム」[3]がヒットしたがジャパンレコーズ発売のいわゆる“全曲集”などでも「氷雨」はテイチク・ユニオンレコードから原盤貸与を受けてオリジナルバージョンが収録されていた(通常では移籍後の新録音というパターンが多い)。

収録曲[編集]

  1. 氷雨
    作詞・作曲:とまりれん、編曲:高田弘
  2. 北の女
    作詞・作曲:あいたかし、編曲:高田弘

収録アルバム[編集]

その他のカバー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 【あの人は今こうしている】飲み代に総額2億5000万円使っていたのがわかり、「我ながらあきれた」 佳山明生さん、ゲンダイネット、2011年4月27日。
  2. ^ 後年発売のベストアルバムでは、レーベルがテイチクレコードに変更されている。
  3. ^ この曲のみミノルフォンレーベルで発売された。

関連項目[編集]