桜庭伸幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

桜庭 伸幸(さくらば のぶゆき、1945年11月18日 - 2014年9月15日[1])は、日本の作曲家編曲家。旧字体で櫻庭と表記されているものもある。

福岡県八女市立花町出身。2014年第56回日本レコード大賞・特別功労賞を受賞。2014年9月15日午後10時18分、肺気腫のため死去。

主な作品[編集]

作詞[編集]

作曲[編集]

演歌[編集]

  • 山本譲二「奥入瀬」
  • 村田みゆき「恋女房」/「三重の海」 ※桜庭伸幸の病死9日後に発売された桜庭伸幸の遺作。美空ひばり(徳久広司作曲)や牧村三枝子(遠藤実作曲)の同名曲とは異曲。村田みゆきは「演歌百撰」でお馴染み。
  • 豊川あやの「人生夢舞台」「新座小唄」「みちのく海峡」

プロレスの入場テーマ曲[編集]

  • UWF メインテーマ(正式曲名「U.W.F.プロレス・メインテーマ」)※山崎一夫のテーマでもある
  • ビューティフル・フライト(木村健悟のテーマ)
  • ザ・マッスル(ハルク・ホーガンの新日でのテーマ)※この曲は米国では使われなかった
  • BLACK DEVIL(極悪同盟のテーマ)
  • Come On Together(池下ユミのテーマ)
  • Cry No More(マミ熊野のテーマ)

編曲[編集]

TV提供曲[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 作曲家の桜庭伸幸氏死去 著名人の葬儀 2014年9月16日閲覧