とまりれん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

とまり れん1951年4月 - )は、日本作詞家作曲家広島県尾道市出身。本名・藤本貢。「氷雨」の作者として知られる。

瀬戸内海尾道市沖、南東10キロの百島の生まれ。芸名「とまり」は島の地区名・泊から付けた。1970年高校を卒業後、歌手を目指して上京する。バンドボーイや歌謡漫談などをした後、西麻布スナックを経営しながら創作活動を続け、1977年に「氷雨」を作詞・作曲した。同年暮れ、佳山明生がこの曲でデビューする。当初はまったく売れなかったが、粘り強く歌い続けると有線から徐々に火が付いて、5年後の1982年日野美歌らの競作により大ヒットとなった。当時は競作が流行った。1983年第25回日本レコード大賞ロングセラー賞など多くの賞を受賞、歌い継がれており、現在までCDを含め累計230万枚を売り上げている。

1996年に母親が倒れたため、とまりは家族で百島に帰郷した。現在も百島でも創作活動を続けている。他の作品に「わがまま」、「よりを戻して」、「あばずれ」、「ふるさとの子守唄」、「氷雨2」などがある。

作品[編集]

外部リンク[編集]