藤原誠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
藤原 誠
ふじわら まこと
生誕 (1947-05-11) 1947年5月11日
出身地 日本の旗 日本 東京都府中
学歴 神奈川県立川崎高等学校
福岡県立小倉高等学校
横浜国立大学
ジャンル 歌謡曲アニメソング
職業 歌手
レーベル ビクターレコード
コロムビアレコード
徳間ジャパン

藤原 誠(ふじわら まこと、1947年5月11日生、故人)は日本歌手東京都府中出身。

来歴[編集]

東京都府中に生まれる。小学校五年生よりフルートを習う。神奈川県立川崎高等学校時代にビッグバンドを組織。バンドの中心人物として活動を行っていたが、親の転勤により福岡県立小倉高等学校へ転校。

横浜国立大学工学部造船科へ進学。在学中には友人らと「KNACK」というバンド名でジャズ・ロックコンボを組み、横須賀の米軍キャンプなどで演奏を行う。

昭和43年、グヤトーン全国ロックコンテスト優勝。翌年には第2回ヤマハ・ライト・ミュージック・コンテストのロック部門第2位を受賞。

学園紛争を逃れて大学4年生で中退。ナイトレストランでの弾き語り、スタジオでのフルート奏者をする傍ら、24歳の時に歌手デビューを果たす。

「和製エンゲルベルト・フンパーディンク」と称され、デビュー曲『長い旅の終わり』でオリコン・チャートで最高57位にランクイン。さらにはギャラップ新人賞を受賞するなど活躍した。

その後はCMソング、アニメ主題歌などを数多く歌い続けた。『超時空要塞マクロス』の主題歌「マクロス」(1982年)が第5回アニメグランプリ・アニメソング部門を受賞した。

2017年9月に行われた「超時空管弦楽」コンサートのMCにて、『超時空要塞マクロス』関連の物故者のひとりとして藤原が紹介された。コンサートのアンコールでは出演者の飯島真理が藤原の録音音源とデュエットするかたちで「ランナー」(『超時空要塞マクロス』EDテーマ)を歌った[1][2]

主な曲[編集]

シングル[編集]

  • 長い旅の終わり(1972年5月)
    • B面 ほほにきらめく涙
  • 自由への道(1972年10月)
    • B面 そして愛は終わった
  • 心からさよならを(1973年)
    • B面 誰も俺を起こさないでくれ              
  • サバの女王(1973年9月)
    • B面 天使それとも悪魔
  • お前が行く朝(1974年4月)
    • B面 それは想い出
  • 愛のページ(1974年8月)
    • B面 ラブ・チェーン
  • 想い出のサン・ホゼ(1974年12月)
    • B面 若者は帰らなかった
  • 五月のバラ(1977年5月)
    • B面 人生は浮き沈み 
  • Mr. SMILE(男はいつも笑顔がいい)(1980年)
    • B面 フラッシュ・バック              
  • 愛ある限り(日本歌謡祭'72クラップ・ユアハンズ賞受賞曲)(作詞:山口あかり 作曲:三保敬太郎
  • どこへ行けばいいのだろう(第5回ポピュラーソングコンテスト(1973年5月20日)エントリー曲)(作詞:山川啓介 作曲:梅垣達志) 

アルバム[編集]

  • 愛と自由の夜明け(1972年)
    • 1.長い旅の終わり 2.愛がすべて 3.恋のゲーム 4.キャンバスは踊る 5.朝焼けに続く道 6.恋人たちの世界 7.ほほにきらめく涙 8.そして愛は終った 9.開かれた扉 10.欲しいものはすべて 11. サヨウナラの理由 12.明日まで待って 13.愛と希望の彼方へ
  • ポップスの世界(1972年)
    • 1.思い出のグリーン・グラス 2.イッツ・トゥー・レイト 3.引き潮 4.うわさの男 5. 君を信じたい 6.ヘイ・ジュード 7.ゴッドファーザー 愛のテーマ 8.Pork Salad Annie 9.君の友だち 10.この胸のときめきを 11.Song sung blue 12.母と子の絆

アニメ楽曲[編集]

CM楽曲[編集]

参考[編集]

  • LP『愛と自由の夜明け』及び『ポップスの世界』の各解説文、オムニバスアルバム『Our Time~SOFTROCK DRIVIN' EXTRA TRACKS』(ウルトラ・ヴァイヴ・2002年)ライナーノーツを参考に記載。

脚注[編集]

関連項目[編集]