みのもんたのウィークエンドをつかまえろ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
みのもんたの
ウィークエンドをつかまえろ
ジャンル リクエスト・トーク番組
放送期間 1987年4月11日 - 2014年3月29日
放送時間 土曜日 13:00 - 15:00(JST
放送局 文化放送
ネットワーク NRN
パーソナリティ みのもんた
出演 南波糸江
テンプレートを表示

みのもんたのウィークエンドをつかまえろ』は、1987年4月11日から2014年3月29日まで放送された文化放送ラジオ番組

概要[編集]

1987年4月11日放送開始。毎週1つのテーマを決め、テーマに合わせたリクエストを電話FAX電子メールで、みのの掛け声と同時に募集をするリクエスト番組。毎週ではないが、大物・ベテラン歌手や音楽関係者などをゲストに迎えることもあった。また、前座番組『ドコモ団塊倶楽部』に出演したゲストがオープニングの数分間、みのに挨拶をしに飛び入り参加することがあった。

本番組で放送される曲は歌謡曲オールディーズ中心で構成されており、年輩層の聴取者が多かった。みのは時事問題を、オープニングと14時冒頭の『文化放送ニュース』で軽く触れていた。

スタート当初から1990年代頃までは「世の中ウォッチング」(13:30頃)、「タウンクイズ」(13:40頃)、「ウィークエンドHOT HOT」(14:45頃)といったコーナーが組み込まれていた。

テレビでレギュラー番組を抱える一方、テレビに比べ、出演料が安価とされるラジオ番組を続けているみのにとって、このラジオ番組は1週間の自身の錆落としと称していた。

原則生放送であったが、みのが生放送のテレビ番組で休暇を取る場合、本番組では事前に収録したものを放送していた。そのため「文化放送ニュース」で伝えられるニュースにおいて、大抵はみのがコメントを挟むが、収録ではそのようなことがなく、その部分において、生放送ないし収録が聴き分けられた。2006年1月7日1月14日の放送は、みのが脊柱管狭窄症による坐骨神経痛の入院・手術のため、みのの後輩で、同局出身の梶原しげるが代役を務めた。2012年5月26日放送分はグッチ裕三が代役を務め、「東京スカイツリータウンスタジオ」から放送された。

2011年5月6日、番組公式サイトを開設。

2013年9月13日、みのの次男(当時日本テレビ社員)が、窃盗未遂容疑で逮捕されたことを受け、「報道番組に携わる人間として公正を期するため」を理由に、当面TBSテレビ『みのもんたの朝ズバッ!』(後の『朝ズバッ!』)、『みのもんたのサタデーずばッと』(後の『サタデーずばッと』)への出演自粛を発表したが、本番組に関しては報道としてのカラーはないため出演を継続した。

2013年9月14日はみのの夏休み期間中(9月9日から休暇中)のため、アシスタントの南波が生放送で、みののコメントを読み上げ、且つ録音放送であることを述べた上で、本編を開始した。翌21日は今回の件についての世間の反応、記者の報道、雑誌の記事に対しての個人的見解を発言した。

2013年11月9日の放送で、みのは前日に亡くなった島倉千代子について触れ、「14日の島倉さんの葬儀に参列します」「私のカムバックに相応しい舞台を用意して頂いた」と発言。不謹慎との批判の声が殺到し、葬儀には参列せず、10日の通夜にのみ参加したことが島倉の関係者の証言で、明らかとなった[1]

文化放送は2014年2月、次男の事件の影響により、番組スポンサーが前年9月からCMを自粛している影響を考慮して、本番組を3月29日で終了させると発表[2]。27年の放送に幕を降ろした。4月6日より、『みのもんたの ニッポンdiscover again』(毎週日曜 17:00 - 17:25)を放送する[3]。『ニッポン-』は完全に収録番組であり、本番組の終了と共にみのの生番組が消滅したことになる。

裏番組[編集]

みのが担当しているレギュラー番組の中で、最も長く続いた長寿番組であり、年輩層の聴取者を中心に安定した人気を保ってきたが、2006年10月改編で、TBSラジオで『久米宏 ラジオなんですけど』、ニッポン放送で『小倉智昭のラジオサーキット』が同時間帯で開始したことで、首都圏の土曜午後の同時間帯ではラジオに縁が深いみの、久米宏小倉智昭による三つ巴の争いとして、ラジオ業界のみならず、テレビ・新聞・雑誌などのマスメディアでも注目され、大きく取り上げられた。

首都圏聴取率調査で、2006年10月21日は文化放送のみ、放送開始時間を1時間繰り上げ、12:00 - 15:00の3時間に拡大して、放送を行った(その影響で『志の輔ラジオ 土曜がいい!』が1時間短縮された)。12時台では当時衆議院議員田中眞紀子をゲストに迎えて(2ヵ月後のスペシャルウィークでは、田中は真裏の久米の番組に出演している)、発足したばかりの第1次安倍内閣、国政全般や社会問題などを取り上げ、12時台は通常の番組構成と異なっていた。ネット局では同日から番組ネット開始した青森放送を含め、通常通り、13時から放送で、飛び乗りとなった。

その後、ビデオリサーチから発表された聴取率調査結果ではTBSラジオ(1.7%)が同時間帯首位を獲得し、ニッポン放送(1.3%)にも抜かれてしまい、文化放送(1.1%)は三つ巴の争いで最下位になった。なお、2008年4月の調査では時間帯首位を奪還している。

「小倉智昭 - 」は2012年3月改編で終了し、その後は『辛坊治郎ズーム そこまで言うか!』が放送されている。

出演者[編集]

メインパーソナリティ[編集]

アシスタント[編集]

コーナー出演者[編集]

※当時、13:40頃からの「タウンクイズ」コーナーに出演。

ネット局[編集]

最終回時点でのネット局[編集]

14時台冒頭の文化放送ニュース・天気予報はネット局での差し替えは一切無く、文化放送発のものをそのまま放送していた。天気予報はネット局に配慮して、ネットされている地域の予報も伝えられていた。文化放送のニュースジングル、天気予報BGMはそのまま使用された(『走れ!歌謡曲』も同様)。通常の全国ネットのニュースで、放送局名が含まれていることは稀で、非常に珍しいことである。

文化放送で、プロ野球のオールスターゲームクライマックスシリーズのため、番組の一部もしくは全編が休止となった場合は上記ネット局には文化放送からの裏送りで、通常通り放送する。

なお、山形放送と山口放送では後継番組である土曜の午後は♪ ヒゲとノブコのWEEKEND JUKEBOXを引き続きネットしている。

途中打ち切りのネット局[編集]

番組テーマ曲[編集]

  • 今田勝「Vinous Party」(アルバム「Rivage」に収録)
    • 番組開始時から最終回まで使用されていた。
    • 当初はオープニング・エンディング両方で使用されたが、エンディングについては2004年頃よりみのと高橋佳代子によるデュエット曲「健康ピンピコピン!」、さらに2006年頃からはみの自身が歌う「夜の虫」が使用され、以降最終回まで用いられた。

脚注[編集]

文化放送 土曜13:00 - 15:00枠
前番組 番組名 次番組
MAZDA ミュージック タウン
みのもんたのウィークエンドをつかまえろ