南波糸江

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
なんば いとえ
南波 糸江
プロフィール
出身地 日本の旗 日本北海道寿都郡寿都町
生年月日 (1983-07-11) 1983年7月11日(33歳)
血液型 A型
最終学歴 立命館大学文学部
所属事務所 生島企画室
活動期間 2004年 - 現在
ジャンル 情報番組
公式サイト 南波糸江オフィシャルブログ 「いとはん」
担当番組・活動

南波 糸江(なんば いとえ、1983年(昭和58年)7月11日 - )は、日本フリーアナウンサー。現在は生島企画室所属。

北海道寿都郡寿都町出身。立命館慶祥高等学校立命館大学文学部卒業。血液型A型、身長161cm、体重44kg、靴のサイズ23cm。趣味・特技はワインソムリエフードコーディネーターゴルフ(ドライバー200ヤード)、秘書検定2級、準1級。

来歴[編集]

大学在学時にKBS京都の学生参加型番組『Go on』に出演。これをきっかけに、同局『京都!ちゃちゃちゃっ』のレギュラーを獲得。プロとしてタレント・モデル活動を本格的に開始する。当初の所属事務所は大阪に拠点を置くパートナーズ・プロ関西テレビ☆京都チャンネルの番組を中心に、主に関西でレギュラー番組を持っていた。2005年(平成17年)には随心院で行われたミス小野小町コンテストで、初代ミス小野小町に選ばれている。寿都町観光大使。

大学を卒業した2006年(平成18年)、古巣である『Go on』にMCとして復帰し、2007年(平成19年)9月24日放送分までを担当。その直後にオスカープロモーションに移籍し、活動の拠点を東京に移す(所属はモデル部)。

2008年(平成20年)春には、ウェザーニューズの第8期お天気キャスターとして北海道地区を担当。以後、都内のケーブルテレビのMCやモデルとして活動。

2010年(平成22年)以降『朝まるJUST』出演を機に共同テレビジョンに移籍。その後『みのもんたのウィークエンドをつかまえろ』出演途中、専属マネージャーの退任を機に共同テレビからニッコクへ移籍。2014年3月29日『ウィークエンドをつかまえろ』は27年の歴史に幕を下ろし、南波は番組最後のアシスタントとなった。

2014年(平成26年)春から生島企画室の所属となる。

2015年、一般男性と結婚[1]

エピソード[編集]

  • 『Go on』『京都!ちゃちゃちゃっ』『謎パラ?』で踊った「バナナダンス」は南波の代名詞。「バナナダンス」は本来立命館大学チアリーダー部のものだが、南波のそれは立命館慶祥高校時代のもの。
  • 辛いものに強く、『謎パラ?』第9話において、ハバネロを生で丸かじりをしても平気だったという逸話を持つ。
  • 初代ミス小野小町の時、星野仙一(当時・阪神タイガース監督)に花束を渡す。
  • 80's好きで、北海道に帰ると両親とクラブに行って踊る。また両親の影響からビートルズの楽曲をほぼ全曲歌っていた。
  • X-JAPANLUNA SEAGLAYなど、清楚な雰囲気からは想像できないバンド好きらしい。
  • NHKの番組で共演したはなわがプロデュースする、風男塾中野風女シスターズのライブにはよく行く。
  • 中島みゆきの楽曲「糸」は、“南波糸江”という名前から自分のテーマ曲としているらしい。
  • カンニング竹山との深夜の番組ではエロトークも上手に盛り上げる。
  • 『みのもんたのウィークエンドをつかまえろ』では“糸ちゃん”の愛称で呼ばれ、セクシーな声と癒しの笑い声が人気だった。

出演番組[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

CM[編集]

  • JCBドリームプロジェクト(2009年) - 後ろの群集の1人

その他の媒体[編集]

脚注[編集]

  1. ^ フリーアナの南波糸江が結婚”. デイリースポーツ (2015年10月15日). 2015年10月15日閲覧。

外部リンク[編集]