ABOBAゲーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ABOBAゲーム
ジャンル クイズ番組ゲーム番組
放送時間 水曜 19:00 - 19:30(30分)
放送期間 1984年10月10日 - 1985年9月4日
放送国 日本の旗 日本
制作局 朝日放送
出演者 みのもんた
テンプレートを表示

ABOBAゲーム』(アボバゲーム)は、1984年10月10日から1985年9月4日までテレビ朝日系列局で放送されていた朝日放送製作のクイズ番組ゲーム番組である。放送時間は毎週水曜 19:00 - 19:30 (日本標準時)。

概要[編集]

ABO式血液型別に分けられた芸能人解答者4人がチームを組み(A型チーム、B型チーム、O型チーム、AB型チーム)、そのうちの2チームがクイズとゲームで対決するという形式で進行。司会はみのもんた(A型)が務めていた。

司会席および解答席のネームプレートには名前と血液型が記されていた(司会のみのの場合、「みのもんた (A)」と表記)。収録は、当時同系列局で放送されていた『象印クイズ ヒントでピント』に似たスタジオセットで行われていた。

出演者[編集]

コーナー[編集]

前半2つは血液型を扱った問題であるが、後半2つは前番組『霊感ヤマカン第六感』を髣髴させる[独自研究?]問題になっている。

オープニングクイズ
タレントの血液型を当てるクイズ。1対1の対戦形式で、司会者席に近い方から出題される。
スター追跡クイズ
血液型からタレントの行動を当てるクイズ。記述問題で、正解者1人につき2点が入る。2択問題や、3択問題の場合もあった。
ABOBAコントクイズ
血液型別に行動を当てるクイズ。出演者はダウンタウンハイヒール桂小枝。司会者席に近い方から出題される。3択問題で、正解者につき2点が入る。
4ヒントクイズ
体の一部、近親者や子供の頃の写真などからタレントを当てるクイズ。早押しで答える。1枚目で当てると4点で、2枚目以降は3点と1点ずつ減る。4枚目は、本人の写真を使用していた(連続写真が徐々に枚数が少なくなる、白黒逆転が徐々に反転される、バラバラに編集されたものが徐々に戻る、白黒逆転+バラバラ等)。
後に「1ヒントクイズ」となり、2点に統一された。
連想パネルマッチ
神経衰弱方式のクイズ。AからPまでの16のパネル(同じく朝日放送製作の『新婚さんいらっしゃい!』の「ペアマッチ」にほぼ類似)には決められたテーマに基づいた答えが隠されており、その1つは別の1つと1対1で対応する。例えばことわざがテーマの場合、「豚」を開けて「真珠」を開ければ正解(2点獲得)となる。間違えたら相手チームに解答権が移動する。後期には、血液型が表記された有名人の写真が2枚導入されてあり、それを取ると4点獲得できた。最後の2枚は、同時にめくられて終了することもあった。
イラストは、前番組『霊感ヤマカン第六感』から引き続き河村立司が担当した。
最終的に得点の高いチームが勝利。トロフィー授与となり、A型→赤、B型→黄、O型→青、AB型→緑のリボンがつけられる。同点の場合は両者優勝になり、両方に電飾が点灯し、トロフィーを両チームのキャプテンが支える形で終了。この時のリボンには、両チームの色がつけられていた。

放送局[編集]

系列は放送当時のものを記載。

放送対象地域 放送局 系列 放送日時 備考
近畿広域圏 朝日放送 テレビ朝日系列 水曜 19:00 - 19:30 製作局
北海道 北海道テレビ
宮城県 東日本放送
秋田県 秋田テレビ フジテレビ系列
テレビ朝日系列
福島県 福島放送 テレビ朝日系列 水曜 19:00 - 19:30
新潟県 新潟テレビ21
関東広域圏 テレビ朝日
長野県 テレビ信州 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
静岡県 静岡けんみんテレビ テレビ朝日系列 現・静岡朝日テレビ
富山県 富山テレビ フジテレビ系列
中京広域圏 名古屋テレビ テレビ朝日系列 水曜 19:00 - 19:30
広島県 広島ホームテレビ
香川県・岡山県 瀬戸内海放送
福岡県 九州朝日放送
鹿児島県 鹿児島放送
テレビ朝日系列 水曜19:00枠
前番組 番組名 次番組
霊感ヤマカン第六感
(1975年4月2日 - 1984年10月3日)
ABOBAゲーム
(1984年10月10日 - 1985年9月4日)
クイズなんでも一番館
(1985年9月11日 - 1986年3月19日)