みのもんたの逆襲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
みのもんたの逆襲
とんねるずスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
コミックソング
レーベル ポニーキャニオン
チャート最高順位
とんねるず アルバム 年表
ほのちゃんにはがはえた。
1990年
みのもんたの逆襲
1991年
無痛音楽教育 3才からのとんねるず
1992年
『みのもんたの逆襲』収録のシングル
  1. 情けねえ
    リリース: 1991年5月29日
テンプレートを表示

みのもんたの逆襲』(みのもんたのぎゃくしゅう)は、とんねるず8枚目のアルバム1991年7月10日発売。

解説[編集]

前作同様、ほとんどの曲を人気アーティストの歌詞の傾向や曲調をパロディにしたもので構成。

アルバム・タイトルはみのもんたがフリーアナとして天下を取るという意味合いとなっている。同曲にはみの本人も参加、間奏ではテレビ番組『午後は○○おもいッきりテレビ』(日本テレビ)の1コーナー「ちょっと聞いてヨ!おもいッきり生電話」風の話をする[1]。また2番のBメロには、久米宏逸見政孝生島ヒロシ徳光和夫(いずれも姓のみ)が、みののライバルとして登場[2]。当時久米は『ニュースステーション』開始6年目、逸見は『クイズ世界はSHOW by ショーバイ!!』司会、生島は『ビッグモーニング』キャスターと『ミュージックステーション』の司会、徳光は『クイズダービー』の司会と『NNNニュースプラス1[3]のキャスターを務めていた時代であった。ジャケット・ブックレット共みのが全面的にフィーチャーされ、とんねるずの姿は一切使われていない(初回盤付属ブックレットにレコーディング中のとんねるずの写真のみ)。

収録曲[編集]

全曲 作詞:秋元康 作曲・編曲:後藤次利(特記以外)

  1. みのもんたの逆襲
    THE ALFEEアリスのパロディであるこの曲は、みのもんたの素晴らしさを称えた曲で、彼を司会の陣取り合戦に挑む戦士として描いている。当時木梨憲武は『とんねるずのみなさんのおかげです』で「みのりもんた(またはみのりかわノリ男)」に扮し、頻繁にみののものまねをしていた。アウトロ終了後は、みのもんたによる、とんねるずの解説が収録されている。
  2. I LOVE YOUは突然に
    タイトルはオフコースの楽曲『I LOVE YOU』と小田和正の楽曲『ラブ・ストーリーは突然に』、メロディは『ラブ・ストーリーは突然に』のパロディ。
  3. 8月のコニーアイランド
    山下達郎のパロディ。タイトルは同じく山下の『LOVELAND, ISLAND』から。
  4. 愛のフィリピーナ
    テレサ・テン(鄧麗君)、あるいは当時ブラジルから来日し『ふりむけばヨコハマ』をヒットさせたマルシアのパロディと推測される。とんねるずは二人とも和田アキ子のものまねで歌っている。
  5. You can do it
    作詞:木梨憲武/作曲:後藤次利、藤井尚之
    木梨ソロ曲。基本的にはバブルガム・ブラザーズWON'T BE LONG』のパロディ。途中で「嵐を 起こして」「いいの いいの いいの」など、コーラス参加の工藤静香にちなんだ歌詞が出てくる。
  6. Midnight Train
    ザ・キング・トーンズのパロディ。同グループのリードボーカル・内田正人が参加。
  7. AFTER TEN YEARS
    矢沢永吉のパロディ。石橋ソロ曲。
  8. 夢をあきらめないわ
    岡村孝子のパロディ。タイトルは岡村の代表曲『夢をあきらめないで』より。
  9. CONTROL NETWORK
    TM NETWORKのパロディ。タイトルの一部は、同ユニットの楽曲『SELF CONTROL』のパロディ。Bメロ及びCメロでは『Don't Let Me Cry』、サビの部分では『RESISTANCE』が意識されている。
  10. 情けねえ(みなさんのおかげですヴァージョン)
    長渕剛のパロディ。ヒットした先行シングルで、シリアス風なメッセージソング。このアルバム・バージョンでは、2番の歌詞が『とんねるずのみなさんのおかげです』について歌った替え歌となっている。アウトロ終了後は、みのもんたによる本アルバムについてのおしゃべり(コメント)が収録されている。

脚注[編集]

  1. ^ 当時『とんねるずのみなさんのおかげです』においても、同コーナーのパロディ「ちょっと聞いてヨ!おもいッきりノリ電話」を放送していた。
  2. ^ 生島と徳光の間にはもう1人分入るスペースがあったが、埋まらなかった。
  3. ^ 本作発売後の1991年9月まで出演。また徳光はみのと同じ立教大学卒で直系の先輩にあたる。