やぶさかでない

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
やぶさかでない
とんねるずシングル
B面 ドラマのエンディングみたいに…
リリース
規格 7インチシングル
ジャンル J-POP
レーベル キャニオン・レコード
作詞・作曲 秋元康
プロデュース 秋元康
チャート最高順位
とんねるず シングル 年表
歌謡曲
1986年
やぶさかでない
(1986年)
寝た子も起きる子守唄
(1986年)
テンプレートを表示

やぶさかでない」は、日本お笑いコンビであるとんねるずの7枚目のシングル

ビクター音楽産業(現:ビクターエンタテインメント)からキャニオン・レコード(現:ポニーキャニオン)に移籍しての第1弾シングルである。1986年5月28日発売。

概要[編集]

1986年4月からTBSで始まった、自身の主演ドラマ「お坊っチャマにはわかるまい!」主題歌。ブギというサウンドや、曲中のセリフの掛け合いなど、萩原健一が唄った(水谷豊も台詞で参加)「兄貴のブギ」の影響がみられる。セリフの掛け合いの部分は、レコード・ヴァージョンでは「憲武」「貴明」とお互いを呼び合っているが、ドラマで流れたヴァージョンではセリフをドラマの内容に沿ったものにしたうえで、役名に合わせ「正美」(木梨)「天気」(石橋)と呼び合っている。B面に収録された「ドラマのエンディングみたいに…」も同じドラマの挿入歌で、文字通りドラマの回毎の終盤やクライマックスシーンのBGMに、主として使われた穏やかなテイストの曲。

なお、キャニオン・レコードへの移籍については、前年(1985年)暮れの時点で内定していたものの、キャニオン側が誤解を生まないように本曲のリリース直前まで公表を控えてきた経緯がある。とんねるずとビクター音産との契約は、曲をリリースする毎の単発契約という形だったため、移籍に関する問題は生じなかったとされる。

収録曲[編集]

  1. やぶさかでない
  2. ドラマのエンディングみたいに…