家族対抗!!芸能クイズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
家族対抗!!芸能クイズ
ジャンル クイズ番組/芸能情報番組
出演者 みのもんた
梨元勝
製作
制作 テレビ朝日
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1980年4月6日 - 1980年10月5日
放送時間 日曜 11:00 - 11:45
放送分 45分
テンプレートを表示

家族対抗!!芸能クイズ』(かぞくたいこうげいのうクイズ)は、1980年4月6日から同年10月5日までテレビ朝日で放送された、芸能情報番組を兼ねた視聴者参加型クイズ番組である。放送時間は毎週日曜 11:00 - 11:45 (JST) 。

概要[編集]

芸能ニュースやスターの問題など、芸能問題ばかりが出題されていた視聴者参加のクイズ番組[1]。4組の一般家族が芸能クイズで賞金を稼ぎ、後半は獲得賞金額の順位を元に、海外旅行を賭けて、パネルによるじゃんけんを行う。

出演者[編集]

主な放送内容[編集]

前半戦[編集]

出場者は一般家族(両親と子供の計3名で構成)が4組。クイズは「スターズームインクイズ」「ゲストクイズ」「スピードクイズ」の3コーナーによって構成されていた。

スターズームインクイズ
芸能人のニュースなどに関するクイズで、VTRで出題。クイズは三択方式で、正解チームは1万円獲得。
ゲストクイズ
毎回出演するゲストに関するクイズ。これも三択方式で、正解チームは1万円獲得。
スピードクイズ
オーソドックスな早押しクイズ。問題は全て芸能関係。正解チームは1万円獲得だが、不正解は1万円減額。

こうして全てのコーナーが終わり、賞金を最も多く獲得したチームには「トップ賞」として10万円を進呈。そして、この順位を基に後半戦を行った。

後半戦[編集]

35枚(縦7×横5)のパネルを使って行うじゃんけんで進行。パネル構成は、中央(4段目)に「A」「B」「C」と書かれた色違いのパネルが3枚、あとは全て「1」から「32」までの数字が書かれていた。そして各パネルには「グー」「チョキ」「パー」がアトランダムに隠されていた。

まず、最下位チームが数字パネル32枚のうちのいずれか1つを開き、出た目を自分の出し目にした。そして、3位チームがそれ以外の数字パネルの内1つを指定し、みのと観客の「ジャンケンポン!」の掛け声でパネルを開いて勝負した。勝者はその出し目で2位チームと勝負(やり方は同じ、その次も同様)。その勝者はトップチームと勝負し、勝ったチームが海外旅行挑戦権を得られた。したがって、最下位チームでも勝ち進めば挑戦権を得られる可能性があった。

挑戦権を得たチームは、「A」「B」「C」の3枚のパネルのうちの1枚を指定し、自分の出し目と勝負した。勝てば天井から大量の紙吹雪が舞い、海外旅行獲得となった。もし「あいこ」だった場合には、別のパネルを開いて勝負した。

脚注[編集]

  1. ^ 1980年4月6日付の「東京新聞」ラジオ・テレビ欄。

関連項目[編集]

テレビ朝日 日曜11:00 - 11:45枠
前番組 番組名 次番組
ラブアタック!
(10:30 - 11:30)
朝日放送製作、30分繰り上げ
動物番組
(11:30 - 11:45)
家族対抗!!芸能クイズ
(1980年4月 - 1980年10月)