トライアングル・ブルー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
トライアングルブルー
ジャンル ドラマ
放送時間 火曜 24:25 - 24:55(30分)
放送期間 1985年 - 1986年
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ朝日
出演者 川上麻衣子
可愛かずみ
樹本由布子
柄沢次郎
とんねるず
前田耕陽
テンプレートを表示

トライアングルブルー』は、1985年から1986年までテレビ朝日で放送されたテレビドラマ深夜テレビドラマ枠「深夜劇場」の一作品。

概要[編集]

  • 当時のテレビ朝日深夜「田辺エージェンシー制作協力枠[1]」のひとつとして制作され、毎週火曜深夜(水曜午前)0時25分から放送された30分番組。「深夜劇場」枠で放送された作品群のひとつであるが、当作品が当時のとんねるず人気とも相まって一番の人気を集め、続編(『トライアングル・ブルーII』)を含め放送回数では最長となった。
  • 撮影は東京都港区六本木付近で行われることが多く、スタジオでの収録は行われなかった。
  • レギュラー放送終了後、1992年まで3回にわたって単発のスペシャルが制作された。
  • 番組中にとんねるずの二人をサポートする「トラブル隊員」と称した新しい登場人物のオーデションが行われ、何人かの合格者が出たが、合格者達は何の活躍もないまま、とんねるずの二人から「トラブル隊員は、本日をもって番組から消え去ります」と番組中に宣言され、そのままフェイドアウトしている。
  • その後、とんねるずは同時刻帯で『ハーフムーン[2]』、『ぶんぶくちゃがま[3]』と2本のドラマに出演しているが、『トライアングルブルー』程の人気は得られず、短期間で放送は打ち切られている[4]

出演者[編集]

スタッフ[編集]

テーマ曲・使用曲[編集]

  • オープニング:アン・ルイス「TRIANGLE BLUE」。
  • エンディング:アン・ルイス「六本木心中」(前期)・山崎美貴:「借りたままのサリンジャー」(後期)
  • 挿入歌:池田聡「モノクローム・ヴィーナス」

番組ネット局[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 同じ0時25分 - 0時55分という時間枠で、月曜日:『グッドモーニング』、火曜日:『深夜劇場(トライアングルブルー)』、水曜日:『ウソップランド』、木曜日:『ミントタイム』、金曜日:『タモリ倶楽部』と田辺エージェンシーが制作に関わる番組が放送されていた。
  2. ^ ホストクラブを舞台として、男女関係を描いた物語
  3. ^ 芸能界を舞台として、とんねるずの2人が芸能事務所の社長と副社長に扮した物語
  4. ^ なお、『ぶんぶくちゃがま』が同枠(深夜劇場)の最終枠である。
テレビ朝日 火曜深夜ドラマ
前番組 番組名 次番組
トライアングル・ブルー