六本木心中

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
六本木心中
アン・ルイスシングル
B面 IN PLEASURE
リリース
規格 7inchEP盤
ジャンル J-POP
時間
レーベル ビクター
作詞・作曲 湯川れい子(作詞)
NOBODY(作曲)
チャート最高順位
アン・ルイス シングル 年表
I Love Youより愛してる
1983年
六本木心中
1984年
ピンクダイヤモンド
1985年
テンプレートを表示
六本木心中 (WILD VERSION)
アン・ルイスシングル
B面 MIX'N ROLL (ANNIE'S EDIT MASTER MIX II)
リリース
規格 12inchシングル
ジャンル J-POP
レーベル ビクター音楽産業
作詞・作曲 作詞:湯川れい子
作曲:NOBODY
チャート最高順位
アン・ルイス シングル 年表
ピンク ダイヤモンド
(1985年)
六本木心中 (WILD VERSION)
(1986年)
あゝ無情
(1986年)
テンプレートを表示

六本木心中」(ろっぽんぎしんじゅう)は、1984年10月5日に発売されたアン・ルイスの23枚目のシングル。

概要[編集]

  • アン・ルイスがリリースした1984年唯一のシングル。有線カラオケで根強く支持され、ロングヒットとなった。オリコン発表の売上枚数は29.6万枚[1]
  • 六本木が舞台の楽曲だが、歌詞に「六本木」は出てこない
  • 初期プレスは「別ジャケット(サングラスなし)・オリジナルバージョン(カウントなし)」とされているが、これは発売から約1ヶ月後の1984年11月9日にジャケットを刷新し(サングラスあり、ピンクのジャケット)音源もリミックスしたもの(カウントあり)に差し替えられたため。広く知られているのは刷新後である。現在はどちらもCD化されている。
  • 作詞の湯川れい子によると、この曲と27thシングル「あゝ無情」のモデルはいずれも吉川晃司であり、「あゝ無情」のサビサングラス外したら吹き出しちゃうほどあどけない目をしてる」は、そのまま吉川のことで「そんな年下の男に、艶っぽくて気風のいいアンちゃんを立ち向かわせた形でした」と話している[2]
  • デビュー当時に所属事務所の先輩だったアン・ルイスから大きな影響を受け、アンとは姉弟のような関係だった吉川晃司と共に、フジテレビ夜のヒットスタジオDELUXE』では二人の性行為を連想させる過激なコラボレーションを見せた(1985年10月2日放送。1番を歌唱後、アンが吉川を呼び寄せた)[2][3]
  • TBSテレビザ・ベストテン』では最高16位止まりで、1982年の「ラ・セゾン」に続くランクインはならなかったが、1985年10月17日放送「ザ・ベストテンIN静岡」の「今週のスポットライト」コーナーで生出演を果たしている(「今週のスポットライト」には、1978年6月に「女はそれを我慢できない」で登場していた)。
  • B面の「IN PLEASURE」は同年発売のオリジナル・アルバムROMANTIC VIOLENCE』からのシングルカットである。

収録曲[編集]

  1. 六本木心中
  2. IN PLEASURE
  1. 六本木心中 (WILD VERSION)
    • 作詞:湯川れい子/作曲:NOBODY/編曲:伊藤銀次
  2. MIX'N ROLL (ANNIE'S EDIT MASTER MIX II)

相川七瀬によるカバー[編集]

六本木心中
相川七瀬シングル
初出アルバム『ID:2
B面 美しい日々
リリース
ジャンル J-POP
レーベル Motorod
プロデュース 織田哲郎
チャート最高順位
  • 週間10位(オリコン
  • 登場回数5回(オリコン)
相川七瀬 シングル 年表
終わりない夢
2002年
六本木心中
(2002年)
Shock of Love
2003年
テンプレートを表示

六本木心中』(ろっぽんぎしんじゅう)は、日本の女性歌手、相川七瀬の21作目のシングル

解説[編集]

収録曲[編集]

  1. 六本木心中
  2. 美しい日々
    • 作詞:相川七瀬 / 作曲・編曲:織田哲郎
  3. 六本木心中 (dj ajapai remix)
  4. 六本木心中 (CMJK Mix)
  5. 六本木心中 (Instrumental)

収録アルバム[編集]

六本木心中

その他のカバー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

関連項目[編集]