益戸育江

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ますど いくえ
益戸 育江
本名 益戸 育江
別名 高樹 沙耶(旧芸名)
生年月日 1963年8月21日(50歳)
出生地 日本の旗 日本静岡県浜松市中区
国籍 日本
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1983年 -
配偶者 中西圭三(1998年-2000年)

益戸 育江(ますど いくえ、 1963年8月21日 - )は、日本女優作詞家。旧芸名は高樹 沙耶(たかぎ さや)。

来歴

静岡県浜松市中区出身。私立誠心高等学校(浜松開誠館高等学校)を中退後、東京都立青山高等学校に編入・卒業。オスカープロモーション所属。一時期はケイダッシュに所属していた。

高校時代に原田真二のコンサートを観て「私もたくさんの人を幸せに出来る仕事をしたい」と思ったのが芸能界を目指したきっかけ[1]。17歳のときに上京し、オスカープロモーションに所属、モデルとして活躍。1983年に映画『沙耶のいる透視図』の主演女優として映画デビュー。作品中の名前「沙耶」に、あとから「高樹」の苗字をつけて芸名にする。

1998年シンガーソングライター中西圭三と結婚するが、2000年に離婚。その後ハワイに移住する。成瀬ヨーガグループにてヨガを習う。

2002年フリーダイビング競技の日本大会で、水深45mの日本新記録(当時)を達成する。同年11月にハワイで行われたフリーダイビングW杯では記録をさらに更新し、水深53mの日本新記録(当時)を打ち立てた。個人では4位、総合では2位となり銀メダルを受賞。

ハワイ島と日本を往復していた時期があり、ハワイ島コナに在住する水中カメラマン兼ダイバーで、フリーダイビングのパーソナルコーチを務める菅原真樹と同棲・婚約をするも、2004年ごろに菅原真樹が結婚する気持ちがないため、婚約を解消し活動拠点を日本へ戻す。オスカープロモーションへ復帰。芸能活動を再開する。 一部報道で「ハワイに在住していた」と伝えられているが、実際は、ハワイに在住するためのビザを取ることができず、観光ビザだったため、日本とハワイを観光目的で往復していただけであり、ハワイに在住していない。

朝日放送製作・テレビ朝日系『朝だ!生です旅サラダ』の海外リポーターをたびたび務めている。またスクーバダイビングインストラクターでもあり、スキンダイビングなどの講習とツアーを開催している。

2007年千葉県南房総市に居を構え、自然エネルギーを活かしたエコロジカルな生活をしている。小谷実可子吉本多香美が訪れたことがある。

2008年9月26日、自身の公式ウェブサイト上で、芸名である高樹沙耶を返上、本名の「益戸育江」名義で活動すると宣言した。

2011年11月8日、千葉県から沖縄県石垣市に移住していることが「週刊女性」(2011年11月22日号)で報じられた[2][3]

作詞提供

出演

テレビドラマ

「かけぬける愛」(1985年4月19日)
寝台特急はやぶさの女」(1987年1月9日)
小樽殺人事件・北海〜能登〜安曇野・黒揚羽蝶は死の予告!オタモイ岬の女」(1986年10月11日)
花嫁殺し」(1987年5月2日)香織里 役
密会の宿3・湯けむり旅館連続殺人」(1987年5月23日)高田律子 役
西村京太郎トラベルミステリー14・愛と死の飯田線」(1989年1月14日)
女弁護士 高林鮎子2・L特急あずさ19号逆転の殺意」(1987年8月11日、東映)和子 役
「狙われて」(1989年12月12日) - 主演
「1990年六月の花嫁シリーズ3・入籍」(1990年6月19日) - 主演 瑞季 役
「不幸の手紙殺人事件」(1990年12月11日、KUJIRA) - 主演
「眠れぬ夜のために」(1991年10月29日、にっかつ撮影所) - 主演

テレビ番組

映画

ゲーム

著書

  • 『しあわせさがし You are never lost』トラベルジャーナル、1999) 
  • 『マイ ブルー ヘヴン』毎日新聞社、2003)
  • 『心の楽園に住む』(集英社be文庫、2004) 
  • 『贅沢な暮らし-衣食住が育む「心のラグジュアリー」』(エクスナレッジ、2007)

その他

脚注

[ヘルプ]

関連項目

外部リンク