コナ (ハワイ島)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ハワイ島ノース・コナ地区
サウス・コナ地区
カイナリウのアロハ劇場
ホナウナウのプウホヌア・オ・ホナウナウ国立歴史公園

コナ(Kona) は、アメリカ合衆国ハワイ州ハワイ島西部の地域。ハワイ島の商業中心地であるカイルア・コナをはじめとして、ハワイ島の拠点となる地域である[1]フアラライ山沿いに広がるコーヒー・ベルトでは、コナコーヒーの生産が行われる[2]

地理[編集]

ハワイ諸島の東端で最大のであるハワイ島の西海岸にあり、ケッペンの気候区分ステップ気候乾燥帯)に分類される。中心都市のカイルア・コナは北緯19度39分0秒 西経155度59分39秒 / 北緯19.65000度 西経155.99417度 / 19.65000; -155.99417 (19.649973, -155.994028)[3] に位置している。ハワイ諸島に北東から南西へ吹く卓越風風下にあるので同島の東海岸のヒロに比べてが少なく、比較的乾燥しているのである。19世紀から日系移民が存在したハワイ諸島であるが、20世紀にはマウイ島ハワイ州の代名詞であったに対してハワイ島は観光地としての発展が遅かった為、日本国内での知名度も低かったが、21世紀以降増加した日本人移住者やハワイ島へのロングステイ滞在旅行が増加傾向にある事から、羽田空港再国際化後にコナと東京都心部を直通便で結ぶ計画を日米双方に申請していたハワイアン航空(HL)だったが、2016年に新規割当枠の就航認可を獲得し、深夜枠となる新規開設便は東京国際空港(羽田)-ハワイ島コナ国際空港線をワイドボディ機で結び、史上初めて日本からのハワイ島への直通国際便が実現する事となった。使用機材は2016年に受領する新造機A330-200型機を使用する。同社は2016年6月にA330-200の22機目を受領し、年内の羽田空港就航開始を予定している。

[編集]

ノース・コナ地区[編集]

ノース・コナ地区(North Kona District)のおもな町(村)を北から南へ挙げると、

カイルア・コナ
人口約1万人の商業地で、ハワイ島2番目の人口をほこる[4]コナ国際空港が置かれている[5]ハワイ・コミュニティーカレッジ・パラマヌイ校ケアラケヘ高校もここにある。
ケアウホウ英語版
ケアウホウ湾英語版に面したケアウホウは人口約2400人の町で、その土地の大部分をビショップ・エステート・カメハメハ・スクールズが所有している[6]。かつてはハワイ人の主要居留地のひとつであったためいくつかのヘイアウクアモオ墓地などが残されており、現在は観光産業に重きを置く町へと変貌を遂げた[6]
ホルアロア英語版
カイルア湾を見下ろす小高い丘の上にあるホルアロアは人口約6000人の町で、芸術家の住む町として知られる[7]。メイン・ストリートには工芸品ショップやギャラリー、アート・センターなどぽつぽつと点在する[8]。日系人が多めで、コナ高野山大師寺真言宗)もある[8]
ホナロ英語版
11号線と180号線に挟まれた所に位置するホナロは人口約2000人の町である[9]曹洞宗仏教寺院であるコナ大福寺がある[10]
カイナリウ英語版
カイナリウは、11号線沿いにある小さな集落。アロハ劇場を擁している[10]

サウス・コナ地区[編集]

ノース・コナ地区(South Kona District)のおもな町(村)を北から南へ挙げると、

ケアラケクア英語版
ハワイ語で「神々の道」を意味するケアラケクアは、人口約1650人の町[10]プルメリアバナナパパイアライチなどが群生し、「ハワイらしい」佇まいを見せる町として知られる[10]コナワエナ高校がある。
キャプテン・クック英語版
人口約3200人のキャプテン・クックは、その名のとおり、ハワイを発見したイギリス人航海士ジェームズ・クックからとられた町である[11]。手付かずの自然を残すケアラケクア湾州立歴史公園や、クックが死んだとされるカアワロア・コーヴのキャプテン・クック記念碑などがある[12]
ホナウナウ英語版
人口約2400人のホナウナウは、プウホヌア・オ・ホナウナウ国立歴史公園を有する小さな町[13]。古代ハワイ時代に敗残兵や非戦闘員の避難所となっていた同地はハワイ語で「逃れの地」を意味するプウホヌアと呼ばれるようになった[14]
ホオケナ
ホオケナは中国人移民たちによって発展を遂げた小さな村[15]
ミロリイ英語版
「細いより紐」を意味するミロリイは漁網の作成で生計を立てる職人たちが集う村である[16]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]