宇垣美里

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
うがき みさと
宇垣 美里
プロフィール
愛称 うがみさ、ウガッキー、宇垣総裁
出身地 日本の旗 日本 兵庫県神戸市[1]
生年月日 (1991-04-16) 1991年4月16日(28歳)
血液型 O型[2]
最終学歴 同志社大学政策学部
所属事務所 オスカープロモーション[1]
職歴TBSテレビアナウンサー
活動期間 2014年 -
ジャンル 情報バラエティ番組
公式サイト プロフィール
担当番組・活動
出演中アフター6ジャンクション
出演経歴スーパーサッカーJ+
あさチャン!
炎の体育会TV
ほか
備考
活動期間はアナウンサーとしてのもの。

宇垣 美里(うがき みさと、1991年4月16日 - )は、フリーアナウンサータレントである。元TBSテレビアナウンサー

来歴[編集]

兵庫県神戸市出身、一歳年下の妹がいる[3]。身長162cm[4]

神戸市立歌敷山中学校兵庫県立長田高等学校を経て、同志社大学政策学部に進学[3]。中学時代は生徒会長をしており、同志社大学在学中は国際政治学について学ぶ[5]2011年にはミスキャンパス同志社に出場してグランプリを獲得した[6]

2014年4月にTBSテレビに入社し、研修期間に入る[注 1]。この間、7月19日から8月31日まで行われた『夏サカス2014デリシャカス〜番組グルメでおもてなし〜』では、同期入社の皆川玲奈品田亮太とともに「デリシャカス食べ歩き隊」としてイベントのPRを行った[7]

2014年9月29日から、古谷有美の後任として『BLITZ POWER PUSH』(TBSラジオ)の担当を皮切りに、テレビ・ラジオの各番組への出演を始める。テレビでは後述のバラエティ番組に多く出演した他、朝の情報番組『あさチャン!』のニュースコーナーも担当していた。

2019年2月5日、自身がレギュラーを務めている番組『アフター6ジャンクション』のOPにて、3月末でTBSテレビを退社し、フリーアナウンサーとして活動していく事を発表した[8][9]。これに伴い、2012年以降に在籍している1990年代生まれのTBSテレビアナウンサーとしては宇垣が最初の退局者となった[注 2]

3月31日をもってTBSテレビを退社。当日はレギュラー出演していた『サンデージャポン』にMCとして出演[注 3]。これが局アナとしての最後の仕事となった。翌4月1日よりオスカープロモーションに所属することを発表した[1]

人物・エピソード[編集]

現在の出演番組[編集]

テレビ
なし
ラジオ
(◎はTBSテレビ在籍時から継続)

過去の出演番組など[編集]

2019年3月以前はTBSテレビアナウンサーとして出演。

テレビ[編集]

レギュラー・準レギュラー[編集]

  • はやチャン!(2014年10月6日 - 2015年3月25日)
    • 2014年9月11日・12日にも尾崎朋美の休暇による代役として、お天気キャスターを務めた。
  • Nスタ第0・1部(ニュースワイド)(2014年10月9日 - 2015年3月) - 毎週木・金曜日「日刊中吊りニュース」、「N天」担当
  • カクガリ君!〜確率をガリ勉して幸せになろう〜(2015年7月20日 - 9月28日) - 進行
  • スーパーサッカーJ+(2015年4月4日未明 - 2017年4月1日未明)
    • BS-TBS版は2015年4月3日 - 2017年3月24日、地上波よりも先行放送
  • 炎の体育会TV(2015年4月11日 - 2016年頃から不定期出演になりフェイドアウト)
  • あさチャン![2][17](2014年10月6日 - 2018年3月30日)
    • 2014年9月11日・12日にも尾崎朋美の休暇による代役として、お天気キャスターを務めた。
  • ひるおび!(火曜レギュラー、2018年4月3日-2019年3月26日)
  • パパパパラビ!(2018年4月7日 - 2019年2月1日 、テレビ東京、TBSテレビで不定期往復放送)
  • サンデージャポン(2018年8月 - 2019年3月までリポーター、2019年3月31日はMC[注 3]
  • バイタルTV「ガード下☆ワンダーランド」BS-TBS

単発出演など[編集]

テレビドラマ[編集]

ネット配信[編集]

ラジオ[編集]

CM[編集]

執筆[編集]

コラム連載[編集]

  • 宇垣美里の人生はロックだ!!(集英社「週刊プレイボーイ」2017年3月6日号 - )
  • 宇垣美里の沼落ちシネマ(扶桑社「週刊SPA!」2019年9月17日・24日合併号 - )月1回連載

著作[編集]

TBS入社前の活動[編集]

  • MissCam.TV(サンテレビジョン、2012年1月 - 3月)
    • 宇垣はリポーターを務め、共演者の中には同志社大学政策学部の先輩、現秋田朝日放送のフィールドキャスター阿部まみがいた[24]
  • 宅都グループ テレビコマーシャル2012年版「縁起のいい町どこですか」(宅都ホールディングス)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ アナウンス部同期は、皆川玲奈品田亮太笹川友里
  2. ^ この5か月後の2019年9月には宇垣の2年先輩であった林みなほ(1990年1月生まれ)もTBSテレビを正式に退社した[10]
  3. ^ a b 爆笑問題太田光がけがで欠席したため、急遽MCを担当することになった。
  4. ^ S☆1』休止時の代替番組
  5. ^ 上記プレイボーイのコラムの抜粋に撮り下ろしのグラビアを収録したフォトエッセイ集。

出典[編集]

  1. ^ a b c “TBS退社の宇垣美里、4月からオスカープロモーション所属に”. ORICON NEWS (オリコン). (2019年4月1日). https://www.oricon.co.jp/news/2132670/full/ 2019年9月20日閲覧。 
  2. ^ a b “TBS初! 新人アナウンサー3人全員がレギュラーデビュー”. スポーツニッポン. (2014年10月3日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/10/03/kiji/K20141003009037990.html 2019年9月20日閲覧。 
  3. ^ a b 公式プロフィール”. TBSテレビ. 2016年12月6日閲覧。
  4. ^ 宇垣美里 - オスカープロモーション
  5. ^ 宇垣 美里さん(12年5月号掲載)”. ガクシン(京都学生新聞). 2014年4月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年9月27日閲覧。
  6. ^ グランプリ受賞!!”. ミスキャンパス同志社大学2011 候補者 – 宇垣美里. MissCampus Japan (2011年11月29日). 2019年5月6日閲覧。
  7. ^ “枡田絵理奈アナ、「夏サカス街コン」に「社員も参加していいの?」”. 映画.com ニュース. (2014年6月11日). http://eiga.com/news/20140611/9/ 2014年9月27日閲覧。 
  8. ^ “TBS宇垣アナ「宇垣辞めまーす」3月での退社報告”. 日刊スポーツ. (2019年2月5日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201902050000884.html 2019年2月5日閲覧。 
  9. ^ 宇垣アナ、ラジオで退社発表。何を語った?”. TBSラジオ (2019年2月5日). 2019年2月5日閲覧。
  10. ^ hayashiminaho (2019年9月11日). “この度、約7年半お世話になったTBSを退社し、フリーランスの道へ進む決断を致しました。”. 林みなほ. Instagram. 2019年9月20日閲覧。
  11. ^ 宇垣美里アナがリミッター外して愛するアニメ「コードギアス」を語りつくすラジオ TBSラジオ、2018年5月22日、2018年8月13日閲覧
  12. ^ “宇垣美里アナ、まどかコスプレ披露!「可愛すぎ」「天使」と話題”. マイナビニュース. (2018年8月12日). https://news.mynavi.jp/article/20180812-677474/ 2018年8月13日閲覧。 
  13. ^ “3年ぶりの「TBSアニメフェスタ」メインビジュアルに赤根和樹オリジナル作品”. マイナビニュース. (2018年6月3日). https://natalie.mu/comic/news/285048 2018年8月13日閲覧。 
  14. ^ “TBS・宇垣美里アナがプライベート感満載のグラビアを披露! 童心の表情に返り、ビーチサイドを裸足で…”. 週プレNEWS (集英社). (2018年5月29日). https://wpb.shueisha.co.jp/news/entertainment/2018/05/29/105371 2018年7月5日閲覧。 
  15. ^ “宇垣美里アナ:「ヤンジャン」表紙に初登場 アイドル顔負け”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2018年7月5日). https://mantan-web.jp/article/20180704dog00m200034000c.html 2018年7月5日閲覧。 
  16. ^ “宇垣美里アナはなぜバッシングされても「自分を貫く」ことができるのか?”. wezzy (株式会社サイゾー). (2018年12月6日). https://wezz-y.com/archives/61719 2019年3月5日閲覧。 
  17. ^ 2014年10月3日 新人研修日誌2014「皆が輪となり 歌咲き乱れ 長いショウ」同月4日閲覧。
  18. ^ “TBS・宇垣美里アナが本格女優デビュー!「出演者とやりとりのある役は初挑戦」”. 株式会社 産経デジタル. (2016年10月26日). http://www.sankei.com/entertainments/news/161026/ent1610260003-n1.html 2016年10月26日閲覧。 
  19. ^ SPECサーガ完結篇『SICK'S 恕乃抄』、TBSテレビ、2017年12月26日閲覧。
  20. ^ 9月3日(日)朝6時~ 宇垣美里アナがピンチヒッター!▼小説家・朝井リョウさんとの注目対談!▼メッセージテーマ「私の知っている京都・神戸!」▼映画は『ワンダー・ウーマン』」
  21. ^ 4月22日(日)よい夫婦の日は「プレシャスサンデー」でプレシャスな朝を!▼デュエット&コラボソング リクエストSP!!▼グルメ「カタログギフト」が当たる!
  22. ^ “鷲見玲奈アナ:インパクト抜群の衣装で宇垣美里アナとキレキレダンス生披露 - 毎日新聞” (日本語). 毎日新聞. https://mainichi.jp/articles/20180327/dyo/00m/200/011000c 2018年4月10日閲覧。 
  23. ^ “宇垣美里:フリー後初CMでダンス&歌唱披露 教師、白衣、民族衣装…可愛すぎるコスプレ七変化も”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2019年6月28日). https://mantan-web.jp/article/20190627dog00m200081000c.html 2019年6月28日閲覧。 
  24. ^ MissCam.TV公式ホームページ。2014年10月4日閲覧。

外部リンク[編集]