坂上忍の勝たせてあげたいTV

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
坂上忍の勝たせてあげたいTV
ジャンル スポーツ番組
出演者 坂上忍
宇垣美里
武井壮
中野浩一
筒井大輔
製作
制作 日本テレビ
放送
音声形式ステレオ放送
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間2014年6月15日 -
放送時間不定期、主に午後4時台
テンプレートを表示

坂上忍の勝たせてあげたいTV(さかがみしのぶのかたせてあげたいてぃーびー)は、日本テレビ系列で放送されている公営競技 競輪の放送番組で、坂上忍冠番組でもある。KEIRIN(JKA)の一社提供番組。

ここでは、日本テレビ系列の競輪中継全般を網羅していく。

概要[編集]

KEIRINをスポンサーに迎え、KEIRINグランプリと、いわゆる「特別競輪」とも呼ばれるGI競走のうち一部(対象のレースは以下を参照)の決勝戦の模様を生中継で放送している。

KEIRINグランプリや特別競輪決勝戦の中継は、1990年代までは主にテレビ東京系列にて行われてきたが、日本テレビ系列においては2006年の第22回読売新聞社杯全日本選抜競輪から本格的に競輪中継を開始した。

2013年までは原則全日本選抜競輪とKEIRINグランプリ以外は放送されていなかったが、現在のタイトルとなった2014年以降はその他のGI競走も中継するようになっている(但し毎年放送される前述の2大会とは違い、年度により放送の有無あり)。

当初は日本テレビアナウンサーが司会進行を担当していたが、2011年からはタレントをメインに起用してバラエティ色を強めており、同年8月の第27回読売新聞社杯全日本選抜競輪から2014年2月の第29回読売新聞社杯全日本選抜競輪にかけてはブラックマヨネーズを司会に起用して『ブラマヨ自転車部』の番組タイトルで放送され、同年6月の第65回高松宮記念杯競輪からは俳優の坂上忍を司会に起用し、現在の番組タイトルで放送されている。

番組のフォーマットは、前半ではゲストとのトークや現役の競輪選手にスポットを当てその選手に密着するドキュメントを放映し、概ね16:30過ぎからとなる後半にてレースの生中継と優勝者インタビューを行っている[1][2]。そのため、決勝戦メンバーによる前日記者会見の模様やレース展望、オッズの放映といった直前情報は放送されていない(発走直前の検車場での選手の様子を映す程度)。但し、以下にある通り、稀に放送スケジュールの関係で先に決勝戦の生中継と優勝者インタビューを行い、後半でドキュメントを放映することもある。

このほか、レース中継とは別に、年に数回は「第2の人生SP」や「○○直前SP」として特番が放送される。この特番は原則として関東ローカルだが、土曜ロータリーで放送される場合のみ全国ネット[注 1]で放送される場合があった[3]。なお、土曜ロータリーが2021年3月27日をもって終了したため、当年は7月10日16:00より放送された。また、2022年は7月24日16:00より放送された[注 2]

中継するレースの一覧[編集]

現在[編集]

過去[編集]

オールスター競輪については、2021年よりナイター開催に移行したため同年以降は当番組では放送を取り止めた。代わりに、2012年まで中継を担当したテレビ東京が制作し、テレビ東京系列BSテレ東にて特番[注 10]として放送されている[注 11]。また、上記以外の寬仁親王牌・世界選手権記念トーナメント朝日新聞社杯競輪祭についても現在ではオールスター競輪と同じくテレビ東京系列で特番として放送されているが、日本テレビにおいては現在に至るまで中継されたことがない[注 12]

なお、現在のテレビ東京制作による決勝戦中継については番組名、司会者・出演者いずれも基本的に毎回代えてはいるが、こちらも原則としてKEIRIN(JKA)による一社提供で放送されている。

出演者[編集]

原則KEIRINグランプリを除いて、現地から担当する解説と実況を除き日本テレビのスタジオから放送している[注 13]。また、競輪場の開催中の取材も原則首都圏開催以外では行っていない。

司会者[編集]

進行[編集]

解説[編集]

基本的に中野浩一が務める。だが、中野はKEIRINグランプリではNHK BS1の中継に出演するため、同レースでは主にその他の元選手が務める(過去には、当日にあっせんのない現役選手が務めたこともあった)。

GI決勝戦
  • 中野浩一(競輪評論家、元競輪選手)
KEIRINグランプリ

ゲスト[編集]

番組開始当初は毎回様々なタレントが2〜3名ほど出演していたが、現状ではほぼ武井壮のみ。
武豊は、原則として中央競馬の開催のない年末のKEIRINグランプリのみ出演。但し、2014年の第57回オールスター競輪でも出演[注 14]

実況[編集]

ナレーション[編集]

過去の出演者[編集]

司会進行[編集]

実況[編集]

ナレーション[編集]

自転車の神様[編集]

新型コロナウイルス関連での対応[編集]

2020年5月以降は、COVID-19関連の対応をとって放送している。

放送時間[編集]

GI決勝戦

原則としてGI決勝戦は日曜日ないし当日が土曜日以外の祝日に行われる[注 15]ため、土曜日の放送実績はない。

  • 放送日が日曜日の場合
  • 放送日が月曜日 - 金曜日の場合
KEIRINグランプリ

原則として年末の12月30日に行われるため、番組編成の都合で日曜日・祝日とも上記のGIレース決勝戦当日とは編成が異なることもある。なお、KEIRINグランプリ2017では当日が土曜日であったため、当番組も初めて土曜日に放送された。

第2の人生劇的チェンジSP[編集]

レース中継を行わず、他の分野から競輪選手に転向した人物に焦点を当てたドキュメンタリー番組。

過去の放送内容は以下の通り。(放送時間は、別記のない限り土曜ロータリー枠)

その他の特番[編集]

  • 前人未踏のチャレンジSP(2022年12月29日 25:59 - 26:29)※日本テレビのみ放送
    出演選手:佐藤慎太郎[9]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 2020年は同枠で放送された場合でも、関東ローカルになる場合もあった。
  2. ^ 但し、札幌テレビのみプロ野球中継GO!GO!ファイターズ)を優先するため当日12:35から先行放送された。
  3. ^ 2014年は初日が平成26年豪雪の影響で中止順延となった影響で、当日は12R準決勝を放映。
  4. ^ 開催自体が中止となった2020年は、内容を変更して放送した。
  5. ^ 関東ローカルで、日本テレビでのみ放送。
  6. ^ BS日テレのみ放送[4]
  7. ^ 日本テレビとBS日テレのみ放送[4]
  8. ^ 1997年からNHK BS1で中継を開始した。NHKにおける中継幹事局は立川・京王閣・平塚開催時は東京、岸和田開催時は大阪、静岡開催時は静岡が担当する。
  9. ^ 2013年も中継予定だったが、当初の決勝戦当日が中止順延となったため、内容を変更して放送。
  10. ^ レギュラー番組とのコラボレーションという形で決勝戦発走直前までバラエティの体裁をとることもある。
  11. ^ 2022年は、BSテレ東のみで放送。
  12. ^ 但し系列局では、過去に他系列の中継をカバーする形で放送された事がある。
  13. ^ 2020年のみCOVID-19の影響でKEIRINグランプリも含めて日本テレビのスタジオから放送した。
  14. ^ 通常、敬老の日は中央競馬が開催されるが、2014年は中央競馬の開催がなかったため出演した。なお、KEIRINグランプリがテレビ東京系列で中継されていた時代にも多く出演している。
  15. ^ GIレースがグレード制を採用する前の「特別競輪」と呼称されていた時代は、決勝戦は主に火曜日に行われていた。
  16. ^ 2020年5月10日は、当初中継予定であったワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップが組まれていた関係で16:25 - 17:20に放送された。また、2021年以降の日本選手権競輪も同様の理由で同時刻で放送されている。
  17. ^ news every.第1部の枠を利用。
  18. ^ 札幌テレビのみ当日12:35から先行放送。

出典[編集]

外部リンク[編集]