伊藤のぞみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
伊藤 のぞみ
Nozomi Ito
Cycling (road) pictogram.svg
個人情報
本名 伊藤 のぞみ
いとう のぞみ
生年月日 (1987-08-24) 1987年8月24日(35歳)
国籍 日本の旗 日本
身長 159.5cm
体重 55.7kg
チーム情報
所属 日本競輪学校
期別 116期
分野 トラックレース
役割 選手
プロ所属チーム
2019年 -
日本競輪選手会北海道支部
グランツール最高成績
最終更新日
2021年3月13日

伊藤 のぞみ(いとう のぞみ、1987年8月24日 - )は、北海道函館市出身の女子競輪選手日本競輪選手会北海道支部所属、ホームバンクは函館競輪場日本競輪学校(当時。以下、競輪学校)第116期生。師匠は藪下昌也(52期)。

経歴[編集]

高校卒業後、看護師として働いていた。28歳のときにガールズケイリンを見て魅力を感じ、函館競輪場でガールズケイリン選手を育成するホワイトガールズプロジェクトに参加、競輪選手を目指すことになったという[1]

2018年1月12日、競輪学校第116回技能試験に合格[2]。在校競走成績は18位(5勝)[3]

2019年7月10日豊橋競輪場でデビューし5着。初勝利は同年12月22日豊橋競輪場で挙げた。

2021年に入り、健康診断で心電図に異常が見つかったため、病気療養により[4]8月以降はあっせん保留となり[5]出走は控え治療に専念した。

2022年1月に入りあっせん保留解除となったことで、1月19日からの前橋FIから復帰予定であった[6][7]が、開催当日に関係者のコロナウイルス陽性が判明したため自身の復帰戦であった6レース以降が中止、そのまま開催打ち切りとなり[8][9]、しかも欠場してから6か月以上が経過したため走行能力検査[10]を受検しなければならなくなり復帰が延びた。走行能力検査に合格し2月26日からの静岡FIIでようやくレース復帰したが、当開催も関係者のコロナウイルス陽性が判明したため最終日が中止・打ち切りとなった[11]

脚注[編集]

  1. ^ もっと知りたい 麗しのガールズ 伊藤のぞみ選手
  2. ^ 日本競輪学校女子第116回生徒入学試験合格者名簿 (PDF)
  3. ^ 競走成績戦法別一覧表総合 (PDF)
  4. ^ 伊藤のぞみ [@Non25411061] (2021年7月30日). "昨日のツイートでいろんな憶測が飛び交っていたため話そうかと思います。" (ツイート). Twitterより2021年11月20日閲覧
  5. ^ 広報KEIRIN 第161号(4ページ目参照) (PDF)”. JKA (2021年8月31日). 2021年11月20日閲覧。
  6. ^ 伊藤のぞみ [@Non25411061] (2022年1月14日). "昨年から身体の理由で斡旋保留により休養しておりましたが、今週から斡旋保留解除となりました。" (ツイート). Twitterより2022年1月17日閲覧
  7. ^ “伊藤のぞみ不整脈から半年ぶり復帰 練習量は十分 いきなり大駆けも/前橋”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2022年1月19日). https://www.nikkansports.com/public_race/news/202201190000179.html 2022年1月19日閲覧。 
  8. ^ 前橋競輪FIナイター(1日目6レースから・2日目・3日目)の開催中止について”. KEIRIN.JP (2022年1月19日). 2022年1月19日閲覧。
  9. ^ “関係者が新型コロナ陽性で6R以降が中止、打ち切りに/前橋”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2022年1月19日). https://www.nikkansports.com/public_race/news/202201190000478.html 2022年1月19日閲覧。 
  10. ^ 競輪選手は理由の如何を問わず6か月以上欠場を続けた場合、「走行能力検査」(1000mタイムトライアル)を受検しなければならず、規定タイム(非公表)をクリアしなければレースに復帰できないことになっている。
  11. ^ 【お知らせ】2月28日の静岡競輪3日目(最終日)は開催中止となりました”. KEIRIN.JP (2022年2月28日). 2022年2月28日閲覧。

外部リンク[編集]