第29回読売新聞社杯全日本選抜競輪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
第29回読売新聞社杯全日本選抜競輪
高松競輪場・GI
レース詳細
開催日 2014年2月9日 - 12日(1日ずつ順延)
レース結果
優勝  村上博幸 (京都府)
2位  松岡健介 (兵庫県)
3位  齋藤登志信 (宮城県)
2013
2015

第29回読売新聞社杯全日本選抜競輪は、2014年2月9日から12日[注 1]まで、高松競輪場で行われた。

中止・順延[編集]

大雪によるバンク凍結の影響により、2月8日(土)に開催予定だった初日の全競走が中止、翌9日に順延となった。なお、初日は2番車と3番車を全レース入れ替えて行われた[1]。これにより、一番売上が伸びる最終日が12日(水)の平日となった(11日は建国記念の日で祝日だった)。

全日本選抜競輪の中止順延は、今回が初めて。ビッグレースの中止順延は、台風による2013年「第56回オールスター」最終日以来。降雪によるビッグレースの中止順延は、1980年3月22日「第23回日本選手権」(GI・前橋)3日目、1986年3月23日「第39回日本選手権」(GI・平塚)3日目、2001年1月27日「第13回共同通信社杯」(GII・取手)3日目以来の、4度目[2]

順延に関わらず放送日の変更はなかったため、2月11日(火・祝)のテレビ中継「ブラマヨ自転車部!! 金超人&金美人☆ナマSP[PR 1][PR 2]」《日本テレビ系列全国ネット》は、決勝戦ではなく準決勝戦の最終レースを扱うこととなった。

決勝戦[編集]

競走成績[編集]

着順 車番 選手 登録地 着差 決まり手 上がり(秒) H/B 特記
1 7 村上博幸  京都府 差し 11.6
2 4 松岡健介  兵庫県 3車身 差し 12.0
3 6 齋藤登志信  宮城県 2車身 11.9
4 8 山賀雅仁  千葉県 1車身1/2 11.8
5 9 脇本雄太  福井県 6車身 13.1 HB
6 5 神山雄一郎  栃木県 落再入
7 3 浅井康太  三重県 落再入
8 1 平原康多  埼玉県 落再入
2 新田祐大  福島県 失格(押し上げ)

配当金額[編集]

枠番二連勝複式 4=5 670円
枠番二連勝単式 5-4 1970円
車番二連勝複式 4=7 890円
車番二連勝単式 7-4 2220円
三連勝複式 4=6=7 15030円
三連勝単式 7-4-6 52850円
ワイド 4=7 450円
6=7 2850円
4=6 2930円

レース概略[編集]

[PR 4] 脇本が、赤板過ぎから踏み上げて打鐘2コーナー過ぎから主導権。新田がイン粘りし、2センターで番手を奪取。一旦浮いた松岡を村上が3番手に迎え入れ、最終ホームでは一本棒に。

番手から出ていた新田と平原が4コーナーで絡み、平原、神山、浅井の3車が落車。村上が空いたインを強襲し、4年ぶりのGI制覇を果たした。

2位入線の新田は、平原を押し上げたことで失格となった。それにより、落車を避けた松岡が2着に、齋藤が3着に繰り上がった。

実況アナウンサー[編集]

高松競輪場では実況アナウンサーが固定されていないこともあり、今回のGIでは四国各地の競輪場の実況アナウンサーが交代で実況を行った。

その他の特記事項[編集]

  • 総売上金額の目標(桜又浩・場長)は100億円で[3]、結果は98億8664万4800円だった[4]。前述のように、初日の順延により、最終日が平日になった影響もあると思われる。
  • 今大会も近年の流れで大ギヤの選手が多く、4.00未満のギヤでレースに臨んだのは、補充出場選手も含めて、決勝に進んだ脇本雄太(4日間通してギヤ倍数3.92)のみ[PR 5]だった。
  • 決勝で落車(6着入線)した神山雄一郎は、前回大会の決勝でも5番車で落車[注 2]しており、2年連続で決勝戦の5番車で落車という結果になった。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 2月8日の開催が中止のため、1日ずつ順延
  2. ^ 落車後に再乗し、7着入線

出典[編集]

  1. ^ 高松競輪が中止順延 バンクが凍結 - デイリースポーツ2月8日付
  2. ^ 【全日本選抜】8日は降雪で中止順延、全レース車番入れ替え仕切り直し - スポーツ報知2月9日付
  3. ^ 「トップレーサーは筋肉がすごい」とPR - GI 全日本選抜競輪 - nikkansports.com 2014年2月3日
  4. ^ 「スポーツ報知」 2014年2月13日15面

一次資料または記事主題の関係者による情報源[編集]

外部リンク[編集]

読売新聞社杯全日本選抜競輪
前回 (2013年 第29回読売新聞社杯全日本選抜競輪
2014年
次回(2015年
第28回読売新聞社杯全日本選抜競輪 第30回読売新聞社杯全日本選抜競輪