KEIRINグランプリ2014

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
KEIRINグランプリ2014
岸和田競輪場・GP
レース詳細
開催日 2014年12月30日
レース結果
優勝  武田豊樹 (茨城県)
2位  村上博幸 (京都府)
3位  村上義弘 (京都府)
2013
2015

KEIRINグランプリ2014(けいりんぐらんぷり・にせんじゅうよん)は、2014年12月30日)に岸和田競輪場大阪府岸和田市)で行われた[1]KEIRINグランプリの30回目の開催。優勝賞金1億170万円。

出場選手[編集]

車番 選手名 登録地 出場要件事項
1 村上義弘  京都府 第67回日本選手権競輪名古屋競輪場) 優勝
2 武田豊樹  茨城県 第57回オールスター競輪前橋競輪場) 優勝
3 深谷知広  愛知県 第23回寛仁親王牌・世界選手権記念トーナメント弥彦競輪場) 優勝
4 浅井康太  三重県 取得賞金額 第4位
5 村上博幸  京都府 第29回読売新聞社杯全日本選抜競輪高松競輪場) 優勝
6 岩津裕介  岡山県 取得賞金額 第8位
7 平原康多  埼玉県 第56回朝日新聞社杯競輪祭小倉競輪場) 優勝
8 神山雄一郎  栃木県 取得賞金額 第6位
9 稲川翔  大阪府 第65回高松宮記念杯競輪宇都宮競輪場) 優勝
誘導員 前田拓也  大阪府

成績[編集]

  • 12月30日(火)[3]
着順 車番 選手 登録地 着差 決まり手 上がり(秒) H/B 特記
1 2 武田豊樹  茨城県 捲くり 11.9 B
2 5 村上博幸  京都府 4車身 差し 11.8
3 1 村上義弘  京都府 1/2車身 12.0
4 9 稲川翔  大阪府 1/2車輪 11.8
5 4 浅井康太  三重県 1車身1/2 12.1
6 8 神山雄一郎  栃木県 3車身 12.5
7 7 平原康多  埼玉県 大差 13.8 H
8 3 深谷知広  愛知県 大差 14.1
9 6 岩津裕介  岡山県 大差 落再入

配当金額[編集]

[4][5]

枠番二連勝複式 2=4 600円
枠番二連勝単式 2-4 1000円
車番二連勝複式 2=5 1990円
車番二連勝単式 2-5 2890円
三連勝複式 1=2=5 2970円
三連勝単式 2-5-1 19280円
ワイド 2=5 620円
1=2 450円
1=5 730円

レース概要[編集]

[6] 平原が先行態勢に入って最終ホームを通過。深谷の巻き返しは1コーナーの武田のブロックにて万事休す。村上義が武田後位の神山を内から掬いにかかると、ごちゃつきが発生して岩津が落車。必死で外併走を耐えた神山が3コーナーで弾かれた余波で、浅井も後退。

先行する平原のスピードが鈍り、武田がためらいなくバックから番手捲くりし、後続を引き離したままゴールイン、6度目の挑戦で悲願のグランプリ制覇を達成した(2009年にGI初優勝を果たした地で)。2着は、離れながらも武田を追った村上義の後ろから直線で伸びた村上博。3着は、審議がセーフとなった[7]村上義。

エピソード[編集]

KEIRINグランプリ1985年開始)が岸和田競輪場で開催されるのは、今回が初めて。西日本(厳密には首都圏以外)で開催されること自体も初で、従来は立川競輪場(東京)・京王閣競輪場(東京)・平塚競輪場(神奈川)の持ち回りだった。2013年4月17日に決定がJKAから発表された[8]

岸和田は過去、数度のグランプリ誘致活動を実施したものの、諸事情で却下されてきたという。野口聖市長(2期満了し出馬せず2013年12月に退任)による積極的に足を運ぶなどの熱意が、今回ついに実ったという報道もある[9]

3日間の総売上は125億7165万5900円(目標120億円)。GPレース単体の売上は54億6018万円(目標50億円)だった。有料入場者数は1万1911人で、岸和田で有料入場者数が1万人を超えたのは、2009年3月の日本選手権最終日(1万1671人)以来だった[10]

SS11問題」に関与した選手たちの出場が危ぶまれたが、6月に自粛期間の短縮が決定し、グランプリ出場が可能となった

地上波中継番組は「KEIRINグランプリ2014 坂上忍の勝たせてあげたいTV」《日本テレビ系列全国ネット》[11]。関東と関西では「直前SP」も深夜帯に放送された[12]

イメージアーティスト・イメージソング[編集]

  • 長渕剛走る」 - 4月24日に記者発表された[13]。開催PR用のテレビCMにも出演する他、当初は12月30日のレース当日にゲスト出演する予定[14]だったが、当年の紅白歌合戦の出演が決まったため、ガールズグランプリが開催される12月28日に変更。同日、第5レース終了後に行われた「KEIRINグランプリシリーズ開会式」のゲストとして招かれ、そこで「走る」を歌唱した。

脚注[編集]

  1. ^ 2014年 GP・GI・GII開催日程 - KEIRIN.JP
  2. ^ 『第30回KEIRINグランプリ2014【GP】』出場予定選手の決定について - KEIRIN.JP 11月24日付
  3. ^ レース競走結果 - KEIRIN.JP
  4. ^ レース経過・結果 - チャリロト.com
  5. ^ オッズ情報 - チャリロト.com
  6. ^ 『KEIRINグランプリ2014シリーズレポート』 最終日編 - KEIRIN.JP
  7. ^ 【山本ディレクターの自腹出張日記】 岸和田グランプリシリーズ 頂(てっぺん)を目指す強者たちの闘いを見た!(その⑥・最終回) - 和歌山けいりん夕暮れわかちゃんCLUB
  8. ^ 西日本初KEIRINグランプリ(GP)2014岸和田競輪で開催! - 岸ぶらからのお知らせ、2013年4月21日
  9. ^ 岸和田でグランプリ!来年末、首都圏外初 - nikkansports.com、2013年4月18日
  10. ^ 【岸和田・KEIRINグランプリ】3日間売り上げ125億円超え!(スポニチ・2014年12月31日)
  11. ^ 日本テレビ「KEIRINグランプリ2014 坂上忍の勝たせてあげたいTV」の放送について(KEIRIN.JP ニュース・2014年12月29日)
  12. ^ グランプリレーサーが地上波に登場!日本テレビ「坂上忍の勝たせてあげたいTV KEIRINグランプリ2014直前SP」の放送について(KEIRIN.JP ニュース・2014年12月25日)
  13. ^ 「KEIRINグランプリ2014岸和田」イメージアーティスト「長渕剛」に決定 - 岸和田競輪 お知らせ、2014年4月24日
  14. ^ 長渕剛、競輪イメージソング「走る」歌う!10年ぶりCM出演も - Yahoo!ニュース(サンケイスポーツ)、2014年4月25日(金)7時0分配信

外部リンク[編集]

特設サイトとして、2014年1月10日にオープン、約1年間にわたりPR・情報発信を継続して役目を終えた[1]
KEIRINグランプリ
前回 (2013年 KEIRINグランプリ2014
2014年
次回(2015年
KEIRINグランプリ2013 KEIRINグランプリ2015