稲川翔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

稲川 翔(いなかわ しょう、1985年2月20日 - )は競輪選手大阪府富田林市出身。日本競輪選手会大阪支部所属。日本競輪学校第90期卒業。師匠は北村尚勝(50期)。

戦績[編集]

4歳のときにBMXを始め、小学校時代は自転車ロードレースマウンテンバイクにも幅を広げる。さらに中学校時代よりトライアスロンでも活動を開始し、大阪府立大塚高等学校時代はトライアスロンと自転車競技の両方で活動を行っていた[1]。その後大阪経済大学に進学したが、同校に籍を置いたまま日本競輪学校に入学(後に大学を中退)。在校競走成績は第24位(9勝)で、卒業後の2005年7月8日に地元の岸和田競輪場でデビューし同日初勝利を挙げた。

2008年及び2009年には全日本プロ選手権自転車競技大会BMX種目で優勝しており、同大会同種目の初代優勝者となっている。

2013年は地元で開催された第64回高松宮記念杯競輪 の決勝で6着となり、オールスター競輪の決勝でも4着に入る。2014年には第65回高松宮記念杯競輪の決勝において、先行した脇本雄太の番手を守り通して優勝し、年末に地元の岸和田で開催されるKEIRINグランプリへの出場権を得た。高松宮記念優勝以前にGIIIである記念競輪を優勝しておらず、GIII以上の優勝はこれが初めてであった[2]

主な獲得タイトル[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]