宿口陽一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
宿口 陽一
Yōichi Yadoguchi
Cycling (road) pictogram.svg
個人情報
本名 宿口 陽一
やどぐち よういち
生年月日 (1984-04-03) 1984年4月3日(38歳)
国籍 日本の旗 日本
身長 168.6cm
体重 72.2kg
縁故選手 兄:宿口潤平(91期)
チーム情報
所属 日本競輪選手会埼玉支部
期別 91期
分野 競輪
役割 選手
特徴 自在
アマ所属チーム
2002年頃
埼玉県立川越工業高等学校
プロ所属チーム
2006-
日本競輪選手会埼玉支部
グランツール最高成績
主要レース勝利
高松宮記念杯 2021
最終更新日
2021年6月21日

宿口 陽一(やどぐち よういち、1984年4月3日 - )は、埼玉県ふじみ野市出身[1]競輪選手日本競輪学校(現・日本競輪選手養成所)第91期生。師匠は野村昌弘(埼玉・84期)。

来歴[編集]

埼玉県立川越工業高等学校時代の2002年(平成14年)には、8月の全国高等学校総合体育大会チームスプリントで第2位、11月の国民体育大会1kmT.Tで第6位となる。同校の2歳上の先輩には平原康多(埼玉・87期)がおり[3]、デビュー後も一緒に練習をするなど指導を受けてきた[4]

2005年5月、日本競輪学校に兄・潤平とともに第91期生として入学し[5]2006年4月に卒業した。競輪学校時代の在校競走成績は57位(4勝)[6]

2006年7月7日、小田原競輪場でデビューし1着[7]

2021年6月20日第72回高松宮記念杯競輪岸和田競輪場)にて、GI決勝戦初進出で初優勝を果たした[4]。なお、この時点ではGIII(主に開設記念)の優勝経験もなく、GII以上のグレードレース制覇も今回が初めてであった。GI決勝戦初進出かつ初優勝は、2007年第50回オールスター競輪を制覇した飯嶋則之以来であった(平成以降では6人目)。同年10月17日前橋ナイターGIIIでGIII初優勝[8]

人物[編集]

主な獲得タイトル[編集]

参考文献[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 宿口陽一 同県エース平原康多に贈るG1初決勝V/岸和田G1 - 日刊スポーツ、2021年6月21日(2021年6月22日閲覧)
  2. ^ 【西武園競輪】平原大先生に自転車を見てもらった宿口潤平 - netkeirin、2021年4月30日
  3. ^ なお、陽一の兄である宿口潤平(埼玉・91期)は、平原と川越工業高等学校で同学年だった[2]
  4. ^ a b 【岸和田競輪・GI高松宮記念杯】宿口陽一GI初制覇!! 平原康多「静岡にはスーツ着て応援行く!」 - 東京スポーツ、2021年6月20日
  5. ^ 日本競輪学校第91回生徒の入学式が行われました”. KEIRIN.jp (2005年5月11日). 2021年6月24日閲覧。
  6. ^ 競走成績戦法別一覧表(第91回生) 総合”. KEIRIN.jp. 2021年6月24日閲覧。
  7. ^ 第91期 デビュー戦成績一覧”. KEIRIN.jp. 2021年6月24日閲覧。
  8. ^ “G1ウイナーの貫禄!宿口陽一が初のG3制覇 ガールズは久米詩V/前橋”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2021年10月17日). https://www.nikkansports.com/public_race/news/202110170001233.html 2021年10月18日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]