渋谷小夜子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

渋谷 小夜子(しぶや さよこ、1933年7月11日[1] - )は、元女子競輪選手。選手登録地は神奈川県日本競輪学校が設立する前に選手登録された期前選手で、選手登録番号は144(女子)[1]

下記の特別競輪獲得歴を示すとおり、女子競輪の黎明期において圧倒的な強さを誇り、田中和子が台頭するまでの間、「女王」の名をほしいままにした。

1953年4月20日、登録消除[1]

獲得タイトル[編集]

1950年
第1回高松宮妃賜杯競輪大津びわこ競輪場。以下同場開催につき省略)…当時16歳
1951年
第2回高松宮妃賜杯競輪
第1回全国都道府県対抗争覇競輪大宮競輪場
第5回全国争覇競輪大阪中央競輪場
1952年
第2回全国都道府県対抗争覇競輪(高松競輪場
第3回高松宮妃賜杯競輪
第3回全国都道府県対抗争覇競輪(福岡競輪場

脚注[編集]

  1. ^ a b c 競輪三十年史p.270 - 日本自転車振興会、1978年11月20日発行

外部リンク[編集]