第68回日本選手権競輪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
第68回日本選手権競輪
京王閣競輪場・GI
レース詳細
開催日 2015年3月17日 - 3月22日
レース結果
優勝  新田祐大 (福島県)
2位  平原康多 (埼玉県)
3位  浅井康太 (三重県)
2014
2016/3

第68回日本選手権競輪(だい68かい にほんせんしゅけんけいりん)は、2015年3月17日から3月22日まで、京王閣競輪場で開催された。優勝賞金6510万円(副賞含む)[1][2]

決勝戦[編集]

成績[編集]

着順 車番 選手 登録地 着差 決まり手 上がり(秒) H/B 特記
1 3 新田祐大  福島県 捲くり 11.7
2 9 平原康多  埼玉県 微差 差し 11.8
3 5 浅井康太  三重県 タイヤ差 11.4
4 4 飯嶋則之  栃木県 1車輪 11.7
5 2 金子貴志  愛知県 タイヤ差 11.3
6 1 武田豊樹  茨城県 1/4車輪 12.0 B
7 6 大槻寛徳  宮城県 3車身 11.9
8 7 井上昌己  長崎県 3車身 12.5
9 8 原田研太朗  徳島県 大差 14.8 H

配当金額[編集]

枠番二連勝 複式 3=6 560円
単式 3-6 1,090円
車番二連勝 複式 3=9 580円
単式 3-9 1,220円
三連勝 複式 3=5=9 1,150円
単式 3-9-5 4,600円
ワイド 3=9 280円
3=5 580円
5=9 280円

レース概要[編集]

[4] 赤板の2コーナーからの原田の主導権で、隊列は一本棒となった。最終1センターから武田が捲って、井上のブロックと番手発進を耐え抜く。最終バック前から新田が仕掛けて平原のけん制を受ける。直線で再度踏み直した新田、平原、大外強襲した浅井でゴール前は大接戦に。

写真判定の結果、新田の4日制以上GI初制覇となった。

特記事項[編集]

  • シリーズタイトル(大会キャッチフレーズ)は「白黒つけてやる。」で、ポスターなどに書かれた。
  • 決勝戦の地上波中継はテレビ東京TXN系列6局ネット》[5]
    ただし、SBSRKKでは決勝戦のみCS放送の同時ネットを行った[6]
  • 日本選手権競輪は、京王閣では今回が初開催。目標は140億円で、6日間の総売上は129億8173万2000円(前年比95%)となった[7]
  • 史上初のダービー3連覇に挑んだ村上義弘は二次予選で[8][9]グランドスラムがかかった山崎芳仁は準決勝で[10]、それぞれ敗退した。
  • この年2月上旬、鈴木誠が練習中の落車で左手首を複雑骨折し、今大会を欠場。史上1位の大会連続出場記録は26回で途絶えた[11]。他には、稲川翔高木隆弘が負傷欠場し、兵藤一也前田拓也佐藤慎太郎が繰り上がり出場した[12]

脚注・参考文献[編集]

  1. ^ 【競輪】第68代ダービー王は新田祐大 - デイリースポーツ、2015年3月22日
  2. ^ 去年までは6000万円(副賞含む)だった。 [1]
  3. ^ レース成績 - KEIRIN.JP
  4. ^ 『第68回日本選手権競輪(GI)レポート』 最終日編 - KEIRIN.JP
  5. ^ テレビ放送予定
  6. ^ テレビ・ネット中継 - 特設サイト
  7. ^ 【京王閣ダービー】総売上129億万円、目標の140億円には届かず - スポニチ、2015年3月23日
  8. ^ 村上義弘、3連覇の夢散る/京王閣 - 日刊スポーツ、2015年3月19日
  9. ^ 村上義弘、熱い走りは健在/京王閣 - 日刊スポーツ、2015年3月21日
  10. ^ 新田祐大が山崎芳仁の夢を継承/京王閣 - 日刊スポーツ、2015年3月22日
  11. ^ 【競輪】鈴木誠、連続出場記録途絶える - デイリースポーツ
  12. ^ 第68回日本選手権競輪【GI】(京王閣)選手変更の状況について - KEIRIN.JP 配信日:2015年3月16日

外部リンク[編集]

日本選手権競輪
前回 (2014年 第68回日本選手権競輪
2015年
次回(2016年3月)
第67回日本選手権競輪 第69回日本選手権競輪