第66回日本選手権競輪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
第66回日本選手権競輪
立川競輪場・GI
レース詳細
開催日 2013年3月19日 - 3月24日
レース結果
優勝  村上義弘 (京都府)
2位  深谷知広 (愛知県)
3位  山崎芳仁 (福島県)
2012
2014

第66回日本選手権競輪(だい66かい にほんせんしゅけんけいりん)は、2013年3月19日から3月24日まで、立川競輪場で開催された。優勝賞金6000万円。

決勝戦[編集]

成績[編集]

着順 車番 選手 登録地 着差 決まり手 上がり(秒) H/B 特記
1 1 村上義弘  京都府 差し 11.9
2 9 深谷知広  愛知県 3/4車輪 捲くり 11.6
3 7 山崎芳仁  福島県 1車輪 11.9
4 2 武田豊樹  茨城県 1/2車身 12.2 B
5 3 成田和也  福島県 3/4車輪 11.9
6 4 佐藤慎太郎  福島県 1車身1/2 11.8
7 8 菊地圭尚  北海道 大差 15.0
8 6 牛山貴広  茨城県 大差
9 5 佐藤友和  岩手県 3車身 H

配当金額[編集]

枠番二連勝複式 1=6 870円
枠番二連勝単式 1-6 2630円
車番二連勝複式 1=9 800円
車番二連勝単式 1-9 2730円
三連勝複式 1=7=9 2210円
三連勝単式 1-9-7 17890円
ワイド 1=9 480円
1=7 740円
7=9 340円

レース概要[編集]

[2] 前受けの深谷知広に村上義弘、佐藤友和-菊地圭尚-山崎芳仁-成田和也-佐藤慎太郎、牛山貴広-武田豊樹の並び。青板で牛山-武田が仕掛けて佐藤友が反撃。山崎が離れ菊地後位に牛山-武田がはまる。牛山は打鐘すぎに菊地のけん制で後退。逃げる佐藤友-菊地後位は武田-村上、山崎-成田。最終2角から菊地が番手まくり。武田はその上をまくったが、村上が直線で抜け出して2年ぶり2度目のダービー制覇。後方からまくった深谷だったがわずかに及ばず2着となり、ダービー完全優勝にはあと一歩届かなかった。また、3着に入った山崎のグランドスラム達成は来年以降へ持ち越しとなった。優勝候補の浅井は準決勝9着に敗れた。

なお、村上は有坂直樹以来となる、グランプリ制覇翌年のダービー制覇を達成した。

参考文献[編集]

  1. ^ レース成績 - KEIRIN.JP
  2. ^ 日本選手権・決勝リプレー/立川 - 日刊スポーツ2013年3月25日付

外部リンク[編集]

日本選手権競輪
前回 (2012年 第66回日本選手権競輪
2013年
次回(2014年
第65回日本選手権競輪 第67回日本選手権競輪