後藤欣一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

後藤 欣一(ごとう きんいち、1930年4月21日 - 1980年1月1日)は、日本の元競輪選手日本競輪選手会大阪支部に在籍していた。日本競輪学校創設以前に選手登録された期前選手で選手登録番号171。

1949年6月、大阪住之江競輪場で行われた第1回全国争覇競輪(現 日本選手権競輪)の実用車部門で優勝。また競走車部門では、甲、乙両規格とも、優勝した大阪の横田隆雄に次いで2位に入った。1949年10月、川崎競輪場で行われた第2回全国争覇競輪・実用車部門優勝。

その後も選手として活躍したが、現役登録のまま1980年肝硬変のため49歳で死去した。選手登録削除日は同年1月2日

参考資料[編集]

外部リンク[編集]