宮本義春

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

宮本 義春(みやもと よしはる、1931年3月26日 - )は、元競輪選手日本競輪選手会熊本支部に在籍していた。競輪学校が誕生する前に選手登録された期前選手。選手登録番号は601。

ギシュンというニックネームを持ち、競輪黎明期のトップスターとして君臨。

1950年5月9日名古屋競輪場で行われた第3回全国争覇競輪(現 日本選手権競輪)競走車部門決勝で優勝。

1952年11月3日に行われた第7回の同大会同部門(後楽園競輪場)決勝も制覇した。

1985年1月28日選手登録削除。通算勝利数732。

2018年2月1日付で、日本名輪会入りした[1]

脚注[編集]

  1. ^ 競輪・名輪会に新規会員 - 西日本スポーツ、2018年2月1日

関連項目[編集]