濱口高彰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
本来の表記は「濵口高彰」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。

濱口 高彰(はまぐち たかあき、1968年2月26日 - )は日本競輪選手愛知県名古屋市出身(出生は三重県)。日本競輪学校第59期生。日本競輪選手会岐阜支部所属。ホームバンクは岐阜競輪場。初出走は1987年5月2日福井競輪場(8着)。初勝利は同月25日の熊本競輪場

ニックネームは「ハマちゃん」・「中部の総帥」。

戦績[編集]

自転車競技を行うために岐阜県立岐南工業高等学校へ入学し、卒業後は日本競輪学校へ入学。デビュー後は順調にトップクラスへ駆け上がり、特別競輪の決勝に勝ち上がるなど徐々に知名度を上げていった。

やがて1997年の第50回日本選手権競輪の決勝で、逃げる山田裕仁の番手から抜け出して特別初優勝を果たし、この時の優勝インタビューにおいて「この優勝を期に、特別競輪の優勝は中部でたらいまわしにします。」と豪語したことが話題となったが、その後の中部勢の活躍のきっかけとなったことを見る限り、実に的を射た言葉となった。

2001年11月には第17回読売新聞社杯全日本選抜競輪の決勝において、内から突っ込んできた小川圭二とゴール前で際どい勝負となったが、写真判定の末に微差で小川を下して二度目のGI制覇[1]。ただしこのレースでは、同県の山田裕仁(すでに賞金獲得額で年末のKEIRINグランプリ01出場を確定させていた)が、援護に終始し全力を出し切らず敗北したため「ファンに背く作戦」として山田と共に大きな非難を浴びた。

しかし2007年松戸競輪場で行われた第3回サマーナイトフェスティバル決勝で、同じ岐阜競輪場をホームバンクとする永井清史の逃げに乗ってゴール前差し、GIIとしては初の優勝を果たしてトップクラスとしての実力を改めて証明した。

主な獲得タイトル[編集]

競走スタイル[編集]

デビュー当初は自力戦法だったが、やがて追込に専念してから活躍するようになった。前を走る先行選手を確実に捉える差し脚と、その先行選手を2着に残す絶妙のセンスを持つ。混戦時には思わぬ位置から直線で伸びを見せることもある。

エピソード[編集]

  • 顔がよく似ていて、しかも飄々とした態度も似ており、苗字も一緒なことから(ニックネームも同じくハマちゃん)、笠松競馬場所属の濱口楠彦騎手と兄弟ではないかという人も中にはいるらしいが、血縁関係等は全くない。ただし共に三重県出身である。
  • 自宅には仕事の物やトロフィーなどは一切持ち込まないという、独特のスタイルを貫いている[2]
  • 1998年に競輪祭初出場。2012年に連続25回出場を達成(記録は26回でストップ)しているが、当時JKAの表彰規定は20回までで[3]、特に表彰対象とはならなかったという[4](なお、神山雄一郎は連続25回を達成した2017年大会にて表彰された)。

参考文献[編集]

  • 近畿自転車競技会『近自競会報』2007年8月号

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]