脇本雄太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
脇本 雄太
Yuta Wakimoto
Cycling (road) pictogram.svg
UCI Track World Championships 2018 326.jpg
Yuta Wakimoto (2018)
個人情報
本名 脇本 雄太
Yuta Wakimoto
生年月日 (1989-03-21) 1989年3月21日(29歳)
国籍 日本の旗 日本
身長 180.0cm
体重 72.4kg
チーム情報
所属 日本競輪選手会福井支部
期別 94期
分野 競輪&トラックレース
役割 選手
特徴 先行
プロ所属チーム
2008 -
日本競輪選手会福井支部
グランツール最高成績
主要レース勝利

平成17年度国体1kmT.T第1位
平成18年度国体1kmT.T第1位
2014年第34回アジア自転車競技選手権カザフスタン・アスタナ男子エリートケイリン優勝
オールスター競輪 2018

寛仁親王牌 2018
最終更新日
2018年9月22日

脇本 雄太(わきもと ゆうた、1989年3月21日 - )は競輪選手自転車競技選手。福井県福井市出身。日本競輪学校第94期卒業。日本競輪選手会福井支部所属。

戦績[編集]

5人きょうだい[1][2](兄・姉・弟2人)。福井県立科学技術高等学校在学中、2005年2006年国体・少年1kmタイムトライアルで優勝し、卒業後は日本競輪学校に実技試験免除で第94期生として入学。師匠は無し。在校成績11位で卒業し、2008年7月12日にホームバンクの福井競輪場でデビューし初勝利を挙げた。

2009年全日本自転車競技選手権大会境川自転車競技場)のチームスプリントで、強化チームの一員として、競輪学校同期の坂本貴史深谷知広とともに優勝に貢献。同年12月に行われたUCIトラックワールドカップ2009-2010のカリ大会・ケイリンでは5位に入った。

2010年GI初出場となった寛仁親王牌前橋競輪場)で決勝に進出。近畿3車で残りあと2周半付近より約2周近く逃げ、村上義弘の番手捲りからマークした同県の先輩である市田佳寿浩のGI初制覇に貢献した。また、同年のヤンググランプリ立川競輪場)にも出場したが9着となる。

2012年高松宮記念杯競輪函館競輪場)では決勝に進出し、残り1周半から積極的に駆け出し2着に粘りこんだ。その後も寛仁親王牌オールスター競輪で共に決勝7着となったが、年間獲得賞金争いではトップ9に届かず次点となってしまった。

2014年、第34回アジア自転車競技選手権大会・ケイリン(アスタナ) 優勝。第65回高松宮記念杯競輪宇都宮競輪場)では決勝は4着だった。

2016年、3月のトラック世界選手権ではケイリンで5位入賞。同年のリオデジャネイロオリンピック同種目の代表に選出された。

2017年12月、チリのサンティアゴで行われたティソUCIトラックサイクリングワールドカップ男子ケイリンで優勝した。

競輪ではGIレースで数多く決勝戦に進出するも、タイトルは中々獲れなかった。だが、2018年は5月の日本選手権競輪平塚競輪場)で3着、翌6月の高松宮記念杯競輪岸和田競輪場)では最後の直線で三谷竜生に交わされ2着とタイトル獲得まであと一歩と迫り、8月のオールスター競輪いわき平競輪場)では逃げ切って優勝し、遂に初のタイトル獲得を果たす。なお、GIレース決勝戦はこれが14度目であり、14度目の挑戦での戴冠はグレード制導入後最多であった[3]。さらに、10月の寛仁親王牌でGI連覇を果たした。準決勝では前橋競輪場のバンクレコードタイとなる8秒8も出した。

同年10月、フランスのパリで行われたティソUCIトラックサイクリングワールドカップ男子ケイリンで、自身大会通算2度目となる優勝をした。

現在は、競輪と自転車競技とで国内外を往復しており、競輪の出走は少ない。

主な獲得タイトル[編集]

競走スタイル[編集]

一度先頭に立って逃げると、後方から捲らせない程の絶妙なスピードを維持し、そのまま直線まで逃げ切りにかかる、競輪界では有数のロングスパート力を誇る。

エピソード[編集]

2012年名古屋競輪場で開催された共同通信社杯競輪の決勝において、脇本は残り2周半で先頭誘導員の後位に位置し、振り向いて後方の様子を確認し続けていたが、再び正面を向いた直後に誘導員へ追突し落車してしまい、さらに追突された誘導員も影響を受けて走路から退避せざるを得なくなった。競走は成立したものの脇本は誘導妨害で失格となってしまう。

この過失により脇本は名古屋競輪場から斡旋停止6ヶ月の処分を受けたため、改めてJKAによる全体処分も受けることになったが、JKAからは重罰の斡旋停止ではなく1ヶ月間「あっせんをしない処置」の処分が下された。しかし結果的にこの処分が賞金争いに影響を与えることになった。

脚注[編集]

外部リンク[編集]