山田裕仁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
山田 裕仁
Yūji Yamada
Cycling (road) pictogram.svg
個人情報
本名 山田 裕仁
やまだ ゆうじ
生年月日 (1968-06-18) 1968年6月18日(49歳)
国籍 日本の旗 日本
身長 183cm
体重 88kg
チーム情報
所属 日本競輪選手会岐阜支部
期別 61期
分野 競輪
役割 選手
特徴 自在
プロ所属チーム
1988-2014
日本競輪選手会岐阜支部
主要レース勝利
KEIRINグランプリ 1997、2002-2003
日本選手権競輪 2002-2003
競輪祭 2002-2003
全日本選抜競輪 1998
SSカップみのり 2009
ふるさとダービー 1回
S級S班 2010
最終更新日
2014年5月26日

山田 裕仁(やまだ ゆうじ、1968年6月18日 - )は日本の元競輪選手である。岐阜県大垣市出身。日本競輪学校第61期卒業。現役時は日本競輪選手会岐阜支部所属。師匠は中嶋直人。初出走は1988年5月3日京都向日町競輪場。初勝利は1988年9月8日奈良競輪場。血液型はA型。元SKE48チームEの山田澪花は娘(長女)[1]


戦績[編集]

小1の頃から競輪選手に憧れる。岐阜県立大垣商業高等学校在学中は陸上競技(八種競技[2][3])を行っていたが、それは意図したものだった[4]。目標どおり、競輪学校には適性試験で一発合格。卒業成績は85位だったが、選手になって以後メキメキと頭角を現し成長していった。そして中部地区を代表する先行選手として、記念競輪でも多く優勝するなどの活躍を見せた。

当時横綱と呼ばれた吉岡稔真(福岡・65期)、神山雄一郎(栃木・61期)と並ぶほどの逸材と言われたが、なぜか長い間特別競輪のタイトルには恵まれず、「無冠の帝王」とも呼ばた。

1994年3月28日の第47回日本選手権競輪(静岡)では、初日に吉岡稔真を捲りきり、S級連勝記録を18でストップさせた[5]。この大会では1着9着3着で、GI決勝に自身初進出もした(8着[6])。

KEIRINグランプリ'97制覇、2002-2003年の大活躍[編集]

しかし、獲得賞金額上位で出場した1997年KEIRINグランプリ'97で見事優勝した(歴代8人目)。この勝利で「無冠の帝王」を返上すると共に、特別競輪よりも上のランクのGPを一足早く取ってしまったことも話題となった。

その後は翌1998年全日本選抜競輪で遅れ馳せながら特別競輪優勝を果たし、名実ともに中部地区だけでなく、競輪界を代表する選手となった。

出場はならなかったが、2000年のシドニー五輪を目指し、最終選考会に出場。ナショナルチームのメンバーとして[7]2001年の「ワールドカップ第3戦」(イタリア)で銀メダルを獲得するなどの結果も出した[8]

特に史上初のGP2連覇を達成するなど、2002年から翌2003年にかけての活躍はまさに神懸かり的で、日本の競輪史上に「山田時代」を築いたといえる。KEIRINグランプリ03(抽選による6番車)を除き、GP優勝者特典で2003年1月から2004年11月までの約2年間を白の最内枠1番車固定で走った。

その後[編集]

その後は再びタイトルに恵まれない時期が続いたが、2007年4月、観音寺競輪場でのふるさとダービーを制し、3年4ヶ月ぶりのビッグレース制覇を果たした。2009年東西王座戦の西王座決定戦で2着となったほか特別競輪の決勝に2度進出するなどで年間の獲得賞金が上位になったことから、2010年は自身初のS級S班格付となった。さらにはS級S班格付となった初レースSSカップみのり09を小嶋敬二の番手から抜け出して優勝し、2003年以来約6年半ぶりのGI勝利で史上3人目の40代(41歳6ヶ月)GI優勝を果たした。自力のレースは減っていった(脚質は「両」)。

2012年、近年は思うような成績を残せていないことや、ホームバンクである大垣競輪場での同年のGIII記念競輪に斡旋されなかったことが引き金となり、選手生活からの幕引きの機会を計っていたという(この年の12月に同県の盟友・山口幸二が引退したが「(大垣から)ダブルでやめるのはまずい」ということから)[9]

引退[編集]

そして2014年のGI・第67回日本選手権競輪、地元・中部地区の名古屋競輪場で行われる大会を以ってラストランとする意嚮という情報が、開催直前のスポーツ紙で取り上げられた[10][11]

同大会4日目(3月21日)の1R・S級一般(2)を5着で終了後に記者会見を開いた[12]。選手生活を振り返り2003年に優勝した平塚ダービー(日本選手権競輪)を、「一番の完成作品」と評した[13]。準決勝3個レースは吉岡の先行逃げ切りに始まり、神山も先行で辛くも3着で突破、山田も先行し1着[14][15]。この準決勝戦を「一番の思い出」として挙げた[16]。結果的に、決勝戦でこの3人が乗り合わせるものとしては、最後のレースだった[17]

当初は、正式な引退手続きとなる選手手帳の返納はせずに[18]、6月に予定の日本競輪選手会岐阜支部長選挙への立候補を示唆した[19][20]

しかし4月28日に実施された岐阜支部の総会において役員選挙に落選し、これにより選手会を退会して正式に引退することとなる[21]。その後選手手帳の返納など選手登録消除の手続きを行い受理され、5月26日付で正式引退となった[16]。「やり尽くしたし、燃え尽きた」との言葉と共に、今の競輪界について「もっと各関係団体が話せる場、環境を整えないとダメだと思う」等を呼びかけた[22]

2016年時点で、競輪場の予想会などにも出ている[23]月刊競輪WEBにて「山田裕仁の競輪帝王学」という連載も持つ[24]

主な獲得タイトルと記録[編集]

競走スタイル[編集]

全盛期の捲りの強さは、横綱といわれた吉岡稔真、神山雄一郎にも匹敵するものがあった。「中部の指令塔」としての自負から、状況によっては仲間のために逃げることも厭わず、本命であっても過度に仲間を監護するあまりに自分を捨てて非難されたこともある。晩年は中部地区の若手が成長したことから追走主体の戦法をとることが多かった。

エピソード[編集]

  • 神山雄一郎とは競輪学校の同期生(61期)であったが、学校時の成績は競輪学校入学前から実績があった神山が圧倒し、選手としての成長も早かったためか、山田は常日頃より神山をライバル視し、「神山君だけには負けたくない」と口癖のように言っていた。
  • 趣味の一つに競馬があり、地方競馬を中心として、馬主としても有名である。元騎手安藤勝己とは中学校の先輩・後輩で、現在でも親交がある。また、プロレス観戦も趣味で、親友の山口幸二と頻繁に通う。さらに新日本プロレス蝶野正洋らとも親交があり、nWoジャパンに属していた時期もある。
  • 大垣市内で「わのわ」という和食店を経営している。
  • 2015年8月14日、京王閣競輪初日第11Rでシェーン・パーキンスが1着となり、山田がそれまで持っていたバンクレコードを更新した。これにより、山田が記録していたバンクレコードは全て塗り替えられた。[25]

脚注[編集]

  1. ^ プロ野球選手、Jリーガー、競輪選手、プロレスラー? AKB48ファミリーに増えるスポーツ選手の娘たち - 週プレNEWS(集英社) 2011年10月27日(2011年10月29日閲覧)
  2. ^ 【KEIRIN特観席】競輪界の帝王・山田裕仁 - 予想王TV@SANSPO.COM、2014年4月11日
  3. ^ 大地に人有り 第23回 兵庫
  4. ^ INTERVIEW -PERSONAL HISTORY- 1/2
  5. ^ 選手通算成績 吉岡稔真 - KEIRIN.JP
  6. ^ 選手通算成績 山田裕仁 - KEIRIN.JP
  7. ^ p.2 「ナショナルチーム」および「強化指定選手」の選考について - シクリスムエコーNo.95 2003年2月号
  8. ^ ダービー、競輪祭、GP連覇の山田裕仁が引退へ - スポーツ報知、2014年3月18日
  9. ^ 日刊スポーツ、2014年3月22日10面 山田裕「すっきり」ラストラン
  10. ^ 山田裕仁ダービーで引退 GP3勝の名手 - 日刊スポーツ、2014年3月17日付。
  11. ^ 山田裕仁、ラストランは5着/名古屋 - 日刊スポーツ、2014年3月22日付。
  12. ^ 【名古屋ダービー】“努力の男”山田、涙なしラストラン - スポニチ、2014年3月22日
  13. ^ 引退記者会見 - イー新聞競輪
  14. ^ レース競走結果 2003/03/22(5日目)第11レース - KEIRIN.JP
  15. ^ レース競走結果 2003/03/22(5日目)第11レース - 競輪ステーション
  16. ^ a b c 【競輪】“帝王”山田裕仁が正式に引退 - デイリースポーツ、2014年5月27日付。
  17. ^ 過去同時出走検索結果 - KEIRIN.JP(アーカイブ
  18. ^ 【競輪】SKE山田澪花の父ラストラン p.1 - デイリースポーツ、2014年3月22日付。
  19. ^ 【名古屋ダービー】山田裕がラストラン、支部長選立候補へ - スポーツ報知、2014年3月22日付。
  20. ^ 日本競輪選手会の役員は現役選手としての登録が必要であるため。
  21. ^ 山田裕仁が正式引退、岐阜支部長選挙落選 GP3勝 今後は「白紙」 - スポーツニッポン、2014年4月29日付。
  22. ^ 山田裕仁「燃え尽きた」引退を正式に申し出 GP3度制覇 - スポーツ報知、2014年5月27日付。
  23. ^ イベント KEIRINグランプリ2016
  24. ^ 特集 - 月刊競輪WEBP
  25. ^ http://keirin.jp/pc/dfw/portal/guest/news/?path=2015khn/08/news20150814_03.html

関連項目[編集]

外部リンク[編集]