第31回読売新聞社杯全日本選抜競輪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
第31回読売新聞社杯全日本選抜競輪
久留米競輪場・GI
レース詳細
開催日 2016年2月11日(木) - 14日(
レース結果
優勝  渡邉一成 (福島県)
2位  佐藤慎太郎 (福島県)
3位  新田祐大 (福島県)
2015
2017

第31回読売新聞社杯全日本選抜競輪は、2016年2月11日から14日まで、久留米競輪場で行われた。優勝賞金は2990万円(副賞含む)。

決勝戦[編集]

競走成績[編集]

着順 車番 選手 登録地 着差 決ま
り手
上がり
(秒)
H/B 特記
1 9 渡邉一成  福島県 差し 12.3
2 3 佐藤慎太郎  福島県 3車身 マーク 12.5
3 1 新田祐大  福島県 2車身 12.9 B
4 6 近藤隆司  千葉県 2車身 12.3
5 5 菊地圭尚  北海道 1車身 12.6
6 7 脇本雄太  福井県 大差 14.5 H
4 岩津裕介  岡山県 - - 落車棄権
8 村上博幸  京都府 - - 落車棄権
2 稲垣裕之  京都府 - - 失格(押し上げ)[2]

配当金額[編集]

枠番二連勝 複式 3=6 530円 (2)
単式 6-3 720円 (2)
車番二連勝 複式 3=9 500円 (2)
単式 9-3 750円 (2)
三連勝 複式 1=3=9 1,450円 (3)
単式 9-3-1 4,140円 (7)
ワイド 3=9 310円 (2)
1=9 490円 (5)
1=3 1,100円 (21)

レース概略[編集]

[3] 新田の巻き返しに対して、脇本の番手の稲垣がブロックすると、自ら転倒。村上と岩津が巻き込まれて計3人が落車。

新田がバックで脇本を抜き去り、その後ろの渡邉が差して初のG1制覇。佐藤が2着、新田も3着に残り、福島勢のワンツースリー。なお、稲垣は新田への押し上げで失格となった。

特記事項[編集]

  • 久留米競輪場でのG1開催は、1991年の全日本選抜競輪以来、25年ぶりとなった[4][5]。大会のキャッチコピーは久留米ラーメンにかけて、「めん食らえ!! 強者たちの激走」。
  • 地上波の決勝中継番組は「坂上忍の勝たせてあげたいTV 全日本選抜競輪GI」《日本テレビ系列全国ネット》[6][7][8]
  • 決勝メンバーのうち、S級S班は新田と稲垣の2名。今回がG1初決勝の選手は、4度目で初めて準決勝に進出して突破した近藤[9]
  • 渡邉一成は7度目となるG1決勝で、優勝を果たした[10]
  • 車券総売上額は、97億5211万6600円だった(目標額は105億円)[11]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

読売新聞社杯全日本選抜競輪
前回 (2015年 第31回読売新聞社杯全日本選抜競輪
2016年
次回(2017年
第30回読売新聞社杯全日本選抜競輪 第32回読売新聞社杯全日本選抜競輪