第54回朝日新聞社杯競輪祭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
第54回朝日新聞社杯競輪祭
小倉競輪場・GI
レース詳細
開催日 2012年11月29日 - 12月2日
レース結果
優勝  武田豊樹 (茨城県)
2位  長塚智広 (茨城県)
3位  飯嶋則之 (栃木県)
2011
2013

第53回朝日新聞社杯競輪祭は、2012年11月29日12月2日まで、小倉競輪場で行われた。

KEIRINグランプリ2012への道のり[編集]

当大会は、当年12月30日京王閣競輪場で行われる、KEIRINグランプリ2012の出場権をかけた最後の一戦となった。当大会開幕直前までに、同レースへの優先出場権を得た選手は以下の4名。

成田和也 第65回日本選手権競輪 優勝
武田豊樹 第63回高松宮記念杯競輪 優勝
佐藤友和 第21回寛仁親王牌・世界選手権記念トーナメント 優勝
山崎芳仁 第55回オールスター競輪 優勝

残る5名は、当大会の優勝者ないし、当年12月2日時点における獲得賞金上位者から選出されるが、以下の3名が獲得賞金上位者として出場を確定させていた(獲得賞金額順位は当年当大会開幕直前時点による)。

以上の前提に立ち、実質的に決勝戦が行われるまでに残った椅子は2名。そして残る2名の争いは、

の2名に加え、下記に記す決勝戦のメンバーということになった。この決勝戦で、既に優先出場権を獲得している成田と武田、賞金上位で出場が確定していた長塚以外の6名の内、決勝戦当日開催前時点では、神山雄一郎伏見俊昭以外の4名は、当大会で優勝しなければ出場権を得られず、神山と伏見は2着以内であれば出場できる可能性があった[1]。しかし決勝戦当日、岡田が5レースの選抜戦で勝利したため、伏見も優勝する以外、出場権を獲得できなくなった[2]

決勝戦[編集]

競走成績[編集]

着順 車番 選手 登録地 着差 決まり手 上がり(秒) H/B 特記
1 5 武田豊樹  茨城県 捲り 11.5
2 2 長塚智広  茨城県 3/4車身 マーク 11.4
3 9 飯嶋則之  栃木県 1車身 11.3
4 3 成田和也  福島県 1/2車輪 11.4
5 8 後閑信一  東京都 3車身 11.8
6 4 藤木裕  京都府 1/2車輪 12.0 HB
7 1 山口幸二  岐阜県 3/4車身 12.0
8 6 神山雄一郎  栃木県 1/2車輪 11.7
9 7 伏見俊昭  福島県 1/2車輪 11.6

配当金額[編集]

枠番二連勝複式 2=4 450円
枠番二連勝単式 4-2 960円
車番二連勝複式 2=5 460円
車番二連勝単式 5-2 930円
三連勝複式 2=5=9 3500円
三連勝単式 5-2-9 10420円
ワイド 2=5 280円
5=9 1250円
2=9 730円

レース概略[編集]

[4] 武田-長塚が2角から捲ると3番手だった神山が離れ、武田-長塚-成田-飯嶋となる。そのまま武田が押し切ってGI今季2勝目。武田を交わせなかった長塚は、競輪祭連覇を果たせず。

このレースの結果、グランプリの残る2名の椅子の座は、8位浅井康太と9位岡田征陽に決まった。[5]このうち岡田は初のグランプリ出場となる。

山口幸二が現役引退[編集]

当大会決勝戦で7着に終わり、当年のグランプリ出場を果たすことができなかった山口幸二が、決勝戦施行2日後となる当年12月4日、JKAで引退記者会見を行い、24年間の現役生活にピリオドを打った[6]

実況アナウンサー[編集]

今大会、ファン投票によって選ばれた実況アナウンサーは以下の通りである。

参考文献[編集]

  1. ^ 神山雄一郎2着ならグランプリ当確/小倉 - 日刊スポーツ 2012年12月2日付
  2. ^ 岡田征陽が勝利 伏見俊昭は苦境に/小倉 - 日刊スポーツ 2012年12月2日付
  3. ^ 2012/12/02(最終日)第11レースS級決勝 - KEIRIN.JP
  4. ^ 武田豊樹の格が違った/GP参考レース - 日刊スポーツ 2012年12月27日付
  5. ^ 岡田征陽が初出場!GP戦士9人が決定 - 日刊スポーツ 2012年12月3日付
  6. ^ 山口幸二が引退会見 今後も競輪界支える - 日刊スポーツ 2012年12月4日付

外部リンク[編集]

朝日新聞社杯競輪祭
前回 (2011年 第54回朝日新聞社杯競輪祭
2012年
次回(2013年
第53回朝日新聞社杯競輪祭 第55回朝日新聞社杯競輪祭