KEIRINグランプリ07

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

KEIRINグランプリ07(けいりん・ぐらんぷり・ぜろせぶん)は2007年12月30日立川競輪場(最終第12競走)で行われた、2007年のKEIRINグランプリ。優勝賞金1億円[1]

出場選手[編集]

車番 選手 出身 出場要件事項
1 小嶋敬二 石川 高松宮記念杯競輪寛仁親王牌優勝。
2 佐藤友和 岩手 取得賞金順位第7位。
3 伏見俊昭 福島 取得賞金順位第4位。
4 手島慶介 群馬 取得賞金順位第9位。
5 飯嶋則之 栃木 オールスター競輪優勝。
6 兵藤一也 群馬 取得賞金順位第6位。
7 有坂直樹 秋田 日本選手権競輪優勝。
8 渡邉晴智 静岡 取得賞金順位第8位。
9 山崎芳仁 福島 競輪祭全日本選抜競輪優勝。 

※取得賞金順位の算定期間は2007年1月1日 - 12月4日。

競走内容[編集]

青板通過(残り3周)時点での並びは、佐藤 - 有坂 / 小嶋 - 渡辺 / 手島 - 兵藤 / 山崎 - 伏見 - 飯島で、コマ切れ4分戦となった。

青板BS(残り2周半)で山崎以下3人が動き出し、小嶋の外側をフタをしながら赤板を通過(残り2周)。

打鐘(残り1周半)で佐藤が仕掛けると山崎も応戦、4角手前でスパート。佐藤は一旦引いて4番手に収まり、最終HS(残り1周)で山崎が逃げる展開となる。

佐藤の外側にいた小嶋が最終1角から捲りを打つが、後位の渡辺は踏み遅れて千切れる。小嶋は3角で逃げる山崎を捕らえて交わすも、伏見が上手く切り替え小嶋の後位に収まり、最後は二人のマッチレースとなった。

ゴール寸前で伏見が交わし優勝、2着に小嶋、3着に飯島が入線。

競走結果[編集]

着順 選手 着差 決まり手
1 伏見俊昭 差し
2 小嶋敬二 3/4車輪 捲くり
3 飯嶋則之 1/2車身
4 渡邉晴智 3/4車身
5 有坂直樹 1/2車身
6 山崎芳仁 3/4車輪
7 兵藤一也 1車身1/2
8 佐藤友和 1/4車輪
9 手島慶介 落携入

配当金額[編集]

車番二連勝単式 3-1 3,520円
三連勝単式 3-1-5 37,470円

エピソード[編集]

  • 優勝した伏見俊昭は、北京五輪出場権獲得のためのワールドカップシリーズ転戦の中、今回のKEIRINグランプリ07が1ヵ月半ぶりの日本国内での競輪レース出場であったが、競輪レース勘のブランクをものともせず、最終周回で3番手に付け、最終直線で先頭に立った小嶋敬二を僅かの差で差し切り、6年ぶりのグランプリ制覇を飾った。尚、伏見はこのグランプリ制覇で獲得した賞金により、2007年度競輪選手賞金王も獲得した他、生涯獲得賞金額が10億円を突破した[3]
  • 当レースに出場した全9選手は2007年12月27日より実施され、合計18名の在籍者で構成される初代S級S班選手でもあった。S級S班の地位は、2008年12月26日まで保障されることになっている[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]