吉田拓矢 (競輪選手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

吉田 拓矢(よしだ たくや、1995年5月7日 - )は、茨城県を登録地としている競輪選手日本競輪学校第107期生。師匠は十文字貴信(75期)。父の吉田哲也(51期)、叔父の吉田伸二(54期)は、ともに元競輪選手である。

来歴[編集]

茨城県立取手第一高等学校時代の2013年全国高等学校選抜自転車競技大会のポイントレースで優勝[1][2]

2014年、日本競輪学校に入校。9月5日、第107回生徒第1回記録会で、男子生徒では11人目となるゴールデンキャップを獲得[3]

2015年

  • 同校卒業。在校競走成績は第6位(21勝)[4]
  • 7月1日弥彦競輪場でデビュー初勝利を挙げ、以後負け知らずの13連勝を果たした[5]
  • 10月28日、107期生選手として最初のS級特別昇級を果たした[6]

2016年

2017年

脚注[編集]

外部リンク[編集]