加瀬加奈子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
加瀬 加奈子
Kanako Kase
Cycling (road) pictogram.svg
個人情報
本名 渡邊 加奈子
わたなべ かなこ
愛称 カセ
生年月日 (1980-05-31) 1980年5月31日(38歳)
国籍 日本の旗 日本
身長 164㎝
体重 66.8㎏
チーム情報
所属 日本競輪選手会新潟支部
期別 102期(女子1期)
分野 競輪、トラック、ロード
役割 選手
特徴 先行・捲り
エンデュランス
アマ所属チーム
2010-2011
CLUB SPIRITS
プロ所属チーム
2012-
日本競輪選手会新潟支部
グランツール最高成績
主要レース勝利

日本の旗 日本選手権

団体追抜 2011
オムニアム 2011
ケイリン 2012
500mTT 2013

ガールズケイリンコレクション

2013 6月
 
獲得メダル
日本の旗 日本
女子 自転車競技
アジア自転車競技選手権大会
2012 クアラルンプール 団体追抜
2013 ニューデリー 団体追抜
2013 ニューデリー TSP
最終更新日
2018年11月15日

加瀬 加奈子(かせ かなこ、1980年5月31日 - )は、新潟県長岡市出身の女子自転車競技トライアスロン選手で、現在は日本競輪選手会新潟支部所属の女子競輪選手。現姓、渡邊(わたなべ)。キャッチフレーズは『男道』。

来歴[編集]

中越高等学校を経て入学した順天堂大学在籍時代にトライアスロンに取り組み、2009年に地元・新潟で開催された第64回国民体育大会で、県代表選手として出場した(17位)。

2010年弥彦競輪場が「CLUB SPIRITS」というサイクリングクラブを発足したことを受け加入したと同時に、2012年7月開始予定の女子競輪選手を目指すことになり、同じ志を持った中川諒子藤原亜衣里田中麻衣美の3人とともに共同生活をスタートさせた。同年12月、小倉競輪場で行われたエキシビションマッチ、ガールズケイリン第2戦で、同イベントで圧倒的な強さを誇る石井寛子を破って優勝したことが契機となり、日本自転車競技連盟より、強化指定選手の指名を受けた。

2011年2月25日、中川、藤原、田中の3人とともに、日本競輪学校 第102回(女子第1期)試験に合格[1]。同年5月に同校に入学。一方、自転車競技大会にも随時参加。9月にタイで行われたACCトラックアジアカップのオムニアムで優勝を果たした。10月開催の全日本自転車競技選手権大会(以下、全日本選手権)では、団体追抜田畑真紀上野みなみとのトリオで優勝。オムニアムでは田畑との激闘を制し、両種目の初代優勝者として名を刻んだ。

2012年第32回アジア自転車競技選手権大会にて、団体追抜で2位。日本競輪学校卒業直前の3月下旬、第102回卒業記念レースで完全優勝し、女子初代同レース優勝者として名を刻んだ[2]。同校在校競走成績は14勝を挙げ第2位[3]2012年5月1日、日本競輪選手会新潟支部所属の競輪選手として登録された。5月14日、全日本プロ選手権自転車競技大会前橋競輪場)の1㎞タイムトライアルで1分10秒053を記録。1988年橋本聖子がマークした、1分14秒30を大幅に上回る日本記録であった[4]。7月1日、平塚競輪場でガールズケイリンのデビュー戦を迎え、一周逃げ切り、2着に6車身の差をつけ圧勝[5]。初優勝は同年7月15日の松戸競輪場で果たした[6]全日本選手権・ケイリンでは優勝を飾った。10月23日、同年12月28日に開催予定のガールズグランプリ出場選手に選出された[7]

2013年は、第33回アジア自転車競技選手権大会で、団体追抜、チームスプリントともに2位となった。ガールズケイリンでは、3月31日の平塚決勝から、6月1日の和歌山予選2まで、15連勝を記録。6月のガールズケイリンコレクション前橋ステージでガールズケイリンコレクション初優勝。全日本選手権・500mTTでは優勝。ただ、9月のガールズケイリンコレクション京王閣ステージではガールズケイリン総選挙にて得票数1位で選出されるも、出走直前に交通事故のため欠場、以後10月末までの開催をすべて自粛欠場した[8]

2018年7月12日、未婚ながら妊娠10週目であることが判明。以後、大事を取ってガールズケイリンコレクションを含む全てのレースを欠場し出産に備えることとなった。なお、2019年2月に出産予定で、出産後も現役は続行する意向。相手は交際1年になる40代の一般男性で、現役競輪選手に例えるなら高田真幸似、とのこと[9]

本人のブログによると、1が4つでゲンが良い(競輪では4日間全て1着の完全優勝)こともあり、2018年11月11日に婚姻届を提出。渡邊姓となったが、レース復帰後も登録名である加瀬加奈子のまま競走に参加する意向[10]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 日本競輪学校女子第1回生徒入学試験合格者名簿 - KEIRIN.JP
  2. ^ 競輪の卒業記念レース 女子は加瀬が優勝 - スポニチアネックス 2012年3月22日付
  3. ^ 競走成績戦法別一覧表 (PDF) - KEIRIN.JP
  4. ^ 加瀬加奈子TTで日本新/全プロ競技大会 - 日刊スポーツ 2012年5月15日付
  5. ^ レース結果 - KEIRIN.JP
  6. ^ 2012/07/15(最終日)第9レースA級ガールズ決勝 - KEIRIN.JP
  7. ^ 『ガールズグランプリ2012【FII】』出場予定選手の決定について - KEIRIN.JP 10月23日付
  8. ^ [1] - ガールズケイリン:加瀬加奈子、交通事故で出場自粛「100%の状態で臨めない」 2013年09月11日
  9. ^ “【競輪】ガールズの加瀬加奈子が妊娠 出産予定は来年2月「産後も現役を続ける」”. デイリースポーツ (神戸新聞社). (2018年7月12日). https://www.daily.co.jp/horse/2018/07/12/0011439538.shtml 2018年7月12日閲覧。 
  10. ^ 記念すべき - 加瀬加奈子ブログ「加瀬加奈子の男道」、2018年11月11日

外部リンク[編集]