門脇真由美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
門脇 真由美 Cycling (road) pictogram.svg
個人情報
生年月日 (1972-09-21) 1972年9月21日(48歳)
国籍 日本の旗 日本
身長 167.2cm
体重 54.6kg
チーム情報
所属 日本競輪選手会大阪支部
期別 102
分野 競輪
役割 選手
アマ所属チーム
1990
チームミヤタ
プロ所属チーム
2012 -
日本競輪選手会大阪支部
グランツール最高成績
主要レース勝利
全日本アマチュア選手権1位 1995
最終更新日
2012年7月7日

門脇 真由美(かどわき まゆみ、1972年9月21日 - )は、宮城県大崎市出身の女子競輪選手日本競輪学校(当時。以下、競輪学校)第102期生(ガールズケイリン第1期生)。師匠城本量徳

来歴[編集]

古川商業高等学校(現 古川学園高等学校)に入学してから自転車競技を始め[1]、同校卒業後はチームミヤタに加入したが、同チームはロードレース主体の活動であり、自らのプレースタイルに合わなかったことから1年で退団[1]。その後、城本量徳に出会い、活動拠点を関西サイクルスポーツセンターのある大阪府に移した[1]

1995年全日本アマチュア自転車競技選手権大会の1000メートルタイムトライアルで優勝。翌1996年アトランタオリンピックの出場代表権を橋本聖子と争ったが、曖昧な選考基準が災いして[1]して、橋本に代表の座を奪われた。その後、1997年アジア自転車競技選手権大会で4位を経験したものの、目標としていたオリンピック出場を果たせぬまま、28歳のときに第一線級選手としての活動から退いた[1]

それから10年後、城本から「女子ケイリンが始まるから、受けてみいへんか」と誘われ、最初は嫌がっていたものの最後は説得され受験[1]2011年2月25日に同校に合格した[2]。競輪学校での在校競走成績は22勝を挙げて5位であった[3]

2012年5月1日日本競輪選手会大阪支部所属(ホームバンクは関西サイクルスポーツセンター)の競輪選手として登録された。同年7月8日京王閣競輪場でデビューし2着。初勝利は同年7月26日の松戸競輪場で挙げた(プロフィール参照)。

2013年5月20日全日本プロ選手権自転車競技大会の『カーネーションカップ』で優勝。

2017年4月13日高松美代子が引退してからは、ガールズケイリンにおける現役最年長選手となっている。

『連勝記録ストッパー』[編集]

当時連勝中だった選手の記録をことごとくストップさせている。

  • 2012年8月21日に京王閣で行われた決勝戦では、デビュー以来8戦無敗の中村由香里を破り、自身の初優勝とあいまった[4]
  • 2013年6月2日和歌山FII決勝で、15連勝中だった加瀬加奈子を破り、通算3回目の優勝。なお、この優勝はガールズケイリンにおける史上最年長(40歳8か月)での優勝でもあり、2020年1月時点でも破られていない。
  • 2013年8月15日の京王閣で、デビュー以来12戦無敗中だった石井寛子を4着に沈め、逃げ切りで勝利。

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d e f Vol.8 ガールズケイリン@門脇真由美 『静かなる闘志、純潔。白いコスモスの如く』 - ガールズケイリン・夢挑戦~松瀬学日誌(7):2012/03/26
  2. ^ 日本競輪学校女子第1回生徒入学試験合格者名簿 (PDF) - KEIRIN.JP
  3. ^ 競走成績戦法別一覧表 (PDF) - KEIRIN.JP
  4. ^ 2012/08/21(最終日)第9レースA級ガールズ決勝 - KEIRIN.JP

外部リンク[編集]