中川諒子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中川 諒子
Ryōko Nakagawa
Cycling (road) pictogram.svg
個人情報
本名 吉成 諒子[1]
よしなり りょうこ
愛称 りょうこ
生年月日 (1984-05-29) 1984年5月29日(35歳)
国籍 日本の旗 日本
身長 166.9cm
体重 63.3kg
縁故選手 兄:中川誠一郎(85期)
夫:吉成晃一(92期)
叔父:瀬口孝一郎(23期、引退)
従兄:瀬口慶一郎(77期)[2]
義弟:吉成貴博(97期)
チーム情報
所属 日本競輪選手会熊本支部
分野 競輪、トラック
役割 選手
特徴 先行・捲り
プロ所属チーム
2012 - 2017/01/05
2017/01/06 -
日本競輪選手会新潟支部
日本競輪選手会熊本支部
グランツール最高成績
 
獲得メダル
日本の旗 日本
女子 自転車競技
アジア自転車競技選手権大会
2013 ニューデリー TSP
最終更新日
2017年1月4日

中川 諒子(なかがわ りょうこ、1984年5月29日 - )は、熊本市出身の元女子重量挙げ選手で、現在は日本競輪選手会熊本支部所属の女子競輪選手。現姓、吉成[1]。師匠は藤原憲征(85期)。

実兄は競輪学校第85期生の中川誠一郎、夫は競輪学校第92期生の吉成晃一で、ともに競輪選手

来歴[編集]

熊本県立第一高等学校を経て、早稲田大学教育学部に進学。2006年、重量挙げの全日本学生選抜選手権・69kg級で、当時の同大会新記録をマークして優勝[3]

その後、九州旅客鉄道に就職したが、2010年弥彦競輪場が「CLUB SPIRITS」というサイクリングクラブを発足したことを受け加入。同時に、2012年7月開始予定の女子競輪選手を目指すことになり、同じ志を持った加瀬加奈子藤原亜衣里田中麻衣美の3人とともに共同生活をスタートさせた。

2011年

  • 2月25日、上記3名とともに、第1回競輪学校女子第1回試験に合格[4]。中川以外の3人は弥彦競輪場が所在する新潟県出身であるが、自身も新潟県を登録地とした。競輪学校在校時の競走成績は26勝を挙げ第3位[5]

2012年

2013年

2017年

  • 1月6日、出身地であり、兄も所属する熊本へ移籍[9]
  • 入籍日は不明だが、同じく競輪選手の吉成晃一(92期)と結婚。6月30日付の広報KEIRIN第111号にて氏名変更が公示された[1]が、その後も旧姓のまま競技を続けている。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

関連項目[編集]