熊本県立第一高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
熊本県立第一高等学校
Kumamoto Prefectural Daiichi High School.JPG
過去の名称 熊本県立高等女学校
熊本県立第一高等女学校
熊本県立女子高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 熊本県の旗 熊本県
併合学校 熊本県立第二高等女学校
校訓 叡智
真理の探求
自律
高潔
品格
設立年月日 1903年
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学科内専門コース 普通科 英語コース
学期 3学期制
高校コード 43103G
所在地 860-0003
熊本県熊本市中央区古城町3-1
北緯32度48分4.4秒 東経130度42分0秒 / 北緯32.801222度 東経130.70000度 / 32.801222; 130.70000座標: 北緯32度48分4.4秒 東経130度42分0秒 / 北緯32.801222度 東経130.70000度 / 32.801222; 130.70000
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

熊本県立第一高等学校(くまもとけんりつ だいいちこうとうがっこう, Kumamoto Prefectural Daiichi High School)は、熊本県熊本市中央区古城町にある公立高等学校。略称は「一高」(いっこう)、または「熊本一高」、「第一」。 熊本四高(熊本県高校受験において、熊本市内の上位偏差値高 熊本、済済黌、第一、第二の4高)の一角を占める。

戦前の高等女学校を前身とし、戦後の学制改革により、男女共学の新制高等学校となったが、1976年(昭和51年)4月に男子の入学者数が0となり、1978年(昭和53年)3月の卒業生を最後に、2012年(平成24年)3月までの34年間男子の在籍はなかった[1]2012年(平成24年)4月に男子生徒70名が入学、2013年(平成25年)4月には102名の男子生徒が入学した。

学校概要[編集]

歴史

1903年明治36年)に開校した「熊本県立高等女学校」を前身とする。2003年平成15年)に創立100周年を迎えた。

設置課程・学科

全日制課程 普通科 9クラス(うち英語コースが1クラス)

教育精神「白梅の精神」

春に先がけ、凜冽たる空気の中で、凜乎として気品高い香りを放つ白梅の精神 「叡知、真理の探究、自律、高潔、品格」

教育目標

「進学指導の『質』と『量』の工夫・改善」「男女共学の定着」「部活動の充実・振興」

校章

校花の「白」(しらうめ)を意匠化し、その中央に「高」の文字を配する[2]

校歌

作詞は勝承夫、作曲は平井康三郎によるもの。3番まであり、各番に校名の「熊本一高(くまもといっこう)」が登場する。

制服(女子)
  • 冬服 - 紺色のセーラー服で、襟と袖には白線が入っている。ネクタイは黒[3]
  • 夏服 - 長袖の白いセーラー服で、袖部分は青色で白線が入っている。ネクタイは白で蝶結び。スカートは紺。
制服(男子)

一般的な黒の詰襟の学生服である。

保護者会

「好文会」(こうぶんかい)と称する。

同窓会

「清香会」(せいこうかい)と称する。

寄宿舎

「白梅寮」がある。

沿革[編集]

熊本県立高等女学校
  • 1903年(明治36年)
    • 2月22日 - 熊本県、熊本県立高等女学校の開校を決定。
    • 4月1日 - 熊本市南千反畑町の熊本県物産館を仮校舎に、「熊本県立高等女学校」が開校。修業年限を4年、生徒定員を300名とする。
    • 5月1日 - 授業を開始。この日を開校記念日とする。
  • 1904年(明治37年)10月14日 - 校友会(生徒会)が発足。
  • 1905年(明治38年)3月13日 - 薮の内16番地の熊本県立熊本中学校[4]旧制中学校)跡に移転。
  • 1908年(明治41年)2月14日 - 修業年限1年の補習科を設置。
  • 1910年(明治43年)3月 - 補習科を第一部と第二部に分ける。
  • 1911年(明治44年)4月12日 - 校舎新築のため、新町にある熊本県立商業学校[5]跡の仮校舎に移転。
  • 1912年大正元年)9月10日 - 花形の徽章校章)を制定。
  • 1913年(大正2年)
  • 1918年(大正7年)3月 - 同窓会を「清香会」と命名。
熊本県立第一高等女学校
  • 1921年(大正10年)3月25日 - 「熊本県立第一高等女学校」に改称。補習科を廃止し、修業年限3年の専攻科を設置。
  • 1923年(大正12年)3月16日 - 本科の修業年限を5年に変更。
  • 1944年昭和19年)4月1日 - 本科の修業年限を4年に変更。修業年限2年の高等科を設置。
  • 1946年(昭和21年)4月1日 - 本科の修業年限を5年に変更。
  • 1947年(昭和22年)3月 - 高等科を廃止。
熊本県立第二高等女学校
  • 1921年(大正10年)3月25日 - 熊本女子師範学校[6](現・熊本市立藤園中学校校地)内に「熊本県立第二高等女学校」が開校。
  • 1923年(大正12年)3月16日 - 本科の修業年限を5年に変更。
  • 1943年(昭和18年)3月31日 - 修業年限を4年とする。
  • 1946年(昭和21年)4月1日 - 修業年限を5年に変更。
新制高等学校

学校行事[編集]

3学期制をとる。

1学期
  • 4月 - 始業式、入学式、入寮式、対面式、1年宿泊研修
  • 5月 - 一高祭体育部門(体育祭)、前期生徒会認証式、県高総体・県総文祭推戴式、好文会(PTA)総会、県高校総文祭
  • 6月 - 県高総体、英語合宿(英語コース)
  • 7月 - 七夕、芸術鑑賞会、学校説明会、終業式
  • 8月 - オーストラリア交流事業
2学期
  • 8月末 - 始業式
  • 9月 -
  • 10月 - 一高祭文化部門(文化祭)、後期生徒会認証式
  • 11月 - 防災避難訓練
  • 12月 - 校内ダンス発表会、終業式、音楽部クリスマスコンサート
3学期

部活動[編集]

運動部
文化部

「共学化」復活への動き[編集]

同校は1949年に男女共学となった。当時は通学区域を周辺に限定した小学区制がとられ、西山中学校三和中学校などの各中学校から男子生徒が入学した。全盛期の1952年には3学年合わせて約300人の男子生徒が在籍した。しかし、1954年の中学区制移行に伴い、男子が激減し、1978年卒業の3人を最後に2011年時点まで、男子生徒が1人もいない状況が続いていた[1]国立大学の合格者数減少など、進学校としての地盤沈下を懸念する声を背景に「共学化」復活を実現させる運動が拡大。同窓会「清香会」が2010年11月に男女共学推進委員会を立ち上げて、具体的な活動を開始した[1][7]。その結果、2012年度入学試験では70人の男子受験生、2013年度入学試験では102人の男子受験生が合格した。

著名な出身者[編集]

政治家
研究者・学者
文化人
芸能
マスコミ
スポーツ

著名な関係者[編集]

アクセス[編集]

周辺[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 飯村直亮 (2011年6月15日). “県立第一高校に男子生徒を 同窓会を中心に運動”. 熊本日日新聞社. 2011年6月16日閲覧。
  2. ^ 熊本県立第二高等学校竜胆を意匠化した校章)とよく似た配色である。
  3. ^ 学校創立100周年を記念して、同窓会の企画により、リカちゃん人形の熊本県立第一高等学校の制服バージョンが発売された。
  4. ^ 熊本県立熊本高等学校の前身。
  5. ^ 熊本県立熊本商業高等学校の前身
  6. ^ 熊本大学教育学部の前身の1つ。
  7. ^ 女子しかいない34年…共学高が男子獲得作戦(2011年7月30日付読売新聞)- 2011年7月31日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]