三宅愛梨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

三宅 愛梨(みやけ あいり、1992年3月18日 - )は、岡山県玉野市出身の女子競輪選手日本競輪学校第104期生。師匠は大前寛則(57期)。妹に同じ競輪選手の三宅玲奈(108期)がいる。

来歴[編集]

9人きょうだいの3番目。兄(2番目)の影響を受けて中学時代は空手に取り組み、玉野市立玉野商業高等学校に進学後もこれまた兄の影響を受け、当初は柔道を行っていたが、兄が自転車競技に取り組むようになると、同校2年生のときに柔道から自転車競技へと「転向」。もっとも、同校には自転車競技部がなかったため、個人で練習を行うことになったが、2009年全国高等学校選抜自転車競技大会・500メートルタイムトライアルで3位に入った[1]

2010年環太平洋大学に進学。同年のJOCジュニアオリンピックカップ自転車競技大会岐阜競輪場)・500メートル個人タイムトライアルにおいて、後に競輪学校で同期生となる山原さくら等を抑えて優勝[2]

しかしその後、上記実績があったにもかかわらず、ジュニア世界選手権自転車競技大会の代表から漏れたことがきっかけとなって自転車競技への意欲が喪失したため、環太平洋大学も中退することになった[3]

したがって、しばらく自転車競技そのものからも離れていたが、ガールズケイリンとして女子競輪が復活する話を受け、2011年12月16日、日本競輪学校第104回(女子第2回、技能)試験に合格[4]

2013年3月29日、競輪学校を卒業。在校競走成績は第4位(20勝)[5]。また同校卒業記念レースでは2位に入った。同年5月11日松戸競輪場でデビューし3着。初勝利は同年7月7日の松戸で挙げた。

脚注[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]