谷津田陽一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

谷津田 陽一(やつだ よういち、1951年5月4日- )は日本競輪選手会福島支部に所属していた元競輪選手日本競輪学校第25期生。同期には荒川秀之助山藤浩三らがいる。息子の谷津田将吾(83期)も競輪選手。

経歴[編集]

福島県の出身だが、競輪選手としての最初の登録地は神奈川であり、小田原競輪場をホームバンクとしていた。師匠は往年の名マーカーとしても知られた力石岩夫。デビュー戦は1967年9月15日のホーム・小田原で迎え1着だった。しかし上記の荒川らと比較するとやや出世が遅れ、初めて特別競輪(現在のGI)の決勝へと駒を進めたのは1973年競輪祭(4着)であった。その後も特別競輪では常時出場を果すもこれといって特筆すべき成績は収められなかった。

ところが1977年に突然の開花。高松宮杯決勝では、2センターで中野浩一の捲りを金網スレスレまで押し上げた岩崎誠一(2着失格)のプレーがあったとはいえ、見事GI初制覇を果し、続くオールスター競輪千葉競輪場)決勝でも、直線で一気に伸びて優勝を果し特別競輪連覇を成し遂げた。

自力兼備のスピードは中野時代に入ってからもトップクラスで、位置に固執せず自在な仕掛けで伸びてくる脚は中野、菅田、吉井ら若手が軸になる特別競輪準決勝でも常に波乱を呼ぶ不気味さを有していた。 1980年は特に好調で年頭の立川鳳凰賞で中野を破って優勝したのを始め上半期だけで5回の記念制覇、中野の1億円達成レースとなった松戸記念でも鈴木正彦の番手から追い込んだ中野の後位から伸び8分の1輪差まで肉薄している。

師匠が涙して喜んだ[編集]

谷津田といえば、師匠の力石との関係が有名である。力石は谷津田にことのほか厳しく接し、場合によっては鉄拳も辞さなかったという。また谷津田が初めて記念を制覇したときも力石は全く喜ばなかったという。しかし、谷津田が宮杯を制したときには大喜びし、「よくやった!」と初めて谷津田を労った。力石自身は特別競輪決勝においては最高で2着の経験(1955年全国争覇競輪)はあるが、優勝はできなかった。自分ができなかったことを谷津田がよく果してくれた、という思いが労いの言葉に表れたのだろうと言われている。またこれで谷津田も気を良くしたのか、続くオールスターも制覇することになった。

福島第3の練習グループ[編集]

谷津田は2002年7月まで現役を続けたが、現役の晩年には郷里である福島に戻り、また息子の将吾が競輪選手を目指していたこともあり、自ら練習道場を構え、そこで競輪選手を目指す若者を指導するようになった。谷津田の練習グループからは将吾の他、渡邉一成森田達也らも後に競輪選手となり、班目秀雄添田広福の練習グループに続く福島第3の大師弟グループに成長しつつある。

関連項目[編集]