西村公佑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

西村 公佑(にしむら こうすけ、1934年7月30日- )は、日本競輪選手会大阪支部に所属していた元競輪選手日本競輪学校第6期生。登録番号は6261。師匠は山本清治

経歴[編集]

1953年4月5日向日町競輪場でデビューし1着。

1956年川崎競輪場で開催された第1回オールスター争覇競輪決勝で、石田雄彦に次いで2位。

1957年大阪中央競輪場で開催された第2回のオールスター競輪決勝では、奈良大井清(大井啓世・58期の父)、滋賀中井光雄らを退けて優勝を果たした。また、同年の賞金王(4,338,200円)にも輝いた。

1961年岸和田競輪場で開催された第18回全国都道府県選抜競輪の2000メートル競走を制覇した。

優勝経験こそないが、高松宮杯競輪では、1957年から1981年まで25年連続出場を果たした。

1993年5月13日選手登録削除。通算勝利数792。

関連項目[編集]


先代:
竹野暢勇
都道府県選抜2000m優勝者
1961年
次代:
松川周次郎