ナイター競走

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ナイター競走(ナイターきょうそう)とは、最終競走発走を夜(おおむね20時25分から50分の間)の時間帯に合わせるよう、各競走の発走時刻を設定した、公営競技の開催形式のことである。

ナイターレースあるいはナイトレースとも呼ばれる。

概要[編集]

名称は野球などのナイターに範をとっている。おもに気温が上がる春から秋にかけて行われているが、冬期も実施している公営競技場がある。

昼間開催では第1競走の発走がおおむね9時50分から11時過ぎとなるのに対し、ナイター競走では第1競走の発走が、当日の競走数にもよるがおおむね15時から16時の間になるのが特徴である。

日本では1986年7月31日大井競馬場(東京シティ競馬)で公営競技初のナイター開催が実施された(トゥインクルレース)[1]。これ以降、売上確保やイメージアップを図る観点からナイター競走を開催する公営競技場が増えており、今後もナイター競走を開始予定、もしくは導入を検討している競技場がある。

競輪は第1Rは15時台(最終Rは20時台)に開催してきた[2]

2014年4月に桐生競艇場は、業界初となるナイター照明のLED化を実施。まず対岸照明鉄塔の投光器(約300基)に適用し、5月末までに全ての投光器をLED照明にした。「ハレーション等のまぶしさが低減されて目に優しい光線」「消費電力の抑制」「耐久性にも優れている」等の長所を挙げている[3][4]

世界各国ではイギリススペイン香港ドバイなどでナイター競走が行われている。なかには開始が日没後という例もある。

実施の背景[編集]

初のナイター競走を開催した大井競馬場を抱える南関東公営競馬は土曜日・日曜日を中心に開催する中央競馬と商圏が重なることから土日開催がしにくいため、平日を中心に開催せざるを得なかったが、平日の昼間開催では会社員が勤務時間と重なるため来場することが難しく、客層は限られてくる。そこで、会社員の勤務時間が終わる17時以降に競走を行うことで仕事帰りの会社員も取り込むことが可能になる。とくに東京都などの大都市圏を抱える南関東地区では平日の昼間に開催するよりも夜間に開催したほうが、照明にかかる電気料金などの追加経費を差し引いてもそれに見合うだけの集客が見込めたことが実施の背景にある。また大井競馬場は住宅地から離れており、夜間開催による周辺地域への影響が比較的小さかったこともナイター開催の実現を後押しした。

近年は地方の競技場でもナイター競走が行われるようになったが、これは場外発売所の整備に加え、電話投票やインターネット投票が普及したことで普段競技場に足を運ばない客層を掘り起こしたことも影響している。

問題点[編集]

夜間に開催を行うことから周辺地域への影響が大きい面もあり、すでにほぼ施設の整っている立川競輪場は、開催を希望しているものの実現していない[5]。また1987年ごろ、西宮競輪場で野球用のナイター設備を利用したナイター競輪を決定していたが、これも場内整備問題のため実現には到らなかった。一方、名古屋競馬場でも20年来の検討課題とされ、名古屋競馬の現場関係者により結成された「名古屋けいばの未来を考える会」などが存続の切り札として検討しているものの、設置費用や周辺住民の理解の問題から、実現していなかった[6]が、2022年度の弥富トレーニングセンターへの移転時に冬季限定でナイター開催を行う事となった[7]

各公営競技のビッグレースがナイターで開催されると、視聴率聴取率や全国枠(放送時間)の問題から地上波民放での中継が独立UHF放送局以外ほぼ不可能になるため、放送エリア外の地域では視聴手段が衛星放送ケーブルテレビ・インターネット中継などに限られる。

競輪ではこれまで一部の競輪場場外発売所でナイター開催の場外発売体制が整っておらず、サマーナイトフェスティバルGII)を含めナイター競走の場外発売を行わない発売所もあった。そのため、ナイターで通年開催している小倉競輪場では競輪祭を、四日市競輪場では記念競輪(GIII)を、ともにナイター未対応の発売所でも発売可能にするため永らく昼間開催で施行してきたが、競輪祭は2018年よりナイター化することが発表された[8]。なお、GIIIのナイター開催は2004年の京王閣での日本国際博覧会協賛競輪[9]などがあるが、開設記念競輪においても2017年4月の川崎よりナイターを開始した[10]

競艇では、戸田競艇場がナイター競走の場外発売を行っていなかった。しかし、2011年度のSGオーシャンカップ競走からナイター競走の場外発売が行われた(ただし、後半3日間のみ。同じ埼玉県内のボートピア岡部およびボートピア栗橋では、ナイター競走も場外発売している)。

金融機関によっては薄暮競走を含め、電話投票がナイター開催に対応していない競技場がある。

開催される公営競技場[編集]

2018年現在、ナイター競走を実施および予定している公営競技場は以下の通り。括弧内は愛称名(愛称が無いのは記載なし)。

中央競馬ではナイター競走を実施しておらず、計画や構想もない。

地方競馬[編集]

トゥインクルレース(大井競馬場)
帯広競馬場ばんえい十勝・ばんえい十勝ナイトレース)
2007年6月16日より実施。
2018年は4月20日 - 12月29日に開催する。
最終競走発走予定時刻は20時40分。なお2013年より11月下旬 - 12月下旬の間、最終競走発走予定時刻が19時40分となり2015年度より「準ナイター」として開催。ただし、開催日により変動がある。
門別競馬場ホッカイドウ競馬・グランシャリオナイター)
2009年5月20日より実施し、2010年度より全日程ナイター開催を開始した。愛称は公募により決定。
最終競走発走予定時刻は20時40分。ただし、開催日により変動がある。
船橋競馬場(ハートビートナイター)
2015年6月15日より実施。
2018年度より通年でナイター開催を実施する。
最終競走発走予定時刻は20時50分。ただし、開催日により変動がある。これは大井競馬場や川崎競馬場高知競馬場でも同様である。
大井競馬場(トゥインクルレース)
2018年は4月16日 - 12月27日に開催する。なお、4月30日5月1日は昼間開催となる。
川崎競馬場(スパーキングナイター)
1995年5月7日より実施。
2018年は4月2日 - 12月21日に開催する。
園田競馬場(そのだ金曜ナイター)
2012年9月7日より実施。
2018年は4月27日 - 10月26日の毎週金曜日に開催する。
最終競走発走予定時刻は20時30分。
高知競馬場(夜さ恋ナイター:よさこいナイター)
2009年7月24日より実施(当初は7月10日の予定であった)。
競馬では初となる、通年でのナイター開催を開始した。ただし、一部薄暮開催となる日がある。
愛称は公募により決定した。

競輪[編集]

TOKYOミリオンナイトレース(京王閣競輪場)
函館競輪場(スターライトナイター)
1998年7月8日より実施。通年開催(開設記念競輪と本場開催のない冬季を除く)。
青森競輪場(もりんトワイライトナイター)
2016年10月11日より実施(本場開催のない冬季を除く)。
いわき平競輪場(エキサイティングナイター)
2009年7月17日より実施。
前橋競輪場(ドームナイトレース)
2015年2月27日より実施。
西武園競輪場(ブルーウイングナイトレース)
2018年10月31日より実施開始[11]
京王閣競輪場(TOKYOミリオンナイター)
2002年10月29日より実施。
松戸競輪場(ファンタジーナイトレース)
2002年7月30日より実施。
川崎競輪場(アーバンナイトレース)
2001年7月10日より実施。
平塚競輪場(湘南ミルキーウェイナイター)
1999年8月29日より実施。
伊東温泉競輪場(ミカリンナイター)
2014年12月2日より実施。
四日市競輪場(ベイサイドナイトレース)
2002年10月7日より実施。
2007年4月より通年開催(開設記念競輪を除く)。
玉野競輪場(シャイニングナイトレース)
2016年11月19日より実施。
松山競輪場(瀬戸風ドリームナイター)
2009年11月20日より実施。
高知競輪場(よさこいナイター500)
2018年8月2日実施。[12]
小倉競輪場(スペースナイター)
2000年10月18日より実施。
通年開催(競輪祭を除く)。GI競輪祭は2018年第60回大会よりナイター開催予定[8]
久留米競輪場(エンジョイスピードパークナイター)
2011年1月12日より実施。
照明設備は常設していないため、開催時は移動式照明車(飯塚オートレース場と共用)を搬入。
佐世保競輪場(99(ナインティナイン)サンセットナイター)
2015年8月2日より実施[13]
別府競輪場(べっぷ湧くわくナイター)
2018年1月23日より実施[14][15]
武雄競輪場(タケマルナイター)
2016年12月19日より実施。

競艇[編集]

ムーンライトレース(蒲郡競艇場)

競艇では最終競走締切予定時刻をローテーション制にし、重複を回避している。2016年度は4月から2ヶ月毎に変更する。4月 - 9月は20時37分、20時39分、20時41分、20時43分、20時45分で、10月 - 3月は前述よりそれぞれ5分早まる。

桐生競艇場(ドラキリュウナイター[16]
1997年9月20日より実施。
2011年5月より全日程ナイター開催となった[17]
2010年までは12月下旬から翌年3月までは昼間開催だった。
蒲郡競艇場(ムーンライトレース)
1999年7月1日より実施。
2006年3月より全日程ナイター開催となった。全公営競技を通じ、初めて全日程ナイター開催を開始した。
2002年ボートレースメモリアルから始まったナイターSGの発祥の地がこの蒲郡である。
住之江競艇場(住之江シティーナイター)
2006年7月8日より実施。
2016年度より、年末年始開催等を除いて通年ナイター開催となる。
丸亀競艇場(まるがめブルーナイター)
2009年4月21日より実施。当初より全日程ナイター開催である。
下関競艇場(海響ドリームナイター)
2017年4月1日実施開始。当初より全日程ナイター開催である。
若松競艇場(パイナップルナイター)
2004年5月1日より実施。
2008年3月より全日程ナイター開催となった。
以前は正月明けから2月までは昼間開催としていたが、この間にもナイター開催が行われた時期もあった。
大村競艇場(発祥地ナイター)
2018年9月23日実施開始[18]。一度は頓挫したナイター競走計画が復活し、実行が決定した[19]

オートレース[編集]

伊勢崎オートレース場(ムーンライトナイター)
1989年6月2日より実施。
愛称は2006年6月7日より使用している。
飯塚オートレース場
2005年8月20日より実施。
照明設備を常設していないため、主にSGやGIなどが開催される場合に移動式照明車(後に久留米競輪場と共用)を搬入してナイター開催を実施する。
川口オートレース場
2015年9月5日より実施[20]
2015年は照明設備を常設していなかったため、飯塚オートレース場と久留米競輪場共用の移動照明車を借りて、また新型消音マフラー使い開催された。2016年からは照明装置を常設して開催される[21]、また消音マフラーはそのまま使用されている。

今後実施予定のある公営競技場[編集]

豊橋競輪場(ええじゃないか豊橋ナイトレース)
2019年2月3日実施開始予定[22]

過去に開催された公営競技場[編集]

旭川競馬場(ホッカイドウ競馬・旭川ナイトレース)
1994年7月26日に初開催。2008年まで実施。

ミッドナイト[編集]

競輪およびオートレースでは、他の公営競技のナイター競走よりもさらに遅い時間から開催される「ミッドナイト競輪」「ミッドナイトオートレース」という競走が開催されている。

脚注[編集]

  1. ^ 『散歩の達人 2017年4月号』、交通新聞社、2017年、 112頁。
  2. ^ 【記者コラム】発走時刻、間隔も見直す時期 keirinsponichi.jp 中林陵治 2017年4月20日
  3. ^ 【ボート】業界初!桐生が照明をLED化 - デイリースポーツ online、2014年4月4日
  4. ^ 桐生市内では、桐生球場にもLEDのナイター照明を設置する動きがあり、実現すればスタジアム形式の野球場としては全国初という(初のLEDスタジアム プロ誘致へ両翼拡張 桐生球場 - 上毛新聞、2014年4月1日)。
  5. ^ 競輪事業の経営基盤の強化・確立IV 施工者からのヒアリング 競輪小委員会 14ページ目 2001年10月31日
  6. ^ 名古屋競馬あり方懇談会
  7. ^ “名古屋競馬場 2022年度に弥富移転 冬季限定でナイター競馬開催”. 東京スポーツ. (2017年3月28日). https://www.tokyo-sports.co.jp/race/horse/667930/ 2017年12月31日閲覧。 
  8. ^ a b 平成30年度 朝日新聞社杯競輪祭の見直しについて”. keirin.jp (2017年10月10日). 2017年10月11日閲覧。
  9. ^ 17年4月、8月に川崎競輪でナイターG3を開催 - 日刊スポーツ
  10. ^ GIIIのナイター開催について KEIRIN.JP 2016年12月2日
  11. ^ 西武園競輪におけるナイター競輪の開催について - KEIRIN.JP 2018年8月13日閲覧
  12. ^ 高知競輪におけるナイター競輪の開催について KEIRIN.jp 2018年4月18日
  13. ^ 佐世保でナイター&ミッドナイト競輪開催
  14. ^ 別府競輪ナイター名称決定! - 別府けいりん、2017年9月27日
  15. ^ 平成29年度別府けいりん後期開催日程表 (PDF)
  16. ^ 全日程ナイター開催へ移行するのにあわせて、従来の「アクアンナイト」から「ドラキリュウナイター」へ変更した。なお、ドラキリュウとは桐生競艇場のキャラクター名である。
  17. ^ 当初は2011年4月より移行する予定であったが、東日本大震災の影響で4月中の開催が中止されたため。
  18. ^ ボートレース大村 ナイターレースネーミングは、「発祥地ナイター」に決定しました。 - ボートレース大村公式ホームページ。2018年1月20日発信、同年2月13日閲覧
  19. ^ ナイターボートに地元同意 長崎新聞 2016年12月6日
  20. ^ 川口オートでナイター 新型消音マフラー使い9月2開催
  21. ^ ナイター開催のお知らせ 川口オートレース公式 2016年4月27日
  22. ^ せいぶえん豊橋競輪におけるナイター競輪の開催について - KEIRIN.JP 2018年12月13日閲覧

関連項目[編集]