ミスキャンパス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ミスキャンパスとは、日本の大学で行われるミス・コンテストの通称・総称である。大学祭の催事として実施される場合が多く、模擬店などを抑え大学祭で1番注目される催しだとする調査もある。全国で開催される数は200を超えるとみられ[1]、その半数以上はミスター・キャンパスと同時開催されるとみられる。 1コンテストあたり5~6名程度がファイナリストとして活動し、ネット投票や会場投票などを通じ内1名がグランプリとして選ばれることが多い。一部の大学におけるミスキャンパスは、女性タレント女子アナウンサーへの登竜門ともなっていることで知られる。

概要[編集]

ミスキャンパスコンテストは、1950~70年代頃から開催されていると見られる。女優の野際陽子は在学中にミス立教に選ばれ1958年にNHKに入局している。ミス青山学院は2015年時点で開催40回目を迎え[2]、ミス慶應は1975年に第1回が開催されている[3]。大学により異なるが、学園祭実行委員会や学友会などが主催することが多い。

意義
基本的には、学園祭の催事、余興の一つではある。地域活性・振興を目的としているコンテストもある。「女子学生が社会とつながり自己実現を目指すためのツール」と表現した大手新聞社もある[4]

一連の流れや出場者の取組
その年の、春4~6月頃に出場者の募集を行い、夏7~9月頃にファイナリストの発表を行い、10~12月頃の学園祭シーズンにグランプリ発表を行うといった一連の流れがある。なお、各大学でのコンテスト後の時期である12~3月頃、各大学で選ばれたミスキャンパスの中から、日本一のミスキャンパスを決定する「Miss of Miss CAMPUS QUEEN CONTEST」が2003年より開催されている。

ファイナリストを発表することを「お披露目」と呼ぶことがあるが、お披露目以降、ファイナリストは大学や地域などの各種イベント参加や、学内外の各種メディアなどの取材・撮影への参加、本番日に向けてのウォーキングやスピーチのレッスンを行うなどする[5]。大学によってはファイナリストの活動期間は約半年間に及ぶ。近年、活動期間中、SNSを開設し広報することも多く、広報活動の開始が早い大学の候補者はTwitterアカウントのフォロワー数が軒並み1,000~15,000程度になるなど、SNS上における影響力が高い[6]

審査
ウェブ投票や会場投票を通じて審査が行われることが多い。

ウェブ投票では、全国の方が選考に参加できることが多い。候補者のSNSを見て誰に投票するかを決めるというのも昨今の潮流としてあり、SNSを通じて候補者の内面も審査に影響するとの見方がある。2016年11月14日「個性派が続々登場!?激変する学園祭ミスコンをウオッチング!」

会場投票では、投票前にダンスや歌などの自己PRの披露があることも多く、それらが評価に影響することもある。また、テーマ発表が行われることもある[1]。なお、ステージでのゲームやクイズなどで評価される大学もある。

大学別の動向 例
『 有名コンテスト 』
ミスキャンパスコンテストとしては、慶應義塾大学上智大学立教大学青山学院大学東京大学などが有名である。中でも慶應義塾大学はコンテストの知名度、企画の規模[7]といった点で規模が大きく、メディアからも注目されていた[注 1]

『 地域活性・振興 』
ミスキャンパス同志社は地域貢献活性・地域振興を掲げて発足、ミスあべの(大阪府立大学大阪市立大学)も、両大の交流とともに、阿倍野の地域活性化を目的としている[8]。ミス関大と吹田商店街のケースのように地域活性化につなげようとする動きも見られる。[4]ミスキャンパス立命館とサッカーの京都サンガによるサンガキャンパス隊などのように、地域のプロスポーツチームのPRを行うケースもある。 かなざわ学生フェス ミス&ミスターコンテスト、広島キャンパスコレクション、福島ミスキャンパスコンテスト、キタQミスキャン![9]などのように、地域内において大学の垣根を越えて、地域のメディアやイベントなどと連携をとりコンテストを開催するケースもある。 静岡出身ミスキャンパスによる「さわやかGreen teaラボ」[10]、熊本出身ミスキャンパスによる「よかモン熊本ラボ」[11]、ミスキャンパスによる鹿児島・奄美の魅力を発信する「もぜ(鹿児島弁・かわいい)!かごんまラボ」[12]といった取り組みなどもある。

『 レッスン・体験 』

お披露目から本番日までの間に、スピーチやウォーキングといった各種レッスンを行うコンテストも多い。他にも例えば、ミスキャンパス同志社は、セルフプロデュースレッスン、肌メイクレッスン、生け花体験、茶道体験、女性のキャリア・自己分析イベントなどを活動として行った事を、コンテスト公式Twitter[13]で報告している。同様に、ミスキャンパス立命館は、人間力向上レッスン、スキンケアレッスンなどを報告している[14]

『 ファッションショーによる代替 』
1990年代頃を中心に以降もジェンダー論的や女性の記号化に反対などの考え方もあり、ミスキャンパスを実施しない大学や、早稲田大学明治大学のようにファッションショーによるイベントを行う大学も存在する。なお、昨今のミスコンテスト開催については、ジェンダー論や女性学の大学教授の中でも「女性が社会に出て、男性と対等にやっていけるという余裕の表れ。男性も容姿を問われる時代になったことも影響している」などとの見解もある。[15]

『 その他 』
なお、企業協賛の豪華さが報道されることがある[16]が、航空会社による航空券の提供など有名企業の豪華賞品協賛は1970年代頃より存在している。また、グッドデザイン賞も受賞したCircle App[17]など企業と大学生をつなぐプラットフォームの登場・増加などにもより、2013年頃より、ミスキャンパスに関わらず、企業による大学の学生団体・サークル・ゼミ・体育会等活動全般への協賛がそもそも増加潮流にある。

出場者の声
出場者のコンテスト応募動機は様々であり、将来や就職を考える上、自己成長や自己実現のため、今できることに挑戦したい、芸能界やアナウンサーへの憧れ、などがある[1][4]

出場後の感想の声としては、社会とのかかわりが持てた、視野が広がった、自分磨きの機会になった、自分に自信が持てた、自己を見つめなおせた、美意識が向上した、周囲への感謝の気持ちが生まれた、人の温かさを知れた、人に支えられていることを知れた、新たな出会いがあった、いい経験になったなどがあがる[18][4]

著名なミスキャンパス出身者[編集]

慶應義塾大学

『ミス慶應
『Beauty and Earth』
  • 浅賀優美(2010年/元スプラウト→元セント・フォース/元タレント・キャスター)
『理系美人コンテスト』(理工学部
『ミス慶應薬学部』(薬学部
『ミス慶應SFC

青山学院大学

『ミス青山学院
『ミス青短

上智大学

『ミスソフィア』(上智大学

日本大学

『ミス日本大学
『ミスフェニックス』(法学部
『ミス日芸』(芸術学部
『ミスCHSコンテスト』(文理学部
『ミス三崎』(経済学部
『ミス富桜』(国際学部
  • 飯田芹莉奈(2014年最終エントリー候補/キャンパスクイーン/タレント)
『ミス日商』(商学部

立教大学

『ミス立教
『ミス立教女学院
  • 堀江聖夏(2012年/元スプラウト→セント・フォース/フリーアナウンサー)

学習院大学

『ミス学習院
『ミス和コンテスト』(学習院女子大学

東京大学

『ミス東大

*ミスコンは1997年平成9年)から開催されている。2006年平成18年)は中止により非開催。

成蹊大学

『ミス成蹊

成城大学

『ミス成城

早稲田大学

『ミス早稲田

上記以外の関東地区

『ミス桜美林
『ミスYNU』(横浜国立大学
『ミス中央
『ミス実践
『ミス東女
『ミス明治学院
  • 中嶋美和子(1994年/タレント/元大分朝日放送アナウンサー→オフィス北野/フリーアナウンサー)
  • 上倉万奈(2004年最終エントリー候補/神南/モデル・タレント)
  • 佐野伶莉(2014年/静岡朝日テレビアナウンサー)
  • 関根苑子(2014年準ミス/NHK新潟放送局契約キャスター)
  • 増澤璃凜子(2014年最終エントリー候補/元ディスカバリー・ネクスト→プラチナムプロダクション/モデル・タレント)
  • 清水美優(2015年/ベンヌ/元nonーnoカワイイ選抜/タレント)
  • 天野なな実(2015年最終エントリー候補/元キャンパスクイーン→チューリップテレビアナウンサー/元モデル・タレント)
  • 日下怜奈(2016年準ミス/北海道放送アナウンサー)
  • 古市玲奈(2017年準ミス/キャンパスクイーン/Ray専属読者モデル・プリ❤クラ)
  • 松元環季(2017年最終エントリー候補/元子役・歌手)
  • 石森香花(2017年最終エントリー候補/キャンパスクイーン/モデル・タレント)
『ミス専修
『ミスお茶の水女子大学
  • 井上真理子(2014年最終エントリー候補/キャンパスクイーン/モデル・タレント)
  • 清水きおい(2014年最終エントリー候補/キャンパスクイーン/モデル・タレント)
  • 鴻野友紀(2016年最終エントリー候補/キャンパスクイーン/モデル・タレント)
  • 日高優希(2017年/キャンパスクイーン/モデル・タレント)
  • 吉田弥(2017年最終エントリー候補/キャンパスクイーン/モデル・タレント)
『ミスお茶パラ
  • 中野萌花(2017年/キャンパスクイーン/モデル・タレント)
  • 崎濱祥子(2017年最終エントリー候補/キャンパスクイーン/モデル・タレント)
『ミス清泉
  • 吉田恵(1997年/セント・フォース/フリーアナウンサー)
  • 保田有希(2000年準ミス/元セント・フォース→元テレビユー福島アナウンサー)
  • 早坂牧子早坂まき子)(2002年/元仙台放送アナウンサー→ローカルドリームプロダクション/フリーアナウンサー)
  • 近藤ゆい(2014年審査員特別賞/スペースクラフト/タレント)
  • 佐藤美香(2016年最終エントリー候補/キャンパスクイーン/モデル・タレント)
  • 後藤萌子(2017年準ミス/キャンパスクイーン/モデル・タレント)
  • 平賀咲乃(2017年最終エントリー候補/キャンパスクイーン/カレッジ・コスモス/モデル・タレント・アイドル)
『ミス駒澤
『ミス共立女子大学
『ミス共立女子~桜姫~コンテスト』(共立女子大学・共立女子短期大学
『ミス東和女子学院
  • 本多麻衣(2008年/元セント・フォース→スペースクラフト/モデル・タレント)
  • 笹崎里菜(2011年/日本テレビアナウンサー)
  • 峯彩香(2015年/スペースクラフト/モデル・タレント)
  • 高倉優奈(2015年最終エントリー候補/スペースクラフト/モデル・タレント)
  • 須藤未菜(2016年/CanCam it girl)
  • 池田芽以(2017年/キャンパスクイーン/モデル・タレント)
『ミス日本女子大学
『ミス東京理科大
  • 高藤優奈(2013年最終エントリー候補/東京モデル事務所 OASIS AGENCY/タレント・モデル)
  • 清水春名(2014年最終エントリー候補/山口朝日放送アナウンサー)
  • 脇田茉奈(2015年最終エントリー候補/キャンパスクイーン/カレッジ・コスモス/nonーnoカワイイ選抜・タレント・アイドル)
  • 江上由莉奈(2016年最終エントリー候補/キャンパスクイーン/モデル・タレント)
  • 牧村里奈(2017年準ミス/キャンパスクイーン/Ray専属読者モデル・プリ❤クラ)
『ミス帝京
『ミスTHE BRGHTEST AWARD』(首都大学東京
『ミス國學院大學
  • 荒木未歩(2013年最終エントリー候補/ミナクル・カンパニー/女優)
  • 野地優奈(2014年最終エントリー候補/キャンパスクイーン/モデル・タレント)
  • 辛島千咲(2016年最終エントリー候補/non-noカワイイ選抜)
  • 林愛莉(2017年最終エントリー候補/non-noカワイイ選抜)
  • 菅真鈴(2018年最終エントリー候補/元PEACEFUL→カレッジ・コスモス/アイドル)
『ミスYCU』(横浜市立大学
『ミス横浜市立大学医学部
『ミス東洋
『ミス獨協
『ミス埼大
  • 松浦郁実(2013年準ミス/東京モデル事務所 OASIS AGENCY/タレント・モデル)
  • 杉田亜弥(2015年最終エントリー候補/キャンパスクイーン/nonーnoカワイイ選抜)
  • 小川琴美(2017年/キャンパスクイーン/モデル・タレント)
『ミス千葉
  • 谷一歩(2011年準ミス/ホリエージェンシー/女優・タレント)
  • 谷元星奈(2014年/元スペースクラフト→関西テレビアナウンサー/元non-noカワイイ選抜・タレント)
  • 宮本麗美(2015年/テレビ岩手アナウンサー)
『ミス東海
  • 葛西蘭(2017年/キャンパスクイーン/モデル・タレント)
  • 油井葉月(2017年最終エントリー候補/元Photo Club Jewel第1期生)
  • 高橋茉里奈(2017年最終エントリー候補/元キャンパスクイーン/元モデル・タレント)
『ミス大妻
『ミス東京女学館
『ミス淑徳
  • 井口玲音(元瀬戸内海放送アナウンサー→ホリプロ/フリーアナウンサー)
  • 阿部川緑(2015年/元オスカープロモーション)
『ミス法政
  • 鷲尾春果(2007年/Miss of Miss Campus Queen Contest 2007グランプリ/セント・フォース/元キャンパスパーク/元Ray専属読者モデルプリ❤クラ・タレント)
  • 白石小百合(2008年準ミス/元テレビ東京アナウンサー→実業家・フリーアナウンサー)
『ミスメイプルクイーン』(国士舘大学
『ミス昭和女子大学
『ミス武蔵野
  • 増子紗良(2015年/キャンパスクイーン/モデル・タレント)
  • 新家利奈(2016年準ミス/キャンパスクイーン/カレッジ・コスモス/モデル・タレント・アイドル)
『品川キャンパスミスコンテスト』(立正大学
  • 新保里歩(2017年/Miss of Miss Campus Queen Contest 2018審査員特別賞/スターダストプロモーション/キャスター・リポーター)
  • 川本彩加Aya)(2017年準ミス/キャンパスクイーン/カレッジ・コスモス/モデル・タレント・アイドル)
『ミス亜細亜大学
『ミス東工大
  • 網野ひかり(2017年最終エントリー候補/キャンパスクイーン/モデル・タレント)
『ミス大東
  • 内田秀美(2017年最終エントリー候補/キャンパスクイーン/モデル・タレント)
『ミス芝浦工業大学
  • 横山桃子(2017年最終エントリー候補/キャンパスクイーン/モデル・タレント)
『ミス跡見
  • 中尾安里(2016年/キャンパスクイーン/モデル・タレント)
『ミスフェリス女学院大学
『ミス東京経済大学
『ミス拓殖大学
  • 長谷川朋加(2011年準ミス/元NHK山形放送局契約キャスター→四国放送アナウンサー)
『ミス武蔵美人』(武蔵野美術大学
『ミス群馬
『ミス白百合女子大学
  • 榊原莉奈(2014年/キャンパスクイーン/モデル・タレント)
『コスモスコンテスト』(玉川大学
  • 伊藤舞(2016年/キャンパスクイーン/カレッジ・コスモス/モデル・タレント・アイドル)
『ミス御茶ノ水祭』(東京医科歯科大学

関西地区

『ミス関西学院
『ミス立命館
『ミス関大
『ミス同志社
『ミス同志社女子
  • 大八木文香(1999年/元四国放送契約アナウンサー→元オフィスキイワード→舞夢プロ/フリーアナウンサー)
  • 柳川真菜(2006年/ミスキャンパスKANSAI 2006準グランプリ/よしもとクリエイティブ・エージェンシー/タレント)
  • 青山真由子(2007年/ミスキャンパスKANSAI 2007準グランプリ/Miss of Miss Campus Queen Contest 2007京都きもの友禅賞/タレント)
  • 中島めぐみ(2008年/関西テレビアナウンサー)
  • 宮本夏花(2017年/Miss of Miss Campus Queen Contest 2018アナトレ賞/ディスカバリー・ネクスト/元iDOL Street大阪 DAIZY7メンバー/モデル・タレント)
  • 山根七星(2017年準ミス/セイ/リポーター)
『ミス阪大
  • 牛田茉友(2007年/NHKアナウンサー)
  • 橋本真衣(2014年/テレビ西日本アナウンサー)
  • 有澤由真(2014年準ミス/キャンパスクイーン/モデル・タレント)
『ミス神戸
『ミス神戸女学院
  • 金子美保(1999年/ミスキャンパスKANSAI'99グランプリ/Miss of Miss Campus Queen Contest 99グランプリ/オリオンズベルト/元タレント)
  • 長谷川純子(2007年/ミスキャンパスKANSAI2007特別賞/元ヴィズミック/モデル)
『ミス近畿大学
  • 石塚瞳(2011年/元セント・フォース関西/元タレント)
  • 伊東紗治子(2013年/Miss & Miss Campus Queen Contest 2013準グランプリ/元セント・フォース関西/元タレント)
『ミス龍谷
  • 秋山未有(2016年/プラチナムプロダクション/タレント)
  • 小島七海(2017年/non-noカワイイ選抜)
『ミスあべのコンテスト』(大阪府立大学大阪市立大学
  • 木岡真理奈(2015年最終エントリー候補/テレビ高知アナウンサー)
『ミス・アグネス』(平安女学院短期大学
『ミスキャンパス甲南大学

中部地区

『銀嶺祭コレクション』(信州大学
『ミス名城

中国・四国地区

『ミス高知大学
『ミス愛媛コレクション』(愛媛大学松山大学松山東雲短期大学

九州地区

『Miss Campus Girl Contest』(西南学院大学
『ミス福大
『ミス福岡女学院大学
  • 森綾伽(2017年最終エントリー候補/CanCam it girl)
『ミス筑紫女学園大学
『ミス長崎
  • 永尾亜子(2014年最終エントリー候補/フジテレビアナウンサー)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 主催者である「慶応大学広告学研究会」が数々の不祥事により大学当局から解散を命じられたため2015年で終了。

出典

  1. ^ a b c 田玉恵美、仲村和代、伊東和貴 (2016年10月7日). “慶応が中止、大学ミスコンって? 賞品に外車や新卒内定”. 朝日新聞デジタル(朝日新聞社. http://digital.asahi.com/articles/ASJB56HZJJB5UTIL05G.html?rm=534 2016年10月7日閲覧。 
  2. ^ ミス・ミスター青山コンテスト (@aoyama_misscon) - Twitter
  3. ^ “中止になった「ミス慶應」、テレ朝・竹内由恵アナらを輩出”. スポーツ報知. (2016年10月4日). http://www.hochi.co.jp/topics/20161004-OHT1T50166.html 2016年10月7日閲覧。 
  4. ^ a b c d 松浦奈美 (2014年5月8日). “関西の大学でミスコン熱再び 社会とつながるツール?”. NIKKEI STYLE. 2016年10月7日閲覧。
  5. ^ “「ミス慶応」TBS宇内アナが明かすミスコン実態「出るからには女子アナに」”. スポーツニッポン. (2016年10月6日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/10/06/kiji/K20161006013485420.html 2016年10月7日閲覧。 
  6. ^ 近年のミスキャンの傾向は「自信のなさ」と「ネットウケ」”. ソーシャルトレンドニュース (2015年3月17日). 2016年10月7日閲覧。
  7. ^ ミス慶應公式サイト
  8. ^ 大阪府大・市大の合同ミスコン「ミスあべの」ファイナル開催
  9. ^ 福岡)ミスキャン、北九州の盛り上げに一役 朝日新聞デジタル 2016年12月7日
  10. ^ http://www.jiji.com/jc/article?k=000000001.000022619&g=prt
  11. ^ よかモン熊本ラボ公式ツイッター
  12. ^ 女子大生目線で情報発信 奄美大島モニタリングツアー 奄美新聞2017.02.09
  13. ^ ミスキャンパス同志社公式Twitter
  14. ^ ミスキャンパス立命館公式ツイッター
  15. ^ 2010年10月 朝日新聞 「関西はミスコンブーム? 関関同立、そろって開催」
  16. ^ 丹治翔 (2015年11月15日). “大学祭ミスコン、賞品は「内定」海外留学・土地も…企業が豪華協賛”. withnews. 2016年10月8日閲覧。
  17. ^ Circle App(サークルアップ)公式サイト
  18. ^ それでもミスコンを支持? 経験者、現役女子大生たちが語るメリットとは…
  19. ^ Miss Keio 2006
  20. ^ 2006年11月 毎日jp
  21. ^ 2007年7月 毎日jp
  22. ^ 獨協医科大学 国際疫学研究室 概要 活動および研究内容

関連書籍[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]