ミスキャンパス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ミスキャンパスとは、日本の大学で行われるミス・コンテストの通称・総称である。大学祭の催事として実施される場合が多く、模擬店などを抑え大学祭で1番注目される催しだとする調査もある。全国で開催される数は200を超えるとみられ[1]、その半数以上はミスター・キャンパスと同時開催されるとみられる。 1コンテストあたり5~6名程度がファイナリストとして活動し、ネット投票や会場投票などを通じ内1名がグランプリとして選ばれることが多い。一部の大学におけるミスキャンパスは、女性タレント女子アナウンサーへの登竜門ともなっていることで知られる。

概要[編集]

ミスキャンパスコンテストは、1950~70年代頃から開催されていると見られる。女優の野際陽子は在学中にミス立教に選ばれ1958年にNHKに入局している。ミス青山学院は2015年時点で開催40回目を迎え[2]、ミス慶應は1975年に第1回が開催されている[3]。大学により異なるが、学園祭実行委員会や学友会などが主催することが多い。

一連の流れや出場者の取組
その年の、春4~6月頃に出場者の募集を行い、夏7~9月頃にファイナリストの発表を行い、10~12月頃の学園祭シーズンにグランプリ発表を行うといった一連の流れがある。なお、各大学でのコンテスト後の時期である12~3月頃、各大学で選ばれたミスキャンパスの中から、日本一のミスキャンパスを決定する「Miss of Miss CAMPUS QUEEN CONTEST」が2003年より開催されている。

ファイナリストを発表することを「お披露目」と呼ぶことがあるが、お披露目以降、ファイナリストは大学や地域などの各種イベント参加や、学内外の各種メディアなどの取材・撮影への参加、本番日に向けてのウォーキングやスピーチのレッスンを行うなどする[4]。大学によってはファイナリストの活動期間は約半年間に及ぶ。近年、活動期間中、SNSを開設し広報することも多く、広報活動の開始が早い大学の候補者はTwitterアカウントのフォロワー数が軒並み1,000~15,000程度になるなど、SNS上における影響力が高い[5]

審査
ウェブ投票や会場投票を通じて審査が行われることが多い。

ウェブ投票では、全国の方が選考に参加できることが多い。候補者のSNSを見て誰に投票するかを決めるというのも昨今の潮流としてあり、SNSを通じて候補者の内面も審査に影響するとの見方がある。2016年11月14日「個性派が続々登場!?激変する学園祭ミスコンをウオッチング!」

会場投票では、投票前にダンスや歌などの自己PRの披露があることも多く、それらが評価に影響することもある。また、テーマ発表が行われることもある[1]

なお、ステージでのゲームやクイズなどで評価される大学もある。

出場者の声
出場者のコンテスト応募動機は様々であり、将来や就職を考える上、自己成長や自己実現のため、今できることに挑戦したい、芸能界やアナウンサーへの憧れ、などがある[1][6]

出場後の感想の声としては、社会とのかかわりが持てた、視野が広がった、自分磨きの機会になった、自分に自信が持てた、自己を見つめなおせた、美意識が向上した、周囲への感謝の気持ちが生まれた、人の温かさを知れた、人に支えられていることを知れた、新たな出会いがあった、いい経験になったなどがあがる[7][6]

意義
基本的には、学園祭の催事、余興の一つではある。中には「女子学生が社会とつながり自己実現を目指すためのツール」と表現した大手新聞社もある。

大学別の動向 例
『有名コンテスト』
ミスキャンパスコンテストとしては、慶應義塾大学上智大学立教大学青山学院大学東京大学などが有名である。中でも慶應義塾大学はコンテストの知名度、企画の規模[8]といった点で規模が大きく、メディアからも注目されていた[注 1]

『地域活性』
かなざわ学生フェス ミス&ミスターコンテスト、広島キャンパスコレクション、福島ミスキャンパスコンテスト、キタQミスキャン![9]などのように、地域内において大学の垣根を越えて、地域のメディアやイベントなどと連携をとりコンテストを開催するケースもある。各大学においても、ミス関大と吹田商店街のケースのように地域活性化につなげようとする動きも見られ[6]、地域のプロスポーツチームのPRを行うケースもある。 また、静岡出身ミスキャンによる「さわやかGreen teaラボ」といった取組などもある。[10]

『ファッションショーによる代替』
1990年代頃を中心に以降もジェンダー論的や女性の記号化に反対などの考え方もあり、ミスキャンパスを実施しない大学や、早稲田大学明治大学のようにファッションショーによるイベントを行う大学も存在する。なお、昨今のミスコンテスト開催については、ジェンダー論や女性学の大学教授の中でも「女性が社会に出て、男性と対等にやっていけるという余裕の表れ。男性も容姿を問われる時代になったことも影響している」などとの見解もある。[11]

その他
なお、企業協賛の豪華さが報道されることがある[12]が、航空会社による航空券の提供など有名企業の豪華賞品協賛は1970年代頃より存在している。また、グッドデザイン賞も受賞したCircle App[13]など企業と大学生をつなぐプラットフォームの登場・増加などにもより、2013年頃より、ミスキャンパスに関わらず、企業による大学の学生団体・サークル・ゼミ・体育会等活動全般への協賛がそもそも増加潮流にある。

著名なミスキャンパス出身者[編集]

慶應義塾大学

『ミス慶應
『Beauty and Earth』
『ミス矢上』(理工学部)
  • 寺川奈津美(2004年(初代)/ウイング/NHKニュース気象キャスター)
『ミス慶應SFC』

立教大学

『ミス立教
『ミス立教女学院
  • 堀江聖夏(2012年/スプラウト)

青山学院大学

『ミス青山学院
『ミス青短

上智大学

『ミスソフィア』

早稲田大学

『ミス早稲田
早稲田アンバサダー』
早稲田コレクション』

東京大学

『ミス東大』

*ミスコンは1997年平成9年)から開催されている。2006年平成18年)は中止により非開催。

学習院大学

『ミス学習院
『ミス学習院女子大学

成蹊大学

『ミス成蹊

成城大学

『ミス成城大学

日本大学

『ミス日本大学

上記以外の関東地区

ミス横浜国立大学(ミスYNU)
ミス中央大学
ミス実践女子大学
ミス桜美林大学
明治ガールズコレクション
ミス明治学院大学
ミス清泉女子大学
ミス大妻女子大学
ミス東洋英和女学院大学
ミス東京女学館
ミス淑徳大学
ミス帝京大学
ミス専修大学
ミス法政
ミス千葉大学
ミス駒澤大学
ミス東京理科大学
ミス東京経済大学
ミス拓殖大学
ミス国士舘大学(通称「メイプルクイーン」)
ミス昭和女子大学
ミス東京女子大学
ミス東洋大学

関西地区

ミス同志社大学
ミス同志社女子大学
ミス立命館大学
ミス神戸女学院
ミス関西学院
ミス近畿大学
ミス大阪大学
ミス京都女子大学
ミス神戸大学
平安女学院短期大学ミス・アグネス
ミス関大

中国・四国地区

ミス高知大学

九州地区

ミス西南学院大学
ミス長崎大学
  • 永尾亜子(2014年最終エントリー候補/フジテレビ)
ミス筑紫女学園大学

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 主催者である「慶応大学広告学研究会」が数々の不祥事により大学当局から解散を命じられたため2015年で終了。

出典

  1. ^ a b c 田玉恵美、仲村和代、伊東和貴 (2016年10月7日). “慶応が中止、大学ミスコンって? 賞品に外車や新卒内定”. 朝日新聞デジタル(朝日新聞社. http://digital.asahi.com/articles/ASJB56HZJJB5UTIL05G.html?rm=534 2016年10月7日閲覧。 
  2. ^ ミス・ミスター青山コンテスト (@aoyama_misscon) - Twitter
  3. ^ “中止になった「ミス慶應」、テレ朝・竹内由恵アナらを輩出”. スポーツ報知. (2016年10月4日). http://www.hochi.co.jp/topics/20161004-OHT1T50166.html 2016年10月7日閲覧。 
  4. ^ “「ミス慶応」TBS宇内アナが明かすミスコン実態「出るからには女子アナに」”. スポーツニッポン. (2016年10月6日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/10/06/kiji/K20161006013485420.html 2016年10月7日閲覧。 
  5. ^ 近年のミスキャンの傾向は「自信のなさ」と「ネットウケ」”. ソーシャルトレンドニュース (2015年3月17日). 2016年10月7日閲覧。
  6. ^ a b c 松浦奈美 (2014年5月8日). “関西の大学でミスコン熱再び 社会とつながるツール?”. NIKKEI STYLE. 2016年10月7日閲覧。
  7. ^ それでもミスコンを支持? 経験者、現役女子大生たちが語るメリットとは…
  8. ^ ミス慶應公式サイト
  9. ^ http://www.asahi.com/articles/ASJD63QF0JD6TIPE009.html
  10. ^ http://www.jiji.com/jc/article?k=000000001.000022619&g=prt
  11. ^ 2010年10月 朝日新聞 「関西はミスコンブーム? 関関同立、そろって開催」
  12. ^ 丹治翔 (2015年11月15日). “大学祭ミスコン、賞品は「内定」海外留学・土地も…企業が豪華協賛”. withnews. 2016年10月8日閲覧。
  13. ^ Circle App(サークルアップ)公式サイト
  14. ^ Miss Keio 2006
  15. ^ 2006年11月 毎日jp
  16. ^ 2007年7月 毎日jp
  17. ^ 獨協医科大学 国際疫学研究室 概要 活動および研究内容

関連書籍[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]