ヒロド歩美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ひろど あゆみ
ヒロド(廣戸) 歩美
プロフィール
本名 ヒロド・ビクトリア・歩美[1]
愛称 ビクトリア[2]、ひろどん、ビッキー
出身地 日本の旗兵庫県宝塚市
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
生年月日 (1991-10-25) 1991年10月25日(26歳)
最終学歴 早稲田大学国際教養学部
勤務局 朝日放送
部署 編成局アナウンス部
活動期間 2014年 - 現在
公式サイト 朝日放送 ヒロド歩美
出演番組・活動
現在 朝だ!生です旅サラダ
速報!甲子園への道
熱闘甲子園
サンデーLIVE!!
プロ野球・高校野球中継など 
過去 雨上がりのやまとナゼ?しこ
ハッキリ5〜そんなに好かれていない5人が世界を救う〜

ヒロド 歩美(ひろど あゆみ、1991年10月25日 - )は朝日放送(ABC)所属のアナウンサー

経歴[編集]

兵庫県宝塚市出身。日系オーストラリア人三世男性と日本人女性の娘[3]国籍オーストラリアで「ヒロド」は父の苗字である[4]

小学校2年生の時に、9ヶ月間のオーストラリア生活を経験[5]。小学4年生から中学2年生まではヨット競技の選手、中・高校生時代にはバレーボールの選手として活躍した。

小林聖心女子学院高等学校を経て進学した早稲田大学国際教養学部では、1年生だった2010年に早稲田祭「早稲田コレクション2010」のファイナリストに選ばれた[6][7]ほか、3年生だった2012年11月27日には、ミス・ユニバース・ジャパン千葉大会でベストパーソナリティ賞を受賞した[8](いずれも「廣戸歩美」名義)。なお、大学2年の時には、テレビ朝日「学生才能発掘バラエティ 学生HEROES!」に出演した。

大学卒業後の2014年4月に朝日放送へ入社。7月22日には、『速報!甲子園への道』全国ネットパートのキャスターとして、同期入社の川添佳穂と共に番組デビューを果たした。2015年には、同番組のキャスターを続投するとともに、全国高等学校野球選手権大会テレビ中継甲子園スタジオキャスターを担当。2015年のプロ野球シーズンからは、朝日放送テレビやsky・Aで阪神の関西圏主催試合(阪神甲子園球場または京セラドーム大阪)を中継する場合に、同球団のベンチリポーターを務めている。

全国ネットの番組へ出演する機会も多く、『芸能人格付けチェック』(朝日放送テレビの制作で年に数回全国ネットで放送される特別番組)では、2014年11月11日放送分から先輩アナウンサー・斎藤真美の後任で「3代目格付けアナ」として出演。2015年8月1日からは、先輩アナウンサー・小寺右子の後任として、『朝だ!生です旅サラダ』のスタジオレギュラーに加わった。2016年以降は、『速報!甲子園への道』のキャスターを単独で担当するほか、古田敦也野球解説者)とのコンビで『熱闘甲子園』(朝日放送・テレビ朝日の共同制作番組)の女性キャスターを務めている。

2017年10月1日からは、『サンデーLIVE!!』(朝日放送・テレビ朝日・メ〜テレの共同制作による全国ネットの生放送番組)で、小木逸平(テレビ朝日アナウンサー)・濱田隼(メ〜テレアナウンサー)と共にサブキャスターへ就任した。朝日放送の女性アナウンサーが他局との共同制作による全国ネットの報道・情報番組にレギュラーでキャスターを務める事例は、2006年10月から1年間にわたって『サンデープロジェクト』(朝日放送・テレビ朝日の共同制作番組)のサブキャスターを担当した赤江珠緒(担当期間中の2007年4月からフリーアナウンサーに転身)以来である。その一方で、『朝だ!生です旅サラダ』への出演も続けるため、土・日曜日の午前中には全国ネットの生放送番組にレギュラーで登場する。

人物・エピソード[編集]

身長は164cm。

親戚に音楽プロデューサーの宮路一昭がいる。

「人見知り」という言葉からほど遠いとされるほど、陽気で外向的な性格の持ち主。2015年4月12日に京セラドーム大阪で開かれたKANSAI COLLECTION 2015SPRING&SUMMERでは、同期入社の川添とともに、ショーモデルとしてランウェイを歩いた[9]

関西での高校時代からの阪神タイガースファンで、特技は英語による「六甲おろし」の歌唱。高校生時代には、英語のスピーチコンテストで、近畿大会優勝・全国大会3位という実績を残している[5]。朝日放送のサービスエリア(兵庫県・大阪府)内で開かれた2015 WBSC U-18ワールドカップでは、同年9月6日の閉会式・表彰式(阪神甲子園球場)において、日本語と英語を交えながら司会を務め上げた。

新婚さんいらっしゃい!』(ABCテレビ制作の全国ネット番組)の第7代パートナー・山瀬まみが両足の骨折で全治3ヶ月と診断された2017年9月下旬には、同月28日秋田市内で実施した公開収録(10月15日放送分・22日放送分)で、急遽アシスタントに起用された[10]。ただし、放送上は両日とも、収録地の紹介VTRと「LOVEキャッチ」(収録に参加した夫婦による後半のゲームコーナー)にしか登場していない。

出演・担当番組[編集]

現在[編集]

テレビ[編集]

  • ABCニュース(不定期で担当)
  • 速報!甲子園への道キャスター
    • 入社1年目の2014年から担当。同年には川添、2015年には山本雪乃テレビ朝日アナウンサー)とのダブルキャスト形式で出演していた。2016年から単独で担当。
  • 全国高校野球選手権大会中継
    • 2014年に「燃えよ!ねったまアルプス」のリポーター、2015年から甲子園スタジオのキャスターを担当。『熱闘甲子園』のキャスターに起用された2016年からは、先輩のスポーツアナウンサー・高野純一と共に開会式を実況している。
  • 熱闘甲子園(朝日放送・テレビ朝日共同制作)
    • 2016年から、『速報!甲子園への道』との兼務扱いでキャスターを担当。
  • 関西コレクション
    • 2014年開催の「Autumn&Winter」から、関西ローカルで放送されるダイジェスト番組で会場(京セラドーム大阪)からのリポートを担当。
  • 人気者でいこう!芸能人格付けチェック(2014年11月11日 - 、朝日放送制作・テレビ朝日系列全国ネットの特別番組、3代目格付けアナ)
  • 朝だ!生です旅サラダ(2015年8月1日 - )
    • 当初はスタジオレギュラーとして、コーナー進行や天気予報を担当。2016年3月5日放送分からは、「ヒロドが行く!日本縦断コレうまの旅」(VTRロケコーナー)のリポーターも兼務する。
  • M-1グランプリ(テレビ朝日系列全国ネット、2015年12月6日・2016年12月4日・2017年12月3日)
    • 陣内智則と共に敗者復活戦の中継を進行した後に、決勝戦の中継で出場者控室からのリポートを担当。
  • 虎バン(2015年度から不定期でVTR出演)
    • プロ野球のオフシーズンにダイジェストを放送する阪神のファン感謝デー(毎年11月下旬に阪神甲子園球場で開催)でも、2015年開催分から進行を担当。
  • サンデーLIVE!!(テレビ朝日・朝日放送・メ〜テレ共同制作、サブキャスター、2017年10月1日 - )[11]
    • 朝日放送からの出向扱いで出演。

以下のプロ野球中継では、朝日放送入社時の先輩アナウンサー・角野友紀(2015年3月退社)の後任として、同年から阪神甲子園球場・京セラドーム大阪の阪神主催試合限定でベンチリポートを担当。

ラジオ[編集]

過去[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]