Miss of Miss Campus Queen Contest

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Miss of Miss
Campus Queen Contest
Akasaka BLITZ.JPG
2017年度大会(2018年3月30日開催[1])の会場となった赤坂BLITZ(TOKYO)
受賞対象 ミスキャンパス
会場 赤坂BLITZ(2017年度)
日本の旗 日本
授与者 学生団体MARKS
エイジ・エンタテインメント
報酬 記念トロフィー
初回 2002年
最新回 2018年
最新受賞者 黒口那津(グランプリ)
公式サイト http://missofmiss.jp/

Miss of Miss Campus Queen Contestミスオブミスキャンパスクイーンコンテスト)は、首都圏を中心に全国の各大学で選ばれたミスキャンパスの中から、更にミスにふさわしいのは誰かを決定するコンテストである。

概要[編集]

Miss of Miss Campus Queen Contestは、その年の都圏を中心に全国の各大学で選ばれたミスキャンパスの中から、日本一のミスキャンパスを決めるコンテストである。開催年度にもよるが、Web投票によって上位が本戦に出場する。2014年度からは、日本一のミスターキャンパスを決めるMr of Mr Campus Contestと併催されている。

歴代受賞者[編集]

開催年度 グランプリ 準グランプリ 審査員特別賞
受賞者 大学 受賞者 大学 受賞者 大学
2003年度 小正裕佳子 東京大学 杉浦友紀 上智大学 長谷川麻里子 跡見学園女子大学
2004年度 大愛理歌 跡見学園女子大学 八田亜矢子 東京大学 西里花 甲南大学
2005年度 秋田真琴 立教大学 久保典子 近畿大学 加藤祥子 明治学院大学
2006年度 高田らな 日本大学芸術学部[2] 池田美帆
長野美郷[3]
学習院大学
上智大学
福田萌
城川祐貴
横浜国立大学
立教大学
2007年度 鷲尾春果 法政大学[4] 藤村侑加 東京女子大学 小松里紗 西南学院大学
2008年度 高見侑里 立教大学[5] 加藤未奈 名古屋文化短期大学 武田華奈 西南学院大学
2009年度 小松愛唯 桜美林大学[6] 斎藤由佳 学習院大学 樋野千美 専修大学
2010年度 伊藤弘美 立教大学[7] 蒔田優衣 淑徳短期大学 畑下由佳 成蹊大学
2011年度 廣井佑果子 高知大学[8] 長澤芽美 立教大学 増田美香 大妻女子大学(多摩キャンパス)
2012年度 高橋加奈代 立命館大学[9][10] 山口真麻 青山学院大学 小竹雪穂 跡見学園女子大学
2013年度 鎌田あゆみ 立教大学[11] 伊東紗冶子 近畿大学 鈴木沙耶 青山学院大学
2014年度 山際友里奈 立命館大学[12] 杉山史織 中央大学 栗本苑 横浜市立大学
2015年度 山賀琴子 青山学院大学[13] 海老原優香 学習院大学 石田静香 立命館大学
2016年度 松田有紗[14] 立命館大学[14] 大迫瑞季
浅古あいり
東京理科大学[14]
千葉大学[14]
浅田春奈
青木美奈実
楫真梨子
日本女子大学
同志社大学
立教大学
2017年度 黒口那津[1] 駒澤大学 福地礼奈
兼田日向子
日本大学
横浜市立大学
伊藤愛真
石黒菖
新保里歩
亜細亜大学
静岡大学
立正大学

本コンテスト出身の人物[編集]

タレント 現職・所属事務所 出場年度
篠原梨菜 めざましどようび お天気キャスター 2016楽天賞、ミス東大
福田成美 グッド!モーニング キャスター 2016ファイナリスト、ミス青山
浅古あいり 第6代 はとバス イメージガール 2016準グランプリ、ミス千葉大
山賀琴子 研音所属[15] タレント 2015グランプリ、ミス青山
海老原優香 フジテレビ アナウンサー 2015準グランプリ、ミス学習院
阿部川緑 元アイドルユニット「フルーツ」メンバー 2015ミスインターナショナル賞、ミス淑徳大学[13]
並木万里菜 テレビ朝日アナウンサー 2015ファイナリスト、ミス成蹊
谷元星奈 関西テレビ アナウンサー ミス千葉大コンテスト2014
西澤由夏 AbemaTV アナウンサー 2013ファイナリスト、ミス中央大学
山形純菜 TBS アナウンサー 2013ファイナリスト、ミス実践
伊東紗冶子 セント・フォース(関西部門)所属 タレント 2013準グランプリ、ミス近畿大学[11]
小池花瑠奈 ワタナベエンターテインメント所属[16] タレント 2012ファイナリスト、ミス学習院[10]
橋本真帆 コペル所属 

週刊ヤングジャンプギャルコンテスト2011凖優勝 

2011ファイナリスト、ミス安田女子短期大学
笹崎里菜 日本テレビ アナウンサー 2011ファイナリスト、ミス東洋英和
色紙千尋 セント・フォース所属 タレント 2011ファイナリスト、ミス成蹊
阿部優貴子 CBCテレビアナウンサー 2011ファイナリスト、ミス学習院
増田美香 ニチエンプロダクション所属フリーアナウンサー(元とちぎテレビアナウンサー) 2011審査員特別賞、ミス大妻(多摩キャンパス)
長澤芽美 ウイントアーツ所属タレント 

第44回(2012年度)ミス日本ファイナリスト

2011準グランプリ、ミス立教大学
廣井佑果子 アミューズ所属 女優 2011グランプリ、ミス高知大学
畑下由佳 日本テレビアナウンサー 2010審査員特別賞、ミス成蹊
伊藤弘美 テレビ静岡アナウンサー

めざましテレビアクア キャスター セント・フォース所属

2010グランプリ、ミス立教
早川茉希[17] ジョイスタッフ所属 テレビ埼玉契約アナウンサー 2009ファイナリスト、ミス横浜国立大学
小松愛唯 ジャパン・ミュージックエンターテインメント所属

non-noモデル、小島よしおの妻

2009グランプリ、ミス桜美林
久冨慶子 テレビ朝日アナウンサー 2008ファイナリスト、ミス青山
古谷有美 TBSアナウンサー 2008マイクロソフト賞、ミスソフィア
武田華奈 テレビ宮崎アナウンサー 2008審査員特別賞、ミス西南学院大学
高見侑里 めざましどようびお天気キャスター

セント・フォース所属 

2008グランプリ、ミス立教
鷲尾春果 Oha!4 NEWS LIVEキャスター

セント・フォース所属

2007グランプリ、ミス法政大学
福田萌 ジャパン・ミュージックエンターテインメント所属

タレント、中田敦彦の妻

2006審査員特別賞、ミス横浜国立大学
長野美郷 めざましテレビ5代目お天気キャスター

セント・フォース所属

2006RITZ賞、ミスソフィア
秋田真琴 フラーム所属 女優 2005グランプリ、ミス立教
八田亜矢子 セント・フォース所属 タレント 2004準グランプリ、ミス東大
杉浦友紀 現NHKアナウンサー 2003準グランプリ、ミスソフィア
小正裕佳子 NHKアナウンサー 2003グランプリ、ミス東大
藤島昌子 北海道文化放送アナウンサー ミスオールキャンパス2003、ミス成蹊大学
松岡洋子 元セント・フォース所属。元タレント ミスオールキャンパス'99ミスフォトジェニック

ミス実践女子大学

戸部洋子 フジテレビアナウンサー ミスオールキャンパス'99準ミス、ミス立教
西村美保 タレント。俳優金子貴俊の妻 ミスオールキャンパス'99、ミス神戸女学院
山田玲奈 セント・フォース所属 タレント ミスオールキャンパス'97、ミス慶應

開催経緯[編集]

1997年度から2002年度までは「ミスオールキャンパス」として開催されていた。

2005年までは首都圏と関西地方のミスキャンパスに出場権が与えられていた。

2006年から2008年までは全国各地の大学から出場できるようになり、出場大学数が大幅に増加したためWeb投票を実施して上位だけがフジテレビ会場選に進出する方式になった。当時では全国主要大学のミスキャンパスが一堂に集まり競うイベントは、このMiss of Miss Campus Queen Contestだけであった。また当該の3年間は、フジテレビの冬のイベントHOT☆FANTASY ODAIBAの一イベントという形で実施された。

しかし2009年のコンテストでは出場地域が首都圏中心に限られ、開催当初から出場を続けてきた関西地方の大学は参加しなかった(2009年に首都圏以外から参加したのは福岡大の1名のみ)。2010年のコンテストでは、再び全国の大学のミスキャンパスがノミネートされ、Web投票によって上位が本戦に出場した。

2013年度までは、毎年12月下旬にお台場パレットタウンの教会市場[11]で行われ、翌年の2月頃の深夜にフジテレビでその模様をまとめた特番を放送していた。このような経緯から、同局は2013年度まで当コンテストの主催者でもあった。

2014年度大会[12]以降は、年度末となる3月下旬に会場をZepp DiverCity(TOKYO)に移し行われている[13]。2015年度大会は、6本のテレビ番組でニュースとして取り上げられるなどしている。

学生団体MARKS(参加校は青山学院跡見学園女子学習院実践女子成蹊東京東洋日本明治明治学院立教早稲田、などの各校)と、ミスキャンパスポータルサイト「MISSCOLLE」を運営している株式会社エイジ・エンタテインメントが主催している。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b “““日本一美しい女子大生”が決定!駒澤大学の黒口那津さんが涙の受賞”. モデルプレス. (2018年3月30日). https://mdpr.jp/news/detail/1756607 2018年3月30日閲覧。 
  2. ^ [1]
  3. ^ RITZ賞受賞
  4. ^ [2]
  5. ^ [3]
  6. ^ “ミスキャン日本一は元“タレントの卵”小松愛唯さん 芸能活動“再開”に意欲”. eltha. オリコン. (2009年12月20日). http://beauty.oricon.co.jp/trend-culture/trend/news/71780/full/ 2016年6月16日閲覧。 
  7. ^ “ミスキャン日本一は立教大学3年伊藤弘美さん「光栄です」”. eltha. オリコン. (2010年12月23日). http://beauty.oricon.co.jp/trend-culture/trend/news/83306/full/ 2016年6月16日閲覧。 
  8. ^ “高知発の“ミスキャンクイーン”廣井佑果子さん、将来の夢は「起業家」”. eltha. オリコン. (2011年12月18日). http://beauty.oricon.co.jp/trend-culture/trend/news/2004854/full/ 2016年6月16日閲覧。 
  9. ^ “「ミスキャン」日本一は立命館大2年・高橋加奈代さん”. JOSHI+. オリコン. (2012年12月26日). http://joshiplus.jp/beauty/news/2020053/full/ 2016年6月16日閲覧。 
  10. ^ a b “芸能界への登竜門“ミスオブミス”が決定!’12年のグランプリは広島出身の立命館大学生・高橋加奈代さん!!”. ニュースウォーカー. KADOKAWA. (2012年12月27日). http://news.walkerplus.com/article/35671/ 2016年6月16日閲覧。 
  11. ^ a b c “『ミスキャンパス』鎌田あゆみさん、芸能界は「ちょっと考えたい」”. ORICON STYLE. オリコン. (2013年12月27日). http://www.oricon.co.jp/news/2032460/full/ 2016年6月16日閲覧。 
  12. ^ a b “全国のミスキャンパスNo.1美女、“頂点”に向け努力したことは”. モデルプレス. (2015年3月24日). http://mdpr.jp/news/detail/1476228 2016年6月16日閲覧。 
  13. ^ a b c ““日本一のミスキャンパス”決定 青山学院大学の美女に栄冠”. モデルプレス. (2016年3月30日). http://mdpr.jp/news/detail/1574627 2016年6月16日閲覧。 
  14. ^ a b c d ミス&ミスターキャンパス日本一決定 立命館・松田有紗さんと駒澤・佐藤雅也さん朝日新聞 2017年3月28日閲覧
  15. ^ 山賀琴子”. 研音グループ. 2016年8月25日閲覧。
  16. ^ “目標はしょこたん!「ミス学習院2012」小池花瑠奈、芸能界デビュー”. 産経新聞 (産業経済新聞社). (2013年1月7日). http://www.sankei.com/entertainments/news/130107/ent1301070009-n1.html 2016年6月16日閲覧。 
  17. ^ 早川茉希 (2015年11月18日). “再会♥”. オフィシャルブログ「まき日記」. CyberAgent. 2016年6月16日閲覧。
  18. ^ Mr of Mr Campus Contest 2018公式ホームページ

外部リンク[編集]