谷元星奈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
たにもと せいな
谷元 星奈
プロフィール
愛称 せーな
出身地 日本の旗 日本 愛知県豊田市[1]
生年月日 (1995-11-21) 1995年11月21日(25歳)
血液型 B型
最終学歴 千葉大学法政経学部法学科
勤務局 関西テレビ
部署 編成局アナウンス部
活動期間 2018年 - 現在
公式サイト ANNOUNCER PROFILE(谷元 星奈)
担当番組・活動
出演中 所JAPAN
ごきげんライフスタイル よ〜いドン!
2時45分からはスローでイージーなルーティーンで
出演経歴 学生キャスター時代
AbemaNews
News Access関西テレビへの入社後
谷元星奈のシネマコンシェル
報道ランナー

谷元 星奈(たにもと せいな、1995年11月21日 - )は、関西テレビ編成局アナウンス部所属のアナウンサー

来歴[編集]

愛知県豊田市の出身[1]で、愛知県立岡崎高等学校を経て、千葉大学へ入学した[2]

元々は検察官志望で、千葉大学法政経学部法学科へ入学。もっとも、幼少期からテレビ番組を好んで見ていた影響で、アナウンサーの仕事にもひそかに憧れていたという。その憧れが昂じて、入学後には、「人前へ出て道を切り開きたい」との思いから、1年時に知人の勧めで「ミス千葉大コンテスト2014」に参加[3]。このコンテストでグランプリを受賞する[4][5]と、Miss of Miss Campus Queen Contest 2015のファイナリストに選ばれた。2年時からは、生協学生委員会で活動するかたわら、ファッション雑誌non-no』の読者モデルを務めていた[6]

大学3年時からは、テレビ朝日アスクでアナウンス技術の研鑽を積みながら[7]AbemaNewsAbemaTV内のニュースチャンネル)とBS朝日のニュースキャスターを担当。AbemaNewsの宿直勤務に就いていた2016年4月16日の未明には、熊本地震本震が発生したことを受けて、同局から第一報を伝えている[8]。後に関西テレビアナウンサーへの採用が内定したことから、内定の受諾後には、『カンテレ開局60周年特別番組 アナウンサー物語24時』(2018年2月25日に放送された同局アナウンサー総出演の収録番組)へワンシーンだけ登場している[9]

大学卒業後の2018年4月1日付で、関西テレビに入社。「熊本地震の本震発生直後にニュースを思うように伝えられなかった」というAmebaNewsキャスター時代の経験を踏まえて、報道番組を担当することを同局アナウンサーとしての目標に挙げた[8]。また、入社の直後から、『谷元星奈のシネマコンシェル』という冠番組を担当[10]。『おかべろ』(東京支社の制作で大半のフジテレビ系列局でも放送される岡村隆史の冠番組)のMC陣に同年6月2日放送分から加わる[11] など、新人アナウンサーとしては異例の抜擢が相次いだ。同年10月22日からは『新説!所JAPAN』(東京支社で全国ネット向けに制作される所ジョージの冠番組)のアシスタントも務めている。

ちなみに、関西テレビへ入社した2018年度には、同局の開局60周年記念キャンペーン隊長としても活動していた[10]。2018年の6月からは、活動の一環として、織田信成による指導の下でフィギュアスケートに初めて挑戦。その結果、同月7月28日丸善インテックアリーナ大阪で開かれたアイスショーTHE ICE」のエンディングプログラムで、1分間のスケーティングを披露するまでに至った[12]

関西ローカル番組では、2019年4月5日から2021年3月まで『報道ランナー』(平日の夕方に関西ローカルで放送される報道番組)金曜日の生中継リポーターを担当。2021年には、3月15日から『ごきげんライフスタイル よ〜いドン!』で全曜日のMCを務めているほか、同月29日から『2時45分からはスローでイージーなルーティーンで』月・火曜日の進行を兼務している。その一方で、 フジテレビの系列局から優秀なアナウンサーを表彰するFNSアナウンス大賞では、入社3年目までのアナウンサーが対象の「新人部門」で第36回(2020年)、『報道ランナー』金曜日の生中継(放送上のタイトルは「金曜LIVE 星奈のイマコレ」)リポートで第37回(2021年)「番組部門」のアナウンス賞(いずれも最優秀賞に相当)を受賞している[13]

趣味は料理、飲食店での食べ歩き、英会話で、特技は書道。書道では、師範である祖母に3歳から教わったところ、学生時代に八段の資格を得た。大学生時代には、その腕前を生かす格好で、写経を嗜んでいたという[3]

出演[編集]

テレビ[編集]

現在[編集]

  • カンテレNEWS(不定期)
  • 新説!所JAPAN→所JAPAN  ※初代アシスタントMC(2018年10月22日 - )
  • ごきげんライフスタイル よ〜いドン!(2018年11月 - )
    • 週に1 - 2日のペースで番組内の天気予報。不定期でロケ企画のリポーターを担当。天気予報については、2018年5月7日 - 10日放送分でも、生放送番組での「初鳴き」(本格デビュー)を兼ねて担当していた。また、2020年5月14日から6月9日までは、毎週火・木曜日にレギュラーで出演。2021年3月15日以降の放送分では、全曜日でアシスタントを務める(第1子の懐妊に伴って産前産後休暇に入る先輩アナウンサー・高橋真理恵の後任)。
  • こやぶるSPORTS ※『コヤぶるッ!SPORTS』時代の2018年10月から、本来のアシスタントである本田望結が休演する場合にアシスタント代理を担当。
  • 土曜はナニする!?(2020年8月1日 - ) ※番組開始当初からのレギュラーアナウンサー・山本大貴とのダブルキャスト方式で出演
  • 大阪国際女子マラソン中継(2020年 - )※2020年は沿道からのリポート、2021年は優勝者へのリモートインタビューを担当。
  • 2時45分からはスローでイージーなルーティーンで(月・火曜日MC、2021年3月29日 -  ) ※前述した事情からアシスタントを担当する『よ~いドン!』(午前中の生放送番組)に続いて出演。

過去[編集]

学生時代[編集]
  • AbemaNews ※学生キャスター
  • みのもんたのよるバズ!(AbemaNews)※学生キャスター(2016年10月8日、11月12日、11月19日、12月3日)
  • News Access(BS朝日)
  • カンテレ開局60周年特別番組 アナウンサー物語24時(関西テレビ、2018年2月25日)
関西テレビ時代[編集]

脚注・出典[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 「THE ICE」でフィギュアスケートを披露するまでの密着取材の模様を放送。
  2. ^ 男女とも、関西地方各府県での予選決勝および、全国大会の中から当該府県の代表校が出場した試合のダイジェストを放送。
  3. ^ レギュラーリポーターへ起用される前にも、不定期で中継リポーターやスポーツキャスターを担当。

出典[編集]

  1. ^ a b 法政経学部の「谷元星奈」さんが、第52回千葉大祭・ミスコンテストでグランプリに輝きました。”. 千葉大学法政経学部同窓会 (2014年11月9日). 2018年5月3日閲覧。
  2. ^ 法政経学部法学科 2年 谷元 星奈さん(2015年時点)”. 千葉大学 (2015年4月30日). 2018年5月3日閲覧。
  3. ^ a b “カンテレ・谷元星奈アナ 喋らずに!?書くと心が落ち着く“書道ガール””. スポーツニッポン. スポーツニッポン新聞社. (2018年10月28日). https://www.ktv.jp/kanteletimes/detail.html?pageid=bbb5588902f64796987744388c9d65f8 2018年10月31日閲覧。 
  4. ^ ミス千葉大コンテスト2014 ENTRY 03 谷元星奈”. CampusNavi (2014年11月9日). 2018年5月3日閲覧。
  5. ^ ミスキャンパスアーカイブ2014 ミス千葉大コンテスト2014”. CampusNavi (2014年11月3日). 2018年5月3日閲覧。
  6. ^ カワイイ選抜 No.23 谷元星奈のブログ”. non-no Web (2018年4月29日). 2018年5月3日閲覧。
  7. ^ 学生キャスター・オーディション BS朝日・テレ朝チャンネル/Abema News”. テレビ朝日アスク (2018年2月23日). 2018年5月3日閲覧。
  8. ^ a b “カンテレ新人・谷元星奈アナ 1か月に1回「迷子」に?”. 東京スポーツ. (2018年4月2日). https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/967459/ 2018年5月1日閲覧。 
  9. ^ カンテレ2018年度入社の新人・谷元星奈アナウンサー、2・25初顔出し”. ORICON NEWS (2018年2月23日). 2018年5月3日閲覧。
  10. ^ a b “カンテレ新人谷元星奈アナ、異例の冠番組でデビュー”. 日刊スポーツ. 日刊スポーツ新聞社. (2018年4月2日). オリジナルの2018年5月1日時点におけるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20180504111402/https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201804020000752.html 2018年5月1日閲覧。 
  11. ^ “『おかべろ』カンテレ新人谷元星奈アナが全国デビュー!”. 関西テレビ. (2018年6月2日). https://www.ktv.jp/hachipre/pickup/18052902.html 2018年10月7日閲覧。 
  12. ^ a b “カンテレ新人アナウンサー・谷元星奈が涙! 織田信成の指導のもと、フィギュアスケートに挑戦!”. 関西テレビ. (2018年7月18日). https://www.ktv.jp/kanteletimes/detail.html?pageid=bbb5588902f64796987744388c9d65f8 2018年10月7日閲覧。 
  13. ^ “カンテレアナウンサーが2部門でアナウンス賞、新人部門で奨励賞を受賞~第37回FNSアナウンス大賞~”. 関西テレビ. (2021年3月12日). https://www.ktv.jp/info/ktvinfo/2021/20210312/ 2021年4月14日閲覧。 
  14. ^ “谷元星奈アナがドラマ初出演! 森田哲矢&岡崎紗絵のやりとりに「笑いをこらえるのに必死でした」”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2019年11月21日). https://thetv.jp/news/detail/213175/ 2019年11月26日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]