中嶋美和子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
なかしま みわこ
中嶋 美和子
プロフィール
本名 酒井 美和子
出身地 日本の旗 日本 大分県大分市
生年月日 (1976-10-23) 1976年10月23日(42歳)
血液型 A型
最終学歴 明治学院大学法学部
所属事務所 オフィス北野退社
職歴 大分朝日放送
(1999年 - 2007年)
活動期間 1999年 -
ジャンル 情報番組系
配偶者 酒井博司(NHKアナウンサー)
公式サイト オフィス北野リンク切れ
出演番組・活動
過去 アナ☆パラなど
その他 れじゃぐるテレビ全国おもしろニュースグランプリで2004年 - 2006年の3年連続グランプリ受賞歴あり
元大分地区地上デジタル放送推進大使

中嶋 美和子(なかしま みわこ、本名:酒井 美和子 - さかい みわこ、旧姓:中嶋、1976年10月23日 - )は、大分県大分市出身のタレントフリーアナウンサーOAB大分朝日放送の元アナウンサー

身長160cm、スリーサイズはB92W60H88、足のサイズ23cm、血液型A型

人物[編集]

中学校時代、大分県を中心に展開するメガネ小売チェーンイメージキャラクターとしてCMに出演したことがある。大分県立大分雄城台高等学校明治学院大学法学部卒業。明治学院大学1年生の頃「ミス明学」に選ばれた経歴を持つ。1999年4月、地元のOABに入社。地上デジタル放送推進大使を務めるなど局の顔として活躍。私生活では、NHK大分放送局に勤務していたNHKアナウンサーの酒井博司と2004年に結婚。しかし、酒井は翌年福岡局に転勤となったため、しばらく別居生活を送っていた。結婚生活を優先させるため、2007年3月をもってOABを退職し夫が暮らす福岡へ移った。2007年4月からはオフィス北野に所属。現在は東京に活動拠点を移し、タレントとして活動している。夫はその後名古屋局(2009 - 2012年)→東京アナウンス室(2012年 - 2016年)→大阪局(2016 - )と異動。

2007年6月、ネクスト社が運営するライフネットワークコミュニティーサイトLococomの地域活性化活動を外国人タレントのゾマホン(二代目そのまんま東)とともに行っている。

2001年には『パネルクイズ アタック25』のアナウンサー大会に出場してペアを組み、優勝した。その6年後の2007年の新春アナウンサー大会では、高嶋和代とペアを組み、自身としては2度目の出場を果たす[1]

年末特番の『全国おもしろニュースグランプリ』で、2004年より3年連続で、女子アナ部門のグランプリを受賞[2]

2009年1月13日の放送をもって『大竹まこと ゴールデンラジオ!』の火曜日パートナーを、山本モナの復帰により降板。降板発表から次週放送までに聴取者から寄せられたメール・FAXでは5割が中嶋の続投を希望する意見であった[3]。山本復帰後でもメール・FAXの8割は山本への激励だった一方で、1割は中嶋の復帰希望だったという[4]

夫の酒井博司NHKアナウンサーであるため転勤が多く、一時期は名古屋と東京で別居生活を送っていた。

大竹まこと ゴールデンラジオ!』の番組中、「下半身の毛を剃っている」と発言したことを発端に下ネタを連発したため、『下ネタ女王』と評された。また、いとうあさこがズボンとストッキングを脱いだことが話題になったことに対抗心を燃やし、翌週月曜のオープニングトーク中に大竹らの挑発に乗り、自らもジーンズを脱いでパンツを見せ、その写真を番組公式ブログに掲載させた。なお、本人によれば、今日は一昨日買った200円のパンツだとのこと[5][6]

出演番組[編集]

過去に出演していた番組(OAB退社後)[編集]

OAB時代に担当していた番組[編集]

DVD[編集]

脚注[編集]

  1. ^ abn通信 2006年12月28日号”. 長野朝日放送 (2006年12月28日). 2016年7月30日閲覧。
  2. ^ 公式プロフィールより
  3. ^ 日刊スポーツ 2009年1月21日「モナ代役中嶋美和子に「降ろすな」5割」
  4. ^ スポーツニッポン 2009年1月21日「モナ復帰ラジオ 代役タレント続投を望む声も」
  5. ^ 39歳Fカップ中嶋美和子アナ 熟女グラビア依頼あれば検討”. NEWSポストセブン (2016年6月16日). 2016年7月30日閲覧。
  6. ^ 衝撃的な女子アナ界の裏事情「野球選手とは1回ヤれ」!? 元・地方局アナが爆弾発言連発!”. LIVEDOORNEWS (2016年6月7日). 2016年7月30日閲覧。

外部リンク[編集]