南山大学短期大学部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
南山大学短期大学部
Gthumb.svg
大学設置 1968年
創立 1932年
学校種別 私立
設置者 学校法人南山学園
本部所在地 名古屋市昭和区山里町18
学部 英語科
人間関係科[1]
ウェブサイト 南山大学短期大学部公式サイト
テンプレートを表示

南山大学短期大学部(なんざんだいがくたんきだいがくぶ、英語: Nanzan Junior College)は、名古屋市昭和区山里町18に本部を置く日本私立大学である。1968年に設置された。大学の略称は南短。 2017年度以降の学生募集停止が予定されている[2]

概観[編集]

大学全体[編集]

建学の精神(校訓・理念・学是)[編集]

南山短期大学の教育モットーは「人間の尊厳のために」となっている。それに基づいて以下にあげる4つの教育目標がある。

  • 全人性:知の探究と実現。
  • 宗教性:キリスト教精神による教育。
  • 地域性:地域社会との深い結びつき。
  • 国際性:自己を知る国際人になること。

基督教精神に基づく「人間の尊厳」の深い理解と人間愛の実践が教育理念となっている。

教育および研究[編集]

  • 南山短期大学に設置されている学科は、現在英語科のみとなっている。「オーラルコミュニケーション」・「英文法」・「ライティング」・「リスニング」などの基礎科目のほか、「コミュニケーション論」や「スピーチとディベート」などの表現演習系列科目、「比較文化」や「イギリス文化研究」などの文化理解系列科目、「国際協力論」や「国際関係論」などの国際協力系列科目、「早期英語教育」や「英語教育実践論」などの英語教育系列科目がある。英語をベースとして語学文化歴史などをまんべんなく学ぶという意味合いが込められていることがうかがえる。日本語禁止の授業もある。また、留学プログラムにも力を入れている。
  • このほか、「キリスト教学」と題した科目を学ぶことが義務付けられている。
  • 過去にあった人間関係科は、自らの体験から学ぶ体験学習により現実の人間関係に即応しうる人間関係能力を高める人材育成をねらいとして設置されたものとなっていた。当名称の学科が設置された短期大学は全国でもはじめてのものとなっていた。1980年4月より養護学校などでのフィールドワークが導入されていた。卒業者総数は2,839人となっている。

学風および特色[編集]

少人数教育を重視しており、学生の出席状況には厳しくチェックがなされている。課外授業では、「クリスマス聖式」や「国際協力講演会」などが開講されている。

プレジデント』誌に掲載された上場企業の「女性社長・役員になりやすい大学ベスト30」に本学の短期大学部が全国にある大学のなかでベスト30位以内中、20位に入っており、短期大学としては1位にランキングされている。

沿革[編集]

昭和区隼人町にあった南山短期大学(2011年)
  • 1968年 - 学校法人南山学園により南山短期大学を設置。その同月に英語科を設置(学生数:[3]135[4])。
  • 1973年 - 人間関係科を増設(学生数:96[3][5])。
  • 1999年 - 学生数
  • 2000年4月 - 人間関係科が、大学の文学部教育学科と共に人文学部心理人間学科へと発展改組され、短大は再び英語科のみとなる[7]
  • 2001年 - 5月29日をもって、人間関係科が正式に廃止となる[8]
  • 2011年4月1日 - 南山大学短期大学部に改称し、南山大学名古屋キャンパス内に移転する。

基礎データ[編集]

所在地[編集]

  • 愛知県名古屋市昭和区山里町18(南山大学名古屋キャンパス)

象徴[編集]

  • カレッジマークは、丸地で上部に聖書の絵と「Nanzan Junior College」という文字が描かれたものとなっている。

教育および研究[編集]

組織[編集]

学科[編集]

  • 英語科
  • 人間関係科[1]

専攻科[編集]

  • なし

別科[編集]

  • なし

取得資格について[編集]

  • 中学校教諭二種免許状英語)が設置されている。年によって多少の変動はあるものの毎年およそ30名程度が取得している。

附属機関[編集]

  • 南山短期大学図書館:所蔵数は69,500冊となっている。

学生生活[編集]

主たるイベント[編集]

  • 入学式:隣接する南山教会で執り行われる。パイプオルガンや同学ハンドベル部による演奏も行われる。
  • オーラルインタープリテーションフェスティバル1980年頃から続いている伝統的行事の一つ。「朗読会」とも。英語のほかにスペイン語・ドイツ語フランス語などの発表も行なわれる。年に2回行われる。
  • 高校生オーラルインタープリテーションフェスティバル:参加者を高校生に限定したもの。優秀者は12月の回でも発表の場が設けられる。
  • チャリティーコンサート:南山教会大聖堂で行われる、ハンドベル部やヴォックスアンジェリカ部によるコンサート。入場券代はフィリピンのストレートチルドレン支援などに使われる。
  • 卒業式:入学式同様、南山教会で執り行われる。

部活動・クラブ活動・サークル活動[編集]

南山短期大学には、正式に公認されているクラブ活動として以下のものがある。

学園祭[編集]

南山大学短期大学部の学園祭は短大の略称からとって「南短祭」と呼ばれ、毎年概ね10月に行われている。学生会による様々な催し物のほか、各クラス・サークルによる催しが2日間に渡って行われる。催し物のひとつに純白のドレスを格安で着て写真撮影できるものなどがある。

大学関係者と組織[編集]

大学関係者組織[編集]

  • 卒業生の会として「南翔会」がある。

大学関係者一覧[編集]

教職員
出身者

施設[編集]

キャンパス[編集]

外部リンク[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 学生募集は1999年度入学生まで。2001年5月29日付けで正式廃止。
  2. ^ 南山大、17年度から短大部など学生募集停止産経新聞
  3. ^ a b c d 出典:『全国学校総覧
  4. ^ 昭和44年度版39頁より。
  5. ^ 昭和49年度版43頁より。
  6. ^ a b 2000年度版73頁より。
  7. ^ 南山大学 人間関係研究センターのミッション
  8. ^ 平成23年度『全国短期大学高等専門学校一覧』117頁より。

この項目は、ウィキプロジェクト 大学テンプレートを使用しています。