廣済堂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社広済堂ホールディングス
KOSAIDO Holdings Co.,Ltd.
種類 株式会社
機関設計 監査役会設置会社[1]
市場情報
東証1部 7868
1997年8月5日上場
本社所在地 日本の旗 日本
105-8318
東京都港区芝浦1丁目2番3号シーバンスS館13階
設立 1962年4月20日
業種 その他製品
法人番号 7010401009665 ウィキデータを編集
事業内容 グループ会社の経営管理
代表者 代表取締役社長 黒澤洋史
資本金 10億1百万円
(2021年3月31日現在)
発行済株式総数 2492万5300株
(2021年3月31日現在)
売上高 単体194億79百万円
連結314億97百万円
(2021年3月期)
純資産 単体20億88百万円
連結316億22百万円
(2021年3月31日現在)
総資産 単体323億43百万円
連結645億92百万円
(2021年3月31日現在)
従業員数 単体568人、連結1038人
(2021年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 グローバルワーカー派遣株式会社 17.54%
株式会社麻生 12.05%
(2021年9月3日現在)[2]
主要子会社 #グループ企業参照
外部リンク https://www.kosaido.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社廣済堂(こうさいどう : KOSAIDO Co.,Ltd.[3])は、印刷事業を中核事業とする日本の企業・グループ。本社は東京都港区にあり印刷フリーペーパー(Workin仙台版など)を展開している。2021年10月1日、持株会社体制に移行し、株式会社広済堂ホールディングス: KOSAIDO Holdings Co.,Ltd.[4])に商号変更。

沿革[編集]

旧廣済堂印刷(東京事業部)[編集]

  • 1949年 - 桜井義晃が、廣済堂印刷株式会社の母体となる「桜井謄写堂」を創業。
  • 1954年 - 法人化し、「有限会社桜井廣済堂」を設立。
  • 1962年 - 株式会社桜井廣済堂に改組。
  • 1970年 - 書籍事業を分社化し、株式会社廣済堂出版を設立。
  • 1972年 - 廣済堂印刷株式会社と社名を改める。
  • 1978年 - 関東クラウン工業株式会社と対等合併し、廣済堂クラウン株式会社と社名を改める。
  • 1981年 - 株式会社廣済堂と社名を改める。
  • 1991年 - 新聞印刷事業を分社化し、廣済堂新聞印刷株式会社を設立。
  • 1992年 - 廣済堂印刷株式会社に社名を戻す。

旧関西廣済堂(大阪事業部)[編集]

  • 1957年 - 桜井廣済堂の大阪支店として創業。
  • 1962年 - 法人として「株式会社関西桜井廣済堂」を設立。
  • 1972年 - 関西廣済堂印刷株式会社と社名を改める。
  • 1975年 - 株式会社関西廣済堂と社名を改める。
  • 1977年 - 子会社として株式会社製版センター(後の廣済堂製版センター)設立。岡山廣済堂設立。
  • 1990年 - 岡山廣済堂を吸収合併(存続は関西廣済堂)。

東西合併・株式会社廣済堂[編集]

  • 1999年 - 廣済堂印刷株式会社と株式会社関西廣済堂が合併し、株式会社廣済堂に社名を改める(存続会社は廣済堂印刷株式会社)。
  • 2002年 - 廣済堂新聞印刷株式会社を吸収合併。
  • 2008年 - 札幌廣済堂印刷株式会社、株式会社廣済堂製版センターを吸収合併。
    • 10月1日 - 廣済堂出版と暁教育図書(株)が合併、100%出資の廣済堂あかつき株式会社となる。
  • 2010年 - 北海道アルバイト情報社アルバイトタイムス雇用促進事業会と共同で求人検索サイト「47都道府県求人サイト」をオープン。
  • 2011年
    • 4月 - 株式会社廣済堂、北越パッケージ株式会社の2社合弁で中国に威海廣済堂北越包装有限公司(現 威海廣済堂京友包装有限公司)を設立。
    • 10月 - 廣済堂あかつき(株)の会社分割により(株)廣済堂出版(資本金:1億円)設立。
  • 2017年
    • 4月1日 - 株式会社廣済堂ビジネスサポートが株式会社テイクワンを吸収合併した。
    • 8月1日 - 株式会社医療情報基盤の全株式をフリービット株式会社に売却した[5]
  • 2019年 - 廣済堂出版の全株式および債権を国内の個人に譲渡。
  • 2020年6月8日 - 株式会社トムソンナショナルカントリー倶楽部の全株式を国内の法人に対して譲渡した[6]
  • 2021年5月14日 - 廣済堂あかつきの全株式を国内の個人に譲渡した[7]
  • 2021年10月1日 ‐ 会社分割による持株会社体制へ移行。新たに株式会社広済堂ホールディングスとして情報ソリューション事業を100%子会社の株式会社広済堂ネクストに、人材サービス事業は同じく100%子会社の株式会社広済堂HRソリューションズにそれぞれ継承[8]

グループ企業[編集]

  • 株式会社広済堂ネクスト(100%出資)
  • 株式会社広済堂HRソリューションズ (100%出資)
  • 株式会社広済堂ビジネスサポート(100%出資)
  • 東京博善株式会社(23区内で火葬場斎場を運営。100%出資)
  • 威海廣済堂京友包装有限公司(本社:中国山東省栄成市)
  • KOSAIDO HR VIETNAM CO.,LTD.

過去のグループ企業[編集]

関連項目[編集]

1977年1978年、「クラウンガスライター」が冠スポンサーとなり「クラウンライター・ライオンズ」として出場。クラウンガスライターは1978年に関連会社だった関東クラウン工業と共に廣済堂と合弁し「廣済堂クラウン」となり、更に1981年廣済堂本体に吸収されている。
なお、球団経営は中村長芳の個人出資による会社「福岡野球株式会社」が行っていたが、資金力強化を図るため太平洋クラブ共々球団の冠スポンサーという形をとっていた。また正式社名のクラウンガスライターを全て冠化(クラウンガスライターライオンズ)にしてしまうと名称が長くなるため、チーム名からガスの名前を外した。(通称は「クラウン」)
フランスに本社をおく世界有数の筆記具・ライターなどのメーカー。関連会社の「廣済堂商事」が1980年から2004年まで同社の日本における代理店となっていたが、ビック本社が100%出資の「ビック廣済堂」(現「BICジャパン」)に販売権を移譲。
ユニフォームスポンサーとして、2004年から背番号の上に求人情報誌「Workin」のロゴを入れていたが、2006年シーズンを最後にスポンサーから撤退した。
1982年から2009年まで主催していた。当初は廣済堂アサヒゴルフカップの名称であった。
2003年、廣済堂と(株)オリジナルデザインとが共同開発した文字情報を内包した二次元コードの一種で、専用の読取装置をあてると音声で文字情報を読み上げる。印刷物に印刷することにより視覚障害者にも情報の提供ができるようになる。

過去の出版物[編集]

パソコン雑誌(当時はマイコンと言った)。現在は休刊。
投資専門誌。月刊。2010年12月号から発行・発売元をフジサンケイグループ各社へ移行後、2017年11月号をもって休刊。
東北エリアを対象に発行していた釣りの専門月刊誌。2007年3月号より休刊しており、同年12月よりウェブ媒体にてウェブマガジンとして展開。また、1990年代中頃には、ルアー釣り専門誌のLURE FREAKも発行していた。自然倶楽部休刊以降も自然倶楽部編集部の出版するトラウト専門の釣り雑誌である Troutist を発売していたが、2008年8月発売の23号をもって休刊となった。自然倶楽部編集部も解散となったが、現在はつり人社より鱒の森というTroutistの後継雑誌を執筆している。
西日本エリアで発行していた釣りの専門月刊誌。2008年4月号から休刊し、ウェブ媒体にてウェブマガジンとして展開していた。
  • ぱど仙台版、くるマッチ

出典[編集]

  1. ^ 役員紹介 - 株式会社広済堂ホールディングス
  2. ^ 主要株主である筆頭株主及びその他の関係会社の異動に関するお知らせIRニュース2021年9月3日
  3. ^ 株式会社廣済堂 定款 第1章第1条2項
  4. ^ 株式会社広済堂ホールディングス 定款 第1章第1条2項
  5. ^ 株式会社医療情報基盤の株式の取得(子会社化)に関するお知らせフリービット株式会社 平成29年6月30日
  6. ^ 株式会社トムソンナショナルカントリー倶楽部の譲渡に関するお知らせ株式会社廣済堂 2020年6月9日
  7. ^ 連結子会社の異動(株式の譲渡)及び債権放棄、並びに特別損失の計上に関するお知らせ株式会社廣済堂 2021年5月14日
  8. ^ 会社分割による持株会社体制への移行完了に関するお知らせ (PDF)”. 広済堂ホールディングス (2021年10月1日). 2021年10月13日閲覧。

外部リンク[編集]