フリービット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フリービット株式会社
FreeBit Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報
略称 FreeBit、フリービット
本社所在地 日本の旗 日本
150-0044
東京都渋谷区円山町3-6
E・スペースタワー
設立 2000年5月1日
業種 情報・通信業
法人番号 8011001034292 ウィキデータを編集
代表者 代表取締役社長 CEOCTO 石田宏樹[1]
資本金 45億1400万円(2018年4月)
売上高 連結:386億5383万2000円
単独:129億3700万円
(2018年4月期)
営業利益 連結:18億5137万5000円
単独:1億7700万円
(2018年4月期)
純利益 連結:△3億2230万1000円
単独:9億600万円
(2018年4月期)
純資産 連結:106億7510万7000円
単独:94億2600万円
(2018年4月30日現在)
総資産 連結:307億9656万1000円
単独:240億1700万円
2018年4月30日現在)
従業員数 連結:989人
単独:242人
(2018年4月30日現在)
決算期 4月30日
主要株主 石田宏樹 15.78%
田中伸明 11.72%
カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社 11.26%
(2018年4月30日現在)
主要子会社 関連会社の項目を参照
関係する人物 出井伸之(社外取締役)
外部リンク https://freebit.com/
テンプレートを表示

フリービット株式会社: FreeBit Co.,Ltd.)は、日本の電気通信事業者。主にインターネットサービスプロバイダを運営する企業にインフラ及び技術提供を手がける。

創業者は、ドリーム・トレイン・インターネットの事業立ち上げに関わった石田宏樹

沿革[編集]

  • 2000年
    • 5月 - 株式会社フリービット・ドットコムを設立。
    • 6月 - インターネットサービスプロバイダのインフラ及び技術提供を行うサービスであるYourNetを開始。
  • 2002年12月 - 現社名に変更。
  • 2007年
    • 3月 - 東京証券取引所マザーズ市場に上場。
    • 7月 - ドリーム・トレイン・インターネットを株式公開買付け(TOB)により子会社化すると発表。
    • 8月 - ライブドアよりISP事業の譲渡を受ける(旧ライブドアからオン・ザ・エッヂ(現 LDH)への事業譲渡時からフリービットが運営を代行していた)。
    • 9月 - 株式会社ドリーム・トレイン・インターネットをTOBにより子会社化
  • 2008年7月 - 同社のインターネットサービスプロバイダ事業であるReSET.JP及びOpenBit.Netの一部を子会社のドリーム・トレイン・インターネットに譲渡、統合。
  • 2009年
  • 2010年
    • 8月 - 株式会社フルスピードをTOBにより子会社化。同社の子会社であった株式会社ベッコアメ・インターネットほか1社も同時に子会社化。
    • 9月 - 子会社のメディアエクスチェンジ株式会社がフリービットクラウド株式会社に社名変更。
  • 2011年7月 - 子会社の株式会社ドリーム・トレイン・インターネットが株式会社ビットエージェントを吸収合併。
  • 2012年
    • 4月 - 株式会社フルスピードの子会社であった株式会社ベッコアメ・インターネットを直接の子会社とする。
    • 8月 - 子会社の株式会社ドリーム・トレイン・インターネットがエグゼモード株式会社を吸収合併。
  • 2013年11月 - freebit mobile事業として、5インチ液晶のAndroid端末PandAと基本料無料のインターネット電話、最大200kbpsのパケット定額のセットで月2000円(税別)のサービスを開始した。
  • 2014年
    • 5月 - 子会社の株式会社ドリーム・トレイン・インターネットがフリービットクラウド株式会社を吸収合併。
    • 8月 - freebit mobile事業に関連して、エイブルと業務提携[2]
    • 10月 - 株式会社ドリーム・トレイン・インターネットの子会社であった株式会社ギガプライズを直接の子会社とする。
  • 2015年2月 - 田中伸明が代表取締役社長に就任。石田宏樹は代表取締役会長へ[注釈 1][3]
  • 2015年2月 - カルチュア・コンビニエンス・クラブと資本・業務提携。
  • 2016年7月 - 東京証券取引所第一部に市場変更。
  • 2016年9月 - 株式会社EPARKヘルスケアを子会社化[4]
  • 2018年9月 - 株式会社アルクを完全子会社化[5][6]
  • 2019年6月 - カルチュア・コンビニエンス・クラブが所有する当社の全株式をアルプスアルパインに譲渡。
  • 2019年7月 - アルプスアルパインと業務提携。
  • 2020年5月 - 石田宏樹が代表取締役社長に復帰(最高経営責任者(CEO)および最高技術責任者(CTO)を兼任)[1]
  • 2020年11月 - 株式会社フリービットEPARKヘルスケア(旧:株式会社EPARKヘルスケア、現:株式会社くすりの窓口)および株式会社アルクの保有株式を譲渡[7][8]

主要関連会社[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 田中伸明は2004年7月から2005年7月まで代表取締役社長を務めたことがあり、再任となる。

出典[編集]

  1. ^ a b “代表取締役の異動に関するお知らせ” (PDF) (プレスリリース), フリービット株式会社, (2020年4月16日), https://pdf.irpocket.com/C3843/fwbV/aMKo/y8aw.pdf 2020-06 -05閲覧。 
  2. ^ ““スマホを変えるスマホ”のfreebit mobileと賃貸業界大手のエイブルfreebit mobileパートナープログラム第一号として戦略的協業開始「スマホが変えるスマイ(住まい)」”. (2014年8月20日). http://www.freebit.com/press/pr2014/20140820_collaboration.html 2014年8月22日閲覧。 
  3. ^ “代表取締役の異動に関するお知らせ” (PDF) (プレスリリース), フリービット株式会社, (2015年2月18日), https://pdf.irpocket.com/C3843/nKx5/XV3h/PSkN.pdf 2021年1月10日閲覧。 
  4. ^ “株式会社EPARKヘルスケアの株式の取得(子会社化)に関するお知らせ” (PDF) (プレスリリース), フリービット株式会社, (2016年8月26日), https://pdf.irpocket.com/C3843/xoy0/PeL1/gsWx.pdf 2021年1月10日閲覧。 
  5. ^ 株式会社アルクの株式の取得(子会社化)に関するお知らせ フリービット 2018年8月21日
  6. ^ 株主変更ならびに役員人事のご案内 株式会社アルクPR TIMES 2018年9月28日
  7. ^ “連結子会社の異動を伴う株式譲渡及び特別利益の計上に関するお知らせ” (PDF) (プレスリリース), フリービット株式会社, (2020年9月17日), https://pdf.irpocket.com/C3843/wVz1/rk9Y/kZMO.pdf 2021年1月10日閲覧。 
  8. ^ “(開示事項の変更) 「連結子会社の異動を伴う株式譲渡及び特別利益の計上に関するお知らせ」の 株式譲渡先の変更に関するお知らせ” (PDF) (プレスリリース), フリービット株式会社, (2020年11月4日), https://pdf.irpocket.com/C3843/BYOH/ver8/Hysj.pdf 2021年1月10日閲覧。 

外部リンク[編集]