コンテンツにスキップ

渡邊渚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
わたなべ なぎさ
渡邊 渚
プロフィール
出生地 日本の旗 日本 新潟県[1]阿賀野市
生年月日 (1997-04-13) 1997年4月13日(27歳)
身長 165 cm[2]
血液型 O型
最終学歴 慶應義塾大学経済学部卒業
勤務局 フジテレビジョン
部署 編成制作局 アナウンス室[3]
活動期間 2020年 -
ジャンル 情報・バラエティ
公式サイト フジテレビ・渡邊渚
担当番組・活動
出演中 休職中
出演経歴ぽかぽか
備考
活動期間はフジテレビアナウンサーとしてのもの。

渡邊 渚(わたなべ なぎさ、1997年4月13日[4] - )は、フジテレビのアナウンサー

来歴

[編集]

幼少期 - 学生時代

[編集]

新潟県で生まれて小学2年生まで阿賀野市で過ごした[1]。家族は両親と妹がいる[5]。家の周りは田んぼに囲まれ[6]、庭にが来たり、クマが出たりと自然豊かなところだった[1]。学校帰りは友達と田んぼの畦道を歌って歩き、近くの小川でザリガニ釣りをしたりといった田舎生活を送っていた[1]

幼少期に父親は単身赴任したが、2004年新潟県中越地震を機に「家族一緒に生活したい」と両親に伝えて(後述[5]愛知県名古屋市で3年間、11歳から神奈川県横浜市で育った[7][8]

慶應義塾女子高等学校[7][9]で学び、高校2年時にビジネスコンテストの「キャリア甲子園」に出場した。テーマは「2020年にする仕事」[2]

大学1年時に『ミス慶應コンテスト2016』に出場したものの、コンテストは中止となった[7]

大学生の頃、同期の佐久間みなみと同じく生島企画室に所属し、タレント活動を行う[10]

フジテレビTBSアナウンススクールに通っていた[11][12]

フジテレビに入社

[編集]

2020年3月に慶應義塾大学経済学部を卒業し、4月にアナウンサーとして入社[13]する。同期入社は佐久間みなみ德田聡一朗[14]

9月5日から『もしもツアーズ』4代目ツアーガイドとして起用された[15]。9月28日から『めざましテレビ』に出演する。『めざましテレビ』の担当日(月・水・金)は、午前2時過ぎに起床する[16]

2022年3月26日に『もしもツアーズ』4代目ツアーガイドを卒業した。

2023年1月12日から『ぽかぽか』木曜進行アナウンサーとして出演。

闘病生活

[編集]

2023年7月17日に体調不良のため入院し、しばらく休業することが『めざましテレビ』で伝えられた[17]。7月22日・23日に放送された『27時間テレビ・鬼笑い祭』内での提供読みは不参加となった[注 1]。同年10月、『ぽかぽか』を降板(後任は後輩の原田葵[18]

2023年10月22日にインスタグラムを更新し、自身の健康状態について「食べられなくなった。うまく歩けなくなった。うまく指が動かなくなった」などと報告を行うと共に、「幸せを諦めずに生きる。社会復帰できる日を目指して、ゼロから小さな努力をコツコツ積み重ねていく!」と綴り、現場復帰への強い意欲を持っていることを明かした[19]。10月27日にフジテレビの港浩一社長は定例社長会見で渡邊について「退院して通院、治療中です」と説明した[20]。10月28日にInstagramのストーリーズで「今週は体調が悪く、患部の痛みで眠れず、何をしてても辛かった。週4で病院に通い、検査もたくさんしている。27日あたりからやっと落ち着いてきた」と近況について明かした[21]。12月23日に自身のインスタグラムを更新し、ストーリーズで「少し前に大したことない小さい手術をした」ことを明かした[22][23]

2024年2月13日にインスタグラムのストーリーズを更新し、食生活について「最近お腹が空かなくて日中は紅茶しか飲まず夜になってやっと一食食べる生活」と伝えている[24]。2月16日にインスタグラムのストーリーズを更新し、ファンから「少し前にメニエール病を発症した」というコメントの投稿に対して「今の体調不良と無関係だが、自分も2年前にメニエール病を発症した」ことを明かした[25]。フォロワーから質問を募集した渡邊は、3月11日夜、インスタグラムのストーリーズで60個ほどのさまざまな質問と自身の答えを公開し、その中に「今の症状はワクチン接種が関係しているか」という質問があり、渡邊は「いいえ」とだけ回答した[26]

人物

[編集]

性格

[編集]
  • 新潟にいた頃は結構サバイバルな幼少期を送っていて「田んぼのあぜ道を走り回ったりしている子だった[27]」「何にもないけれど、すごく満たされた生活だった[1]」という。
  • せっかちである[27]。かなりの大食漢である[1][6]。ハイカロリーなグルメが大好きである[16]。「うま撮」コーナーのロケは1週間で一番楽しみにしいて、美味しいのと楽しいのとでついつい食べ過ぎて顔がパンパンになっている時もあるという[16]
  • それほど心が広くないので、嫌なことをしてきた人は記憶から消去してしまうという[28]

家族・親族

[編集]
  • 両親はアルビレックス新潟のファンだったので、よくビッグスワンにサッカーの試合を観に行ったという[1]
  • 祖父は反物に絵を描く職人で、小さい頃からその姿を見ていた[29]
  • 叔母がアナウンサーだったこともあり、アナウンサーの仕事に幼少時から憧れていた[30]。建築家になる夢も持っていたが、大学に進学するときに「アナウンサーを目指そう」と決めた[29]
  • 妹とは大の仲良しで、毎年必ず二人で旅行に行く[6]

趣味・特技

[編集]
  • 趣味は建築模型作り・美術館巡り[31]ボトルシップ作り[28][32]など。
  • 特技はピアノテニス・競技かるた・剣道(剣道初段)[14][31]
  • 小さい頃から新聞広告に入っていた間取り図を見るのが好きで、子供の頃の夢は建築家。2021年、東京都不動産鑑定士協会が主催する「第1回 夢の家!!あったらいいな絵画コンテスト」に応募すると「森の別庭 〜私の隠れ家〜」という作品で入賞した[29]。「一点透視図法とか基礎をネットで勉強して何とか描き上げた」という[29]
  • 中学時代は剣道部、高校時代はバレーボール[6]、大学時代は乗馬同好会に所属[2]
  • めざまし時計をかけなくても定時に起きられる[16]。「遅刻が怖くて、アラームをかけても、その時刻の2分前には目がパッと覚める」という[16]
  • 2024年1月19日、インスタグラムのストーリーズを更新した渡邊は、「退院してから酵素風呂によく通っている。血流が良くなって身体の芯からポカポカするし、痛みも和らぐのでハマっている」と最近のリラックス法を明かした[33]

嗜好

[編集]
  • 小さい頃の自身の写真を見ると、新潟下越地方の屋台菓子「ぽっぽ焼き」を食べている姿がたくさんあって、思い出の食べ物であるという[1]。大人になってからも下越地方へ行くことがあれば屋台を探して必ず食べるという[1]
  • 学生時代とくに力を入れていたことは「面白いと思ったことに迷わず挑戦する」ことを大切にしていた[30]あんみつが大好きで、学生時代は日本一美味しいあんみつを求めて国内旅行したりあんみつ専用のSNSを作ったりしていた[30]
  • ときめいてしまうタイプの人については「思いやりのある優しい気持ちをもっていてそれを行動に移せる人や、目標に向かって突っ走っている人」と述べている[30]
  • 好きな男性のタイプは「一緒に木を切ってくれるような人で、のこぎり捌きがきれいだったら感動すると思う」という[6]

交友関係・結婚観

[編集]
  • 人から「友達いなさそう、友達少なそう」とよく言われる[28]。自信を持って友人と呼べるのは、同じ高校で出会った同級生3人だけである[28]
  • 中学生の頃から「玉の輿」という前時代的な言葉が大嫌いである[28]。「将来の不安を男性に解消してもらおう、人に幸せにしてもらおうとする考え方は自分には合わない。男性に頼る人生を送りたくない、養いたいくらい。」という[28]

資格・免許

[編集]

その他

[編集]
  • 自ら、人生や考え方が変わった日として、当時まだ7歳だった2004年10月23日を挙げている。この日は当時住んでいた新潟で新潟県中越地震が発生した日だった。ちょうどこの頃は父が単身赴任中で自宅におらず、母と妹と3人暮らしだった。人生で初めて経験する大きな地震で、当時住んでいた地域の揺れはそれほどではなかったが、母方の祖父母が震源地の中越で被災したこともあり、またテレビなどで連日報道される地震のニュースを見聞きしていくうちに、子供ながら「今生きているということが当たり前じゃない」「いつ死ぬかわからない、みんながみんな天寿を全うできるわけではない」ということを認識させられ、それと共に単身赴任していた父に「父が一人で被災したら誰も助けてあげられない」と思いを寄せて、今自分の家族が分かれて暮らしていることに怖さを感じ、前述のように「家族一緒に生活したい」という思いを自分から両親に伝えたことで生まれ育った新潟を離れる。そしてこの日を境に、毎日寝る前に「家族や大切な人たちが苦しむことなく、明日を笑って過ごせますように」などと必ず寝る前に空に向かって祈ることと、毎年10月に遺書を書くということを始めている。遺書はこの7歳の時から書き続けており、内容は家族や友達らに伝えたいことや金銭関係、自分の葬儀についてのリクエスト、デジタルデータSNSの後処理についてなど多岐にわたり、そして年に一度この遺書に向き合って考えているという[5]

出演番組

[編集]

フジテレビ入社後

[編集]

レギュラー出演番組・キャスター名(地上波)

期間 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土・日曜日
2020.10 2021.3 めざましテレビ
『スゴ撮』リポーター1
フィールドキャスター
めざましテレビ
フィールドキャスター
(なし)
2021.4 2022.3 めざましテレビ
情報キャスター2
『スゴ撮』リポーター
(なし) めざましテレビ
エンタメキャスター
2022.4 2022.6 めざましテレビ
情報キャスター・
『うま撮』リポーター
めざましテレビ
情報キャスター
2022.7 2022.12 (なし) めざましテレビ
エンタメキャスター3
2023.1 2023.3 めざましテレビ
エンタメキャスター4
(なし) ぽかぽか
木曜進行[注 2]
2023.4 2023.5.12 めざましテレビ
情報キャスター・
『ご当地うま撮GP』
(なし) めざましテレビ
エンタメキャスター
2023.5.15 2023.7.11 めざましテレビ
情報キャスター
めざましテレビ
エンタメキャスター・
『ご当地うま撮GP』
2023.7.12 現在 体調不良のため長期休養中[注 3]
備考
  • 1井上清華の後任。
  • 2永島優美の卒業に伴い、井上が永島の後任を担当するための後任。
  • 3永尾亜子の後任。
  • 4『ぽかぽか』(木曜日)に出演するため、鈴木唯と担当曜日を変更。

その他

[編集]

フジテレビ入社前

[編集]

映画

[編集]

ラジオ

[編集]

PV

[編集]
  • THE DRY「君へ」(2018年6月15日)[注 4]

その他

[編集]

脚注

[編集]

注釈

[編集]
  1. ^ 本来参加予定だった2020年から2022年までの3年間がコロナ禍の影響で27時間テレビの放送がなかったため、2023年入社(37期生)の原田葵(元櫻坂46)・東中健の他に特例として渡邊と同期の佐久間と德田(2020年入社・34期生)・小山内鈴奈小室瑛莉子竹俣紅(元女流棋士)・山本賢太(2021年入社・35期生)・勝野健岸本理沙松﨑涼佳(2022年入社・36期生)の11名が参加している。
  2. ^ 2023年6月15日・22日、さらに2023年7月13日以降は木曜進行の渡邊渚が体調不良のため休養。代打として2023年6月15日は松﨑涼佳、それ以外は松村未央、2023年7月13日は岸本理沙、2023年8月17日は生野陽子が出演した。2023年10月26日放送分より、原田葵がレギュラーで担当。
  3. ^ 現在休職中。
  4. ^ 2EP『LIGHT』収録

出典

[編集]
  1. ^ a b c d e f g h i 「エアコンの暖房機能を知らなかった」「ボトルシップ作りなど家で一人で遊べるものが好き」フジテレビ渡邊渚アナウンサーの意外すぎる素顔とは”. 集英社オンライン. 集英社 (2023年1月29日). 2023年2月16日閲覧。
  2. ^ a b c ミス慶應コンテスト 渡邊渚”. MISS CAM NEWS. 2018年7月17日閲覧。
  3. ^ “組織図”. フジテレビ. (2021年7月1日). https://www.fujitv.co.jp/company/info/soshiki.html 2022年6月4日閲覧。 
  4. ^ 『もしもツアーズ』に大抜擢! フジテレビ新人の渡邊渚アナはブレイク必至”. 週プレNEWS (2020年9月13日). 2020年11月22日閲覧。
  5. ^ a b c 「中越地震に被災した7歳の頃から、毎年10月に遺書を書いています」フジテレビ渡邊渚アナウンサーの死生観とは”. 集英社オンライン. 集英社 (2023年2月19日). 2023年2月19日閲覧。
  6. ^ a b c d e 『ぽかぽか』でお馴染み渡邊渚アナが語る“バレー少女時代”と“新潟のびのび時代””. Smart FLASH. 光文社 (2023年4月28日). 2024年4月26日閲覧。
  7. ^ a b c 渡邊渚 ミス慶應finalist”. 慶應ジャーナル. 2018年7月17日閲覧。
  8. ^ 「本気でしゃべっていい!?」第994回 大川立樹×渡邊渚 アナマガ(フジテレビ)
  9. ^ 【ジロリアン】ラーメン二郎女子~渡邊渚 編~』(YouTube)ハーモニープロモーション、2018年4月28日https://www.youtube.com/watch?v=NFT22SPtJB42023年10月22日閲覧 
  10. ^ “フジと静岡第一…生島企画室から初の女性局アナ誕生”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2020年3月31日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202003310000656.html 2020年3月31日閲覧。 
  11. ^ 内定情報フジテレビアナウンサースクール『アナトレ』|フジテレビ
  12. ^ 卒業生アナウンススクールなら『TBSVoice』|TBSテレビ
  13. ^ フジ新人アナ「研修日誌」でリポ挑戦 コロナ禍で入社式中止、1カ月遅れの“始動” サンケイスポーツ(2020年6月22日)
  14. ^ a b 渡邊 渚・プロフィール”. アナマガ. フジテレビ. 2020年6月22日閲覧。
  15. ^ "フジ新人・渡邊渚アナが4代目「もしツアガイド」就任…「まさか自分が」". デイリースポーツ. 神戸新聞社. 2020年8月28日. 2020年8月28日閲覧
  16. ^ a b c d e 午前2時に起床し、超速着替え。ストレッチに発声練習。そして顔がパンパン(笑)? フジテレビ渡邊渚アナのめざましテレビルーティンとは”. 集英社オンライン (2023年4月16日). 2023年10月25日閲覧。
  17. ^ "フジ渡邊渚アナ、体調不良で入院 『めざまし』井上清華アナ「しばらくお休み」と報告". ORICON NEWS. oricon ME. 2023年7月17日. 2023年7月17日閲覧
  18. ^ “フジ「ぽかぽか」木曜レギュラー 1年目・原田葵アナ加入 体調不良で休養中の渡邊渚アナ卒業”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2023年10月19日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2023/10/19/kiji/20231019s00041000201000c.html 2023年10月22日閲覧。 
  19. ^ "休養中のフジ・渡邊渚アナが近況報告「いっそこのまま生きることを投げ出したいとも思いました」". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 2023年10月22日. 2023年10月22日閲覧
  20. ^ “フジ渡邊渚アナが退院 港社長が説明 先日SNSで病床写真と「いろんなものを失いました」と告白”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2023年10月27日). https://www.daily.co.jp/gossip/2023/10/27/0016963247.shtml 2023年10月27日閲覧。 
  21. ^ 渡邊渚アナ、自宅療養も体調悪化”. 朝日新聞デジタル (2023年10月28日). 2023年10月29日閲覧。
  22. ^ 渡邊渚アナ 手術を報告「大したことない小さい手術」も「縫った痕を見るとやっぱりこころが凹みます」”. スポニチ Sponichi Annex (2023年12月23日). 2023年12月24日閲覧。
  23. ^ 療養中のフジテレビ・渡邊渚アナ、手術を受けたことを報告「縫った痕を見るとやっぱりこころが凹みます」”. 読売新聞オンライン (2023年12月23日). 2023年12月24日閲覧。
  24. ^ 病気療養のフジ渡邊渚アナ「夜にやっと1食」「箸が重い」と現状 「血圧上げたい」最低37の画面”. デイリースポーツonline (2024年2月13日). 2024年2月20日閲覧。
  25. ^ 渡邊渚アナ 2年前メニエール病になったと明かす 現在の体調不良とは無関係も病院に「もっと早くいけば」”. スポニチ Sponichi Annex (2024年2月16日). 2024年2月16日閲覧。
  26. ^ 療養中のフジ渡邊渚アナ インスタでひっそり触れた「ワクチン後遺症説」”. 東スポWEB (2024年3月14日). 2024年3月22日閲覧。
  27. ^ a b 【花よりあんみつ】渡邊渚に100の質問をしてみたら素顔丸見えだった【新人】』(YouTube)めざましテレビチャンネル、2020年11月6日https://www.youtube.com/watch?v=q9DcgEiao842023年10月22日閲覧 
  28. ^ a b c d e f フジテレビ渡邊渚アナの友情と恋愛と結婚観。「友達いなさそうと言われるけど、3人もいると伝えたい」「結婚するなら相手を養いたい」”. 集英社オンライン (2023年6月4日). 2023年7月13日閲覧。
  29. ^ a b c d “フジ2年目・渡邊渚アナ、大物にも物怖じしない適応力 目標は「原稿も空気も読めるアナウンサー」”. マイナビニュース (マイナビ). (2021年12月11日). https://news.mynavi.jp/article/20211211-watanabenagisa/ 2023年10月22日閲覧。 
  30. ^ a b c d アナウンサーズアンサー1問1答 渡邊渚フジテレビアナウンサー公式サイト・アナマガ(フジテレビ)。2020年7月17日閲覧。
  31. ^ a b 渡邊渚”. 生島企画室. 2017年11月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年11月13日閲覧。
  32. ^ プロフィール 渡邊 渚、フジテレビ。
  33. ^ 療養中フジ渡邊渚アナ「退院してからよく通っています」酵素風呂入浴写真投稿「痛みも和らぐ」”. 日刊スポーツ (2024年1月19日). 2024年1月20日閲覧。
  34. ^ 野村萬斎の娘に帰国子女…キー局新人女子アナは「今年もスゴイ」”. FRIDAYデジタル (2020年12月6日). 2024年3月2日閲覧。
  35. ^ 渡邊渚 (フジテレビアナウンサー) [@watanabenagisa_] (2018年7月7日). "8月1日公開の映画『センセイ君主』に出演させていただきます!…". Instagramより2023年10月22日閲覧
  36. ^ 渡邊渚 (フジテレビアナウンサー) [@watanabenagisa_] (2018年9月2日). "9月14日公開の映画『響-HIBIKI-』にアナウンサー役で出演させていただきます!…". Instagramより2023年10月22日閲覧
  37. ^ 渡邊渚 (フジテレビアナウンサー) [@watanabenagisa_] (2019年2月10日). "3月15日公開『君は月夜に光り輝く』に生徒役で出演させていただきます。…". Instagramより2023年10月22日閲覧
  38. ^ 【オレたちゴチャ・まぜっ!〜集まれヤンヤン〜】4月21日放送分”. オレたちゴチャ・まぜっ!. スタジオ日記. MBSラジオ (2018年4月21日). 2023年10月22日閲覧。
  39. ^ 渡邊渚アナ「ヤンマガ」表紙に!東野幸治「フジテレビとしては久しぶりの明るいニュース」”. RBB TODAY (2022年6月12日). 2022年9月25日閲覧。
  40. ^ フジテレビ・渡邊渚アナウンサー 月島署の一日署長に”. FNNプライムオンライン (2022年9月20日). 2022年9月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年10月22日閲覧。
  41. ^ ワールドバズクッキング

関連項目

[編集]

外部リンク

[編集]